※本ページはプロモーションが含まれています

ほぼ毎日 ヤバいセキュリティ情報

世界初のハッキングテスト衛星「Moonlighter」

GIGAZINEに不思議な記事が掲載されていた。
2023年06月05日 14時06分

宇宙空間でのハッキング技術を検証する人工衛星「Moonlighter」が、2023年6月2日に打ち上げられました。Moonlighterは今後、宇宙における衛星のハッキング手法の研究や、ハッキングを防ぐ技術の向上のために、ハッカー用テストベッドとして運用される予定です。

Moonlighter, the World’s First Hacking Test Bed in Space
https://www.issnationallab.org/spx28-moonlighter-cubesat-afrl/

Moonlighter space-hacking satellite readies for launch • The Register
https://www.theregister.com/2023/06/03/moonlighter_satellite_hacking/

6月2日、ケネディ宇宙センターで行われたSpaceXの第28回商業補給サービス(CRS)ミッションで、CubeSatと呼ばれる小型衛星6つが打ち上げられました。その中には、航空宇宙団体・Aerospaceによって打ち上げられた人工衛星「Moonlighter」があります。Aerospaceは、「Moonlighterは、宇宙システムにおけるサイバーセキュリティの理解を深めるために設計され、打ち上げられた世界初で唯一の『宇宙ハッキングサンドボックス』です」と説明しています。

ハッキングサンドボックスとは、ハッキングを防止する方法を特定するためのテストをハッカーに行わせるサイバーセキュリティ技術のこと。Moonlighterは、ISS国立研究所がスポンサーを務めるこのプロジェクトを通じて、軌道上のサイバーセキュリティ訓練と演習をサポートします。

宇宙システム軍団(Space Systems Command)によって開発されたMoonlighterは、重量約5kgの中型CubeSatで、収納時のサイズは34cm×11cm×11cm、ソーラーパネルを広げて完全に展開した時の大きさは50cm×34cm×11cmになります。

Aerospaceのプロジェクトリーダーであるアーロン・マイリック氏は、「実際の人工衛星でハッキングのテストを行うことは、その人工衛星のミッションを危険にさらすことになるため困難です。そこで私たちは、軌道上でサイバーセキュリティテストを行うための人工衛星が存在しないという、宇宙でのサイバー活動のギャップを埋めるためにゼロから新しいものを作りたいと考えました。こうして作られたMoonlighterはサンドボックス、いわばプロのハッカー向けの遊び場で、彼らがサイバー演習を行い、新しい技術をテストするためのスペースとツールを提供します。私たちは、これが将来の宇宙ミッションのための、よりサイバー攻撃に強いアーキテクチャにつながることを期待しています」と話しました。

続きは、以下のリンクから

世界初のハッキングテスト衛星「Moonlighter」が打ち上げられる - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230605-moonlighter-hacking-satellite/

宇宙における衛星のハッキング手法の研究や、ハッキングを防ぐ技術の向上

ついにハッキングは、衛星 vs 衛星 という時代に入ったのだろうか?

「実際の人工衛星でハッキングのテストを行うことは、その人工衛星のミッションを危険にさらすことになるため困難です」
と記事にありますが、実はもう・・・ はじまっているんじゃないのかな???

真実は、わからないけど





アニメ見放題ならコスパ良し

-ほぼ毎日 ヤバいセキュリティ情報
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.