IT小僧の時事放談

最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか? auスマホ「Xperia 1 IV SOG06」が大幅値下げ!au Xperia 1 IV をお得に買おうキャンペーンも実施中

Xperiaの逆襲が始まる

今回のIT小僧の時事放談は、
最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか?
と題して、ジャパンブランドで頑張っているソニーモバイルについて情報を掲載します。

過去のニュースやコラムを別記事にまとめました。

このブログでは、最新ニュースを中心にお知らせいたします。

最新キャンペーンはこちら 

最後まで読んでいただけたら幸いです。

自己宣伝です。
ほぼ毎日 InstagramにXperia II の写真を掲載ています。
お時間がありましたら見てやってください。

スポンサーリンク

目次

最新 ニュース

Xperia 1 II システムアップデート 58.2.A.10.102

2022年10月27日 Xperia 1 IIにアップデートがやってきました。

おそらく、セキュリティアップデートと思われます。
セキュリティパッチレベルが2022年9月になりました。

Xperia 1 II XQ-AT42 ソフトウェア更新のお知らせ
https://xperia.sony.jp/support/software/update/xq-at42/

いつも思うのですが、サポートが悪すぎる、上記のページに更新内容がまだ掲載されていない。
通常ならば、サポートページに掲載して更新が来ると思うのですが。。。

このあたりの改善がないとユーザー離れの原因になりますよ SONYさん 

Android 13 へのバージョンアップ提供製品 docomo

2022年10月6日

docomoより Android 13アップデート製品が発表されました。

■Android 13 へのバージョンアップ予定の製品(Xperiaだけ抜粋)

Xperia 1 II/5 II は。Android 12で終了というところです。

OSのアップデートはともかく セキュリティアップデートはいつまでやってくれるのかな?
SIM FREE版もここで終了なのか?

まだ このあたりについての情報は出てこない。
欧州で決まった5年間の更新にしなさい という規制は、日本では通じないか?

など docomo以外からはまだ情報が出ていません。

セキュリティアップデートが切れた場合 どうするか?

こちらの記事を参考にしてみてください。

セキュリティアップデートが終了したスマホ 3つの処方箋

スマートフォンは、すでに特別なものではなく、日常生活に必須なものとなっています。 一方、端末の価格は上昇し、人気のiPhoneは、10万円以下で買えなくなると言われています。 さて、そんな状況で中古市 ...

続きを見る

SIMフリー版Xperia 5 III 15,400円値下

SIMフリー版Xperia 5 IIIの販売価格が15,400円値下げされ、99,000円(税込)で販売中

Xperia 5 IIIは2021年11月12日にNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクから発売され、その後ソニーストアにおいてSIMフリー版が発売された

型落ちとは言え、十分なスペックなので、値下げで狙うのは、ありです。

SIMフリーと言うのも魅力ですね

ソニーストア

「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデルが9月16日発売 ローカル5G対応で約17.5万円

2022年9月12日(月)

ソニーが、「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデル(XQ-CT44)を9月16日に発売する。市場推定価格は17万5000円前後(税込み)で、ソニーストア(Web)、ソニーの直営店(ソニーストア銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神)と一部の家電量販店やECサイトで販売される。ボディーカラーはブラック、アイスホワイト、パープルの3種類。

なお、発売日前日の9月15日から、ソニーの直営店と一部の家電量販店において実機の展示が行われる。

ニュースhttps://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_mobile_20220912017

発表して半年後にSIM FREE版発売は、喜ばしい

キャリア版よりSIM FREE版を選ぶべきである。

なぜなら、くだらないアプリやバンド規制がないからである。

ドコモ販売ランキング:低価格の夏モデル「Xperia 10 IV」や「Xperia Ace III」が圧倒【8月29日~9月4日】

2022年9月11日(日)

iPhone 14発売前ということもあってiPhoneの買い控えもあるでしょう。
来週はiPhone 14ばかりのランキングになるか注目です。

キャンペーン

auスマホ「Xperia 1 IV SOG06」が大幅値下げ!au Xperia 1 IV をお得に買おうキャンペーンも実施中

本体価格はこれまで192,930円でしたが、44,285円値下げされて148,645円

「スマホトクするプログラム」(残価設定方式の販売プログラム)
残価(24回目支払額)は81,840円から59,520円に減額
23カ月目に返却した場合の実質負担額は4,830円/月×23回(総額111,090円)から3,875円/月×23回(総額89,125円)となりました。

