IT小僧の時事放談

最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか?


Xperiaの逆襲が始まる

今回のIT小僧の時事放談は、
最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか?
と題して、国内ブランドで頑張っているソニーモバイルについて情報を掲載します。

過去のニュースやコラムを別記事にまとめました。

Xperia ニュースアーカイブ
Xperia  コラム

このブログでは、最新ニュースを中心にお知らせいたします。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

目次

最新ニュース

BNCランキングてわ3位と6位にXperia

BNCランキングてわ3位と6位にXperia

2021年7月5日週のスマートフォン(シリーズ別)売れ筋ランキングは、ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia 10 III」が3位に浮上。先週5位から2ランクアップして発売以来初のTOP3入りを果たした。また、6位には7月9日発売の新機種「Xperia 1 III」がランクイン。Xperia2機種が同時にTOP10入りした。

「BCNランキング」2021年7月5日から11日の日次集計データ

1位 iPhone SE(アップル)
2位 iPhone 12(アップル)
3位 Xperia 10 III(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
4位 Mi 11 Lite 5G(Xiaomi)
5位 iPhone 12 Pro(アップル)
6位 Xperia 1 III(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
7位 AQUOS sense5G(シャープ)
8位 AQUOS sense3 basic(シャープ)
9位 iPhone 12 mini(アップル)
10位 AQUOS sense4 lite SH-RM15(シャープ)

2021年7月20日 ライブドアニュースより

Apple独占のランキングにならないことも注目

特に4位 Mi 11 Lite 5G(Xiaomi)は、すごく売れている。

Xperia 5 II SIMフリーモデル 5,500円を値下げ 2021年07月18日

ソニーは、フラッグシップモデルの5G対応スマートフォン「Xperia 5 II」のSIMフリーモデル「Xperia 5 II XQ-AS42」の値下げを実施した。
現時点(2021年7月16日17時時点)のソニーストアでの直販価格は108,900円。製品発表当初の直販価格は114,400円で、今回、5,500円を値下げしたことになる。

情報元:価格.COM

SONY STORE

Xperia 1 II SIM FREE (SONYストア) フロストブラック以外は未入荷

これは、在庫がなくなるという前兆?
欲しい人は急いだほうがいいのだろうか

サマーキャンペーン実施中
受付期間:2021年6月25日(金)10:00 ~ 2021年8月2日(月)10:00まで

ソニーストア全店(銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神、オンライン)では、【2021サマーキャンペーン】を実施中です。お出かけもおうち時間も、より一層楽しくなるようなおすすめ商品と、最高10万円のお買い物券があたる抽選会をご用意して、みなさまのご来店をお待ちしております!

IIJが7月9日に3機種を値下げ、「Xperia 10 II」が2万8545円に

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けにSIMロックフリー端末を販売する「IIJmioサプライサービス」で、7月9日に端末の販売価格を値下げする。

値下げの対象となるのは、ソニーの「Xperia 10 II」をはじめとした計3機種で、Xperia 10 IIは一括2万8545円で購入可能になる。

ケータイWatchより

「Xperia 1 III」を7月9日から発売 au

KDDIおよび沖縄セルラーは7月1日、5G対応スマホ「Xperia 1 III(SOG03)」を7月9日から発売すると発表した。

Xperia 1 IIIは4K 120HzのHDR対応有機ELディスプレーや可変式望遠レンズ付きカメラを搭載。240Hzの高速タッチ検出による高いゲーム性能や、動く被写体を自動追従してピントを正確にあわせるなどの高度な撮影性能を特長とする。端末価格(支払総額)は17万8000円、かえトクプログラム適用時の実質負担金は9万8440円

情報元::ASCII

Xperia 1 III」を79日発売!71日より予約受付 ソフトバンク

世界初の可変式望遠レンズと4K 120HzHDR対応有機ELディスプレーを搭載したスマートフォン「Xperia 1 III」を79日発売!71日より予約受付を開始。

ドコモの「Xperia 1」「Xperia 5」にOSバージョンアップ Android 11

NTTドコモは6月14日から、ソニー(旧ソニーモバイルコミュニケーションズ)製スマートフォン「Xperia 1 SO-03L」「Xperia 5 SO-01M」に対するOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 11」となる。

