※本ページはプロモーションが含まれています

小僧のオススメ

災害は忘れたころにやってくる 鞄に入れておくべき3つのアイテム スマートフォンはバッテリーが命

ANKER
9月は、災害についてのニュースや番組が多くなっています。

関東大震災 (かんとうだいしんさい)は、 1923年 ( 大正 12年) 9月1日 11時58分に発生
今からちょうど100年前になります。

何もなければそれでよいのですが、何かが起きたとき自分が用意できているかどうかで生存率が大きく変わってきます。

今回のIT小僧のオススメ
災害は忘れたころにやってくる 鞄に入れておくべき3つのアイテム スマートフォンはバッテリーが命

鞄に入れて持ち歩こう 災難はわすれたことにやってくる
と題して 災害時に備えて スマートフォンの運用について普段鞄に入れておくものについて考えてみました。

最後まで読んでいただき、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

災害時に一番重要なこと

災害時に一番重要なことってなんでしょうか?

AI(Chat GPT)に問いかけてみました。

災害時に一番必要なことは、生命の安全を確保することです。以下は、災害時に優先すべきことのいくつかです。

  1. 避難
    災害が発生した場合、まず適切な避難所に避難しましょう。避難所は安全な場所であり、避難者の身の安全を保護するための設備が整っています。
  2. 緊急通報
    災害が発生した場合、緊急通報番号(各国で異なる場合があります)に通報し、救助を要請しましょう。自分自身や他の人の安全が危険にさらされている場合は、速やかに通報することが重要です。
  3. 安全な場所へ移動
    避難所に到着する前に、安全な場所に移動しましょう。建物内での避難や、危険な地域からの遠ざかりが必要かもしれません。
  4. 緊急連絡情報の確認
    政府や地方自治体からの緊急情報を確認し、指示に従いましょう。これにより、災害の進行や安全に関する重要な情報を得ることができます。
  5. 備蓄物資の利用
    災害時には備蓄物資(食料、水、衣類、医薬品など)を利用して生活を維持しましょう。備蓄物資は適切に管理し、使い果たさないようにしましょう。
  6. 他人への援助
    災害時には、他人への援助も重要です。高齢者や身体的に制限のある人、子供など、特に支援が必要な人々を助けましょう。
  7. 冷静な判断
    恐怖や混乱に陥らず、冷静な判断をしましょう。パニックを避け、安全な選択をすることが重要です。

災害時には、生命の安全が最優先です。その後、必要な支援やリソースを得るために、適切な行動をとることが重要です。地域の災害対策計画や緊急対応手順を知っておくことも役立ちます。

さすがAIさん 優等生的な答えを出してきます。

このなかでスマートフォンが重要な意味を持ちます。

危険を知らせること、情報を取得すること 今やこれらはスマートフォンがなければ何もできない状態です。

もちろん 基地局が無事で通信が繋がることが条件ですが、スマートフォンで緊急通報を行い、情報を取得することになると思います。

以前は、ラジオと言われていましたが、今は、radikoというアプリもあります。
スマートフォンがあれば情報収集、発信という 最低限必要なことができるようになります。

また、AIでは、抜け落ちていましたが、家族など安否確認を知らせるという重要な役割もあります。

災害時には、スマートフォンを必ず持って避難することが重要です。

ラジコ(radiko)とNHK ニュース・防災アプリ 命を守るために最新情報を確認しよう

続きを見る

スマートフォンはバッテリーが生命線

ガラ携と呼ばれていた携帯電話は、短くて3日 平均で1週間近くバッテリーが持ちました
週一から週二ぐらいで充電すればOKでした。

一方、
スマートフォンは、ほぼ毎日 充電が必要です。
使い方によっては、一日に何度か充電が必要となります。

ガラ携とは、使う目的やできることの多さ、カメラ、ビデオの性能など違いがありますが、スマートフォンのバッテリーに関しては、注意が必要です。

スマートフォンは、便利なのですが、ガラ携のように1週間近く充電しなくても動作するという状況ではありません。
技術的な問題なので何れ解決すると思いますが、今のところ毎日充電が必須です。

もし、災害などが発生した場合、停電の可能性があります。

そうなるとスマートフォンの多くは、翌日には電源を消費して使えなくなってしまいます。

スマートフォンの電源問題は今のところ、コンセントを探して充電するか、モバイルバッテリーを持ち歩くしかありません。

スマートフォンはバッテリーが生命線

急速充電器(三種の神器その1)

災害時に停電している場合は、コンセントからの充電はできません。
頼りは、モバイルバッテリーのみです。

でも 万が一電源が使える場合、スマートフォンを充電することができます。
そのとき 重要なのは、急速充電です。

急速充電が必要

急速充電は、すばやく充電できる規格です。

東日本代戦災の時に「計画停電」ということが発生しました。

電力不足を補うため 地域に分けて停電を実施したのです。
つまり、停電になる前に充電を完了しておく必要があります。

こういう場合、急速充電があれば 数時間で100%まで回復することができます。
しかし、急速充電がなければ 計画停電までに充電が終わらない という悲しい状況になるかも知れません。

また避難地域で「スマホの充電」ができる場合があります。
このとき、時間制限等ある場合、急速充電できれば短時間で完了することで順番待ちの時間短縮となります。

このように急速充電ができればよいのですがそれには条件があります。

さまざまな規格

急速充電には、さまざまな規格があります。

「Quick Charge」

Qualcomm® Quick Charge™ | Belkin JP

「USB PD」

代表的なものは、この2つと考えて良いと思います。

規格があってもスマートフォンが対応していなければ意味がありません。
スマートフォンの詳細説明に「急速充電」と書かれてあれば大丈夫でしょう。
※iPhone 8以降,Android端末で急速充電と記載があればほぼこの規格に対応できているはずです。