「au Online Shopおトク割」
新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引

「5G機種変更おトク割」機種変更
5,500円割引

さらに

au Xperia 1 IV をお得に買おうキャンペーン 期間中 購入&応募でもれなく Pontaポイントコード 10,000円相当(不課税)還元!! ※別途キャンペーンサイトへアクセスの上ご応募が必要です。 期間 2022年10月3日(月)〜2022.11.30[水]
au Xperia 1 IV をお得に買おうキャンペーン
2022年11月30日(水)までに購入・応募でもれなくPontaポイントで10,000円(不課税)も実施中

さすがに高価なので売れ行きが悪い
もっともXperiaに限ったことではないのですが、10万円あたりが、スマートフォンに出せるギリギリのラインだと個人的には思っています。

公式オンラインストア等で使える10万円相当のポイントが抽選で当たるキャンペーンを実施中

ソニーは、公式オンラインストア等で使える10万円相当のポイントが抽選で当たるキャンペーンを実施しています。

ソニーは、11月1日(火)から12月1日(木)午後1時まで、抽選でソニーポイント10万円相当が5名に当たる「My Sony IDキャンペーン」を開催しています。

ソニーは同キャンペーンを定期的に実施しており、応募条件は日本国内在住かつ「My Sony ID」で応募することとなっています。当選した場合は12月中旬頃にソニーからメールが届く予定です。

なお、My Sonyアプリからの応募で当選確率が3倍になります。My Sonyアプリは以下のリンクからダウンロードすることが可能です。

Youtube Music

My Sonyアプリリンク

Xperia 1 IV dポイントプレゼントキャンペーン

ソニーマーケティングは、5Gスマートフォン「Xperia 1 IV SO-51C」を対象としたdポイントプレゼントキャンペーンを9月12日に開始した。

キャンペーン対象購入期間は11月30日まで。期間中、NTTドコモの「Xperia 1 IV SO-51C」を購入のうえ、応募を行ったユーザーに対して、dポイントを10,000ポイント贈呈する。なお、同キャンペーンは、NTTドコモの「Xperia 1 IV SO-51C」以外の端末からは応募できないという。

また、期間内に専用ゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」を購入し、応募を行った場合は、さらに、dポイント15,000ポイントをプレゼントする。これにより、最大25,000ポイントプレゼントとなる。

応募期間は12月7日23時59分まで

ニュース元:価格.COMニュースhttps://s.kakaku.com/prdnews/cd=keitai/ctcd=3147/id=123186/

Xperia 1 IV Gaming Edition 登場

ソニーは9月12日、新型スマートフォン「Xperia 1 IV Gaming Edition」を発表

発売は、10月14日予定 価格は、市場想定価格は190,000円

「Xperia 1 IV」の性能強化版で“Gaming Edition”の名の通り、モバイルゲームにおいて最高の性能を発揮するため、メモリ(RAM容量)を通常の12GBから16GBに増量されている。また、より多くのゲームをインストールできるよう、本体容量も256GBより512GBに増えている。

このブログを始めたときは、Xperia XZ2(通称? ランチパック)などと言われて 後追いを初めて迷走し始めたことだった。
一時期は、Xperiaのブランドを売却するのではないか? とも言われていました。

今やXperiaは、SONYらしい尖ったスマートフォン Xperia 1/5 ミドルレンジの 10  ライトユーザー向けのace とバリエーションを広げ手行き 復活の途上にあります。

その当時から考えると ゲーム用のエディションを発表できるほどXperiaは、さらに らしさ を追求

停滞するiPhoneを音楽、映像、カメラ、ゲームと置いてきぼりにするXperiaに正直感動している。
このまま 突っ走って欲しいと願うばかりである。

音楽
Xperia救済大作戦

ソニーの2017年度決算が発表されました。 売上高  前年比 12.4%増 約8兆5440億円 営業利益 前年比 154.5%増 約7349億円 大幅な増収増益となっています。 復活、ソニーを象徴する ...

