小僧の教えてIT

使わなくなったスマートフォン 売却以外の使いみちについて

リユース革命 「使わない」モノは「今すぐ」売りなさい

使わなくなったスマートフォンを再利用しよう。

スマートフォンは、数年使うとバッテリーの性能が悪化して朝100%でも夕方までバッテリーが持たなくなる日がやがてやってきます。
これは、iPhoneでもAndroidでも10万円のスマホでも数万円のスマホでも同じです。

数年に一度、機種変更をし続けるスマートフォン

でも、古いスマホどうしていますか?

今回のIT小僧の教えてIT
使わなくなったスマートフォン 売却以外の使いみちについて
というお話です、

最後まで読んでいただければ幸いです。

数年後に返却(下取り)する契約

iPhoneの場合キャリアから購入しているかどうかで。古いiPhoneがどうなるか変わります。

キャリアの場合は、残価設定ローンのような形で契約している人 多いと思います。
特にあiPhoneは高価なため、一括で購入できるのはお金持ちだけ
多くの人は、ローンを組んで購入していると思います。

特にiPhoneは高価なので、各キャリアは、毎月の支払いを抑えることができるように残価設定ローンのような契約を用意しています。

docomo
「いつでもカエドキプログラム」

KDDI(au)
「スマホトクするプログラム」

SoftBank
「新トクするサポート」

詳しくはリンク先を見ていただくとして、要は、数年後 スマートフォンを返却(買取)するという契約で高価なスマートフォンを半額に近い金額で毎月ローンの支払を行う。
というものです。

クルマの残価設定ローンのようなもので 契約満期になったら 残金を払うか、スマートフォンを返却(買取)、キャリアの思惑は、そこで新しいスマートフォンを同じように契約してもらい、逃げられないような囲い込みをしています。

契約が終わったら スマートフォンを買い取るわけですが、もちろん査定はあります。
故障していたら どうなるかは、各社によって扱いが変わりますが、結局使っている間は、レンタルと同じようなもので 自分のようなもので自分のものじゃないようなものとなります。

でも、スマートフォンの寿命は、数年なので高価なスマートフォンを使う方法として

ありだと思います。

購入した場合

SIM FREEとか、純粋にローンで購入した場合、支払いが終わるまで 原則使い続けることになると思います。

では、ローンの支払が終わった場合、機種変更はどうするのか?

iPhoneの場合は、結構高価な買取価格が提示されているので売却して次のiPhoneを購入する資金にしてもよいでしょう。

Android端末の場合も売却できますが、iPhoneほど高価に買い取ってくれるわけではありません。

そのかわり、中古でAndroid端末を購入する場合は、半端なく安価で購入できます。

iPhoneやAndroid端末も買取しない場合は、家にスマートフォンが、溜まっていきます。
IT小僧の家にも10年以上前のガラ携(NOKIA、INFOBAR、KYOCERA etc)、iPhone 3G、4、INFOBARなどがあります。

いまさら 売っても引き取ってもらえないようなもので多くはオブジェとなっています。

もちろん 高価で買い取って貰える場合は、買い取ってもらうのも正解です。


使わなくなったスマートフォン

IT小僧の場合、現役で稼働可能な端末として、Pixel 3、Motorola Moto G Plusがあります。
どちらも、バッテリーが弱くなり 一日持たない状況ですが、中身は、まともに動作しています。

Pixel 3は、前機種なのでいまのXperia 1 IIに乗り換えたときに 予備端末として残しておきました。
Googeのアップデートも2021年10月が最後で以後、アップデートされるかどうか不明です。
現在は、Android 12で動作中

一方 Motorola Moto G Plusは、Pixelの2つ前で使っていた端末でAndroid 8で止まっています。

これらの端末は、中古市場では、ほぼ価値がなくなっている(特に Moto G Plus)は、売却するにも ほぼ数百円レベル

ならば、別なものに利用しています。

再利用

Pixel 3

Pixel 3は、予備端末でしたが、Xperiaのトラブルがないために完全な引退にしようと思っていましたが、最新のAndroid 12が使えるのでアプリの仕事でも使えます。

そこで、これまで使っていたアプリを削除し、Googleのアプリとradiko(ラジコ)、Spotify、Podcast、Yahooカーナビをインストールして 自宅では、睡眠用のラジオやYouTube端末、クルマでは、Yahooカーナビで使用しています。

とくにカーナビの場合、電源をつけっぱなしで使うので 新しいスマートフォンでは使いたくない

そこで現役延滞したPixel 3を使っています。
3年前のスマートフォンと言っても 通常に使うには、「ストレスもないスピードで動作」していいます。
また、クルマで使用する場合は、Googleアシスタントが賢いので ほぼ声だけでコントロールできています。

Android Autoというクルマ用のデバイがありますが、Pixel 3があれば、不便なことはほぼありません。

画面が小さいですが、ナビのときは、音声さえあれば 運転中のときは問題がありません。

GPSの制度も確かなので、Yahooカーナビでも位置がずれることはほぼありません。

Motorola Moto G Plus

一方、Motorola Moto G Plusは、完全な 眠るときの音楽やラジオを聞く端末となっています。
Moto G Plusは、非常に頑丈なスマートフォンなので踏んだぐらいでは壊れません。

イヤホンジャックもあるので有線のイヤホンで使うことができます。

イヤホンは、先日 当ブログで紹した、ADV. Sleeper Loopを利用しています。

このイヤホンは、装着したまま横になっても耳が痛くありません。
値落ちするのにちょうどよい

ADV.(ADVANCED) Sleeper Loop イヤホン シリコンユニボディ リモート/マイク/スライドボリューム ハイレゾ対応 (BLUE)

ADV.(ADVANCED) Sleeper Loop イヤホン シリコンユニボディ リモート/マイク/スライドボリューム ハイレゾ対応 (BLUE)

バッテリーはかなり弱っていますが、数時間もてば問題ないのです。

セキュリティも余計なアプリを搭載していないし、余計なところにアクセス刷ることもないので問題ないでしょう。

まとめ

売却するという手段もあるにはあるのですが、カーナビなど 厳しい条件での利用やラジオのかわりなど利用方法はいくらでもあります。

楽天モバイルなどの無声威厳のSIMカードを入れて Wi-Fiルーターの代わりというのも使いみちがあると思います。

売却するのもよいのですが、予備機として、別の使いみちもあるので 予算と使い方でいろいろと見当してみてください。

 

-小僧の教えてIT
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.