と言ってもスマートフォンが対応していても充電コンセントとケーブルが急速充電に対応していない場合、十分な充電性能を得ることができません。

Anker製品でそろえる

急速充電には、スマートフォンが対応しているだけでは十分ではありません。

充電器、ケーブルそしてスマートフォンが対応している必要があります。

IT小僧は、Anker製品でそろえることをオススメします
その理由は、スマートフォンの充電器、モバイルバッテリーでAnker製品がもっとも充実していて安定性、最新技術の製品を提供しているからです。

個人的にオススメは、

Anker PowerPort III 3-Port 65W

コンパクトで持ち歩くにはこれがベスト

Anker Nano II 65W USB PD充電器 USB-C

サイズ ‎3.6 x 4.2 x 4.2 cm; 126 g
重量 ‎126 グラム

充電ケーブル(三種の神器その2)

急速充電器とスマートフォンを繋ぐケーブルは重要です。

先に挙げた急速充電の規格にあったものを必ず使用してください。

ケーブルは、このあたりをオススメします。

Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル(3A出力 PD対応)

Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル(5A出力 PD対応)

Anker iPhone充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル

もっと安価な製品もありますが、Anker製品で押さえておけばまず問題がでることはないでしょう。
安物を購入してトラブルを起こすリスクを考えるならAnker製品で問題ないとオススメします。

また、問題が起きたときの対応もしっかりしているのがAnker製品の特徴で宇s。

スマートフォン(iPhoneも含む)を安全に使用したいのでしたら

100円ショップのケーブルを使ってはいけません。

モバイルバッテリー(三種の神器その3)

モバイルバッテリーの必要性は以下のようにまとめることができます。

モバイルバッテリーが必要な理由について
AI(Chat GPT)に問いかけてみました。

  1. 緊急時の電力供給
    緊急時にスマートフォンのバッテリーが切れると、連絡を取るための重要な手段が失われる可能性があるため、モバイルバッテリーは重要です。
  2. 旅行やアウトドア活動
    旅行やアウトドア活動中、電源の利用が限られている場合でも、モバイルバッテリーを使用してデバイスを充電できます。

あいかわらず外さない回答をしてくれるAIですが

今回のテーマである緊急時に備えるという視点で考えると

1. 緊急時の電力供給

に注目です。

災害等で電源消失となってしまっても数日間 スマートフォンを運用するためにはモバイルバッテリーが必須です。

つまりモバイルバッテリーが必要となります。

容量

最近のスマートフォンは大容量のバッテリーを搭載しています。
特にAndroid端末は、5000mAh (ミリアンペアアワー) を越える端末も販売されています。

例えば
「iPhone 14 Pro Max」4323mAh、SONYの「Xperia 1V」、SAMSUN「Galaxy S23 Ultra」は、 5000mAhもあります。

これらを充電するためには、最低でも 10000mAhの容量が必要になります。

よく、5000mAhで軽くて持ち運びやすい

とありますが、それではフル充電できません。
5000mAhと書いてあっても実際には、5000mAh充電できるわけではありません。
※おおよそですが、3000~3500mAh程度が実際に利用できる容量と言われています。

理論値と実測値で差があるためモバイルバッテリーの容量は大きいほどよいと言って良いでしょう。

軽さ

容量が大きい方が良い

と先ほど話しましたが、毎日持ち運ぶとなると重さが重要となります。

毎日持ち歩くということを考えれば、10000mAhあたりが妥当だと思います。

スマートフォンだけではなくパソコンも必要だとなれば もう少し容量の大きい

このあたりが妥当なところだと思います。

まとめ

緊急時に備えて鞄に入れて置くべき三種の神器について(急速充電器、モバイルバッテリー、ケーブル)話してきました。

急速充電器、ケーブル、モバイルバッテリー

IT小僧のオススメは、すべて Anker製品をオススメしてきました。
理由は、自分でいろいろな製品を試してきて Anker製品が安定性が良かったからです。

特に急速充電器は、用途によって種類も多いため 自分が使用したい状況に合わせることができています。

特に充電器の小型化は驚異的です。

モバイルバッテリーも種類が多くこちらも重さ、コスパ、容量、価格で選ぶことができます。

ケーブルの種類も多くこれも長さ等考えて購入を検討してください。

最後にANKERを中心にオススメしてきましたが、案件ではありません。
IT小僧が多くのモバイルバッテリーなど購入してきた結果 ANKERの製品が優れていると感じたからです

ANKER以外のブランドも多く販売されていますが国内代理店等gない場合は、注意してください。

とくにモバイルバッテリーは、火災などの事故もあるため慎重に選んでほしいと願います。
ケーブルに関しても100均ショップのものは、絶対に使わないでください。
問題無いと言われますが、大切なスマートフォンを護る意味においてきちんとした製品を使ってほしいと願います。

以上

緊急時に備えて鞄に入れて置くべき三種の神器について(急速充電器、モバイルバッテリー、ケーブル)

について述べてきました。

災害は、いつやってくるかわかりません。

準備だけは必要と思います。

また、これら三種の神器について(急速充電器、モバイルバッテリー、ケーブル)に関して言えば、旅行やキャンプなどでも使うことができますので緊急時だけというわけではありません。

日常で使っていて、緊急時に備えるという意味もありますのでぜひ揃えてほしいと思います。

スキマ時間でできるテレワーク

アニメ見放題ならコスパ良し

-小僧のオススメ
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.