続きを見る

Xperiaが売れていない。6つの救出作戦を考える。

Xperia やばいね 渾身のXperia 1が、惨敗 docomoでは、たった4ヶ月で販売終了 もしかしたらXperiaというブランドが、SHARPのように台湾あたりのメーカーに売却されてしまうかも ...

続きを見る

なんて 書いてきたIT小僧は、この状況が来るのを夢見ていました。

 

Xperia 5 IV 発表

ついに正式発表されました。 コンパクトな Xperia

Xperia 5 IV ザックリ仕様

仕様の完全版は、オフィシャルページ ということで ここを見てください。

SONY 報道資料
高性能なAFと多彩な映像表現で日常の大切なシーンを"作品"にするプレミアムスマートフォン 『Xperia 5 IV』を商品化

注目1 カメラ

【リアカメラ】
16mm: 12MP 1/2.5“ 120fps高速読み出しイメージセンサー F2.2 AF
24mm: 12MP 1/1.7” 120fps高速読み出しイメージセンサー F1.7 1.8um AF OIS 60mm: 12MP 1/3.5” 120fps高速読み出しイメージセンサー F2.4 AF OIS

【フロントカメラ】
12MP 1/2.9” / 4K HDR撮影

Xperia 51IVの望遠カメラの光学ズームは、搭載されておりません。

注目2 バッテリー

バッテリー 5000mAh 今回の発表で最大の驚きは、コンパクトなボディにこれっだけのバッテリーを搭載したということ
そして重さは、たったの 172g

ワイヤレス充電 / おすそわけ充電対応も搭載

注目3 音関係

  • 360 Reality Audio 対応、3.5mmオーディオジャックあり/ LDAC Hi-Res Audio wireless対応
  • プロクオリティのレコーディング「Music Pro」対応

もちろん イヤホンジャックありです。

音に関しては、もっとも優れたスマートフォンと言っていいでしょう。

注目4 ゲーム

ゲームプレイヤーとストリーマーに向けたゲームアシスト/配信機能「ゲームエンハンサー」

さらに進化していそうです。

その他

環境に配慮↓パッケージ、製造過程

このXperia  5 IVは、Xperia 1 IVの下位機種ではなく、まちがいなく
最新のXperiaをコンパクトに落とし込んだ、もうひとつのフラッグシップといえるでしょう。

スポンサーリンク

 

XPERIA PRO-I

正式に発表されました。

公式ページに掲載開始https://xperia.sony.jp/xperia/xperiapro-i/

大型の1.0型イメージセンサー搭載で、本格撮影を。
ソニーの最先端イメージング技術と
スマートフォンを融合し 新次元の撮影体験を実現。

気になるお値段は、198,000(税込)

SIM FREE版ソニーストアソニーストアで販売中

PRO(旧型)と比べても安くなっています。

値段を考えると1 IIIと悩みどころかも

発表の様子はこちら

ここまで行ききったスマートフォンというより もはやカメラだろう。
一時は、撤退とも言われたXperiaは、まだまだ 販売台数が少ないとはいえ、復活した証だと思っています。

XPERIA PRO-I 主な仕様

カラー フロストブラック
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72mm×約166mm×約8.9mm
重量 約211g
バッテリー容量 4500mAh(内蔵電池)
OS Android 11
CPU Qualcomm® Snapdragon888 5G Mobile Platform
メモリ 内蔵(RAM/ROM) 12GB/512GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
ディスプレイ 約6.5インチ/有機EL 21:9ワイドディスプレイ/4K*1/HDR対応/120Hz駆動
カメラ メイン 16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
24mm(広角):有効画素数約1220万画素/1.0型 Exmor RS CMOSセンサー/F値2.0・4.0
50mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.4
3D iToFセンサー
フロント 有効画素数約800万画素/F値2.0
外部接続 Wi-Fi® IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth® ver.5.2
外部デバイス USB Type-C®
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ®
情報取得/リンク(NFC)
生体認証 〇(指紋)
3.5mmオーディオジャック 〇(4極ヘッドセット(CTIA規格準拠)対応)
フルセグ/ワンセグ -/-
ワイヤレス充電 -
SIM nano SIM
SIMロック -
デュアルSIM *2
デュアルSIM仕様 DSSS -
DSDS
DSDV
DSDA -
対応バンド 5G*3*4 n3, n28, n77, n78, n79
LTE Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42
3G Band 1, 5, 6, 8, 19
GSM 850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz

 

Xperia IVの鼓動を感じよう

なにはともかく ビデオを見よう 百聞は一見に如かず

このあたりがキーワード

  • 世界初の望遠光学ズームの搭載  85mm-125mmの光学ズーム
  • ライブ配信機能の強化
  • 4K 120Hz対応ディスプレイの搭載
  • リアルタイムHDRドライブ
  • HDR対応1秒20コマのAF/AE高速連写機能を搭載
  • Videography Proアプリから、直接動画配信サービス
  • 3.5mmイヤホンジャック、BluetoothオーディオではLDACコーデック
  • Music Pro

このレンズのてんこ盛り状態 お値段も凄そう・・・

Xperia 1 IV(グローバル)スペック

  • サイズ165×71×8.2mm重さ185g/187g(ミリ波モデル)
  • チップセットQualcomm Snapdragon 8 Gen 1
  • メモリー12GB ストレージ256GB/512GB
  • ディスプレイ6.5インチOLED(有機EL)解像度4K 120Hz駆動
  • HDR対応アウトカメラ12MP超広角カメラ(16mm 1/2.5)+12MP広角カメラ(24mm 1/1.7)+12MP望遠カメラ(85-125mm光学 1/3.5)インカメラ12MPカメラ(1/2.9、4K HDR撮影対応)
  • バッテリー容量5000mAhワイヤレス充電対応
  • おすそわけ充電サポート
  • 本体カラーブラック、アイスホワイト、パープル

BRAVIA全面推しは継続

 

一方 10 IVは、

キーワードは。

  • 5G(Sub-6)対応
  • 電池持ち バッテリー容量は5000mAh
  • 軽量

Xperia 10 IV(グローバル) スペック

  • サイズ153×67×8.3mm重さ161gチップセットQualcomm Snapdragon 695 5G Mobile Platform
  • メモリー6GBストレージ128GB
  • ディスプレイ6.0インチOLED(有機EL)
  • アウトカメラ超広角カメラ(16mm)+広角カメラ(27mm)+望遠カメラ(54mm)
  • インカメラ8MP
  • バッテリー容量5000mAh
  • 防水・防塵IP65/68
  • 本体カラーブラック、ホワイト、ミント、ラベンダー

この発表は 海外版で国内販売は、6月以降 と各キャリアからは内々に通達されていることを確認できています。


公式ページはここ

Xperia 1 IV ニュース

2022年6月23日 石川温 ポッドキャスト

2022.6.23・第404回「光学ズーム搭載、ソニー『Xperia 1 IV』」

世界初の望遠光学ズームレンズを搭載・Videography Proを使って簡単にゲーム配信が可能に・ソニー株式会社 モバイルコミュニケーションズ事業本部 事業部長の濱口努さん、企画マーケティング部門 企画部の滝沢宏樹さん

リンク先
石川温 ポッドキャスト

法林岳之のケータイしようぜ!!/2022年6月22日公開

 

 Xperia 1 IV 国内販売情報

NTT DOCOMO 2022年6月3日に発売

NTT DOCOMOはSony製のスマートフォン「Xperia 1 IV SO-51C」を2022年6月3日に発売すると発表

SIMはデュアルSIMに、Nano SIM (4FF)およびeSIMを利用可能
※デュアルSIM機能の動作は保証の対象外

docomo Online Shopでは機種代金が190,872円(税込)に設定されている。

発売予定と型番

日本を含む国・地域で5月より順次発売が予定されていて
日本ではdocomo、au(KDDI)、SoftBankから2022年6月上旬以降に発売されます。

それぞれ型番は

  • docomo Xperia 1 IV SO-51C
  • au Xperia 1 IV SOG06
  • SoftBank Xperia 1 IV(型番:A201SO)

となっていてSoftBankでは、オンラインショップでXperia専用のスマホ差し込み型ビジュアルヘッドセット「Xperia View」とセットにした「Xperia 1 IV View Kit」として数量限定発売になっています。

また、予約受付も始まっていて
docomoでは、5月12日(木)10時
auでは5月11日(水)17時

事前受付が開始されています。

ソニーの直営店、ソニーストア銀座では、docomo、auの取り扱いと予約受付中

ただし、キャリア版は、仕様が変わる可能性もあるのでご注意ください。

気になるお値段 docomo

各機種の価格と発売時期は下記のとおり。

  • Xperia 1 IV SO-51C(6月上旬以降発売):190,872円
  • Xperia 10 IV SO-52C(7月上旬以降発売):64,152円
  • Xperia Ace III SO-53C(6月中旬以降発売):34,408円

気になるお値段 au(KDDI)

KDDI/沖縄セルラーは5月11日、auブランドの新機種として、ソニー製のAndroidスマートフォン「Xperia 1 IV SOG06」を6月上旬以降に発売すると発表した。
5月11日17時から予約を受け付けている。

価格は192,930円

気になるお値段について 感想

Xperia 1 IV の19万円オーバーというのは、かなり厳しいよね
Xperia 10 IVもPixel 6aより高価(と思われる)になりそうだということだと バージョンアップやセキュリティ更新期間を考えたら Pixel 6aを購入すると思う。

Xperiaファンとしても高機能としても「やり過ぎ」だと思います。
なにより セキュリティ更新期間が短い(正式にコメントされていない)というのは、安心して使えない。

SONYさん せっかくXperiaで復活の兆しがみえているのに これでは、これまでと同じ状況になるだろう。

せめて Xperia 10 IVが、4万円代にならないと競合他社と勝負にならない。

19万円でせめて5年ぐらい更新の保証がないと 有名YouTuberぐらいしか購入しないのではないでしょうか?

現行機種、旧機種は、別ページで展開中

Xperia
Xperia アーカイブ Xperia 1 / Xperia 10 / Xperia 5 SIM FREE 他 旧機種 アーカイブ

Xperiaアーカイブを作成しました。 現行機種、旧機種は、こちらで掲載します。 スポンサーリンク Xperia 旧ニュースアーカイブ SIMフリーXperia 1 III発売記念キャンペーン SIM ...

続きを見る

過去のニュースとコラム

Xperia
僕たちは、Xperiaを応援します。 動画を撮ってみた。

Xperiaに関してのコラムについて 2019年に書き始めたXperiaの記事ですが、2年後 実現するとは、夢にも思いませんでした。 復活してゆくXperiaを見守るのは嬉しいことです。 Instag ...

続きを見る

Xperia
Xperia ニュースアーカイブ 旧機種の話はこちら 2020年01~2022年8月18日

こちらは、Xperiaに関する過去ニュースとしてまとめました。 ニュースアーカイブです。 最新ニュースはこちら 最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか? auスマホ「Xperia 1 I ...

続きを見る

スポンサーリンク

-IT小僧の時事放談
-, , , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.