なお、両機種共にOSバージョンアップの実施は2度目である。

バージョンアップの概要

今回のバージョンアップでは、Android 11に実装された主に以下の新機能を利用できるようになる。一部は、アプリ側での対応も必要となる。

  • メッセージングアプリの会話に関する通知を優先表示する機能をサポート
  • 「バブル」表示のサポート
  • スクリーンショット機能の拡充(撮影直後に編集可能に)
  • 画面録画のサポート(別のアプリを使わずに画面録画が可能に)
  • 電源オプションの機能拡充(スマートデバイスの制御や「Google Pay」のNFCペイ/パスの表示が可能に)
  • 端末の権限許可の拡充(権限の「今回(1回)のみ」付与に対応、長期間使っていないアプリの権限削除など)

加えて、以下の機能追加や仕様変更、修正も行われる。

  • ドコモ独自機能「スグアプ」への対応
  • 「サイドセンスバー」の機能改善(バーをフローティングアイコン化できるように)
  • 「ゲームエンハンサー」の機能改善(フォーカス設定を一括適用できる「コンペティションセット」を追加)
  • Bluetoothオーディオのコーデックに「aptX Adaptive」を追加
  • 「災害用キット」関連アプリの仕様変更(詳細は後述)
  • 「スグ電」の仕様変更(発信ランキング機能の削除、発信モーション利用時の発信先制限)
  • 「迷惑電話ストップサービス」の仕様変更(通話履歴からの検索機能を削除)
  • アプリの設定をリセットするとまれにフリーズすることがある不具合の修正
  • セキュリティパッチの更新(2021年4月)

2021年6月15日更新
記事 Itmedia Mobile

「Xperia 10 III SO-52B」を6月18日に発売 docomo

NTTドコモはソニー製の5Gスマートフォン「Xperia 10 III SO-52B」を6月18日に発売

価格は5万1480円

ドコモオンラインショップでは、ブラック、ホワイト、ブルー、ピンクに加え、限定カラーのイエローも登場

5G通信(Sub6)に対応しています。

Xperia 10 III 台湾、香港で発売開始

普及モデルのXperia 10 IIIが海外で発売されています。台湾では2021年5月27日、香港では6月2日に販売が始まりました(日本では6月中旬以降、順次発売予定)。

本体カラー

は日本と同様にブラック、ホワイト、ブルー、ピンク。ドコモ向けのイエローは出てきませんが、海外限定カラーが今後投入される可能性もあるかもしれません。なお、価格は香港で3499香港ドル(約4万9500円)台湾で12990台湾ドル(約5万1400円)。約5万円前後という設定です。

itmediaより

注意したいのがサイドボタンが、カメラキーではなくGoogle アシスタントキーになっている。

デュアルSIMモデルになっているのが、海外版の特徴ですが、国内のSIM FREE版も同じようになると思います。

問題は、キャリア販売から めちゃくちゃ 遅れて販売されること・・・

Xperia 1 III/10 III ドコモ価格発表

NTTドコモが5月31日、ドコモオンラインショップでの夏商戦向け新モデル、Xperia 10 III SO-52B、Xperia 1 III SO-51B、Xperia Ace II SO-041Bの価格を発表した。

  • Xperia Ace II SO-041B……2万2000円
  • Xperia 10 III SO-52B……5万1480円
  • Xperia 1 III SO-51B……15万4440円

ううん!  Xperia 1 II 15万円オーバーか・・・ YouTuberしか売れないなこれは
スマートフォンにこのカネを払える人は、まともな人ではない。

Galaxyでさえ 11万円代というのに・・・

Xperia 10 IIIは6月中旬以降、Xperia 1 IIIは7月以降に発売となっている。

掲載:2021/05/31

 

Xperia 1 II、Xperia 5 II 2021年5月セキュリティパッチ docomo

Xperia 1 II、Xperia 5 II 2021年5月のセキュリティパッチが公開されました。

NTTドコモは、Androidスマートフォン「Xperia 1 II SO-51A」「Xperia 5 II SO-52A」のソフトウェア更新サービスの提供を開始

今回の更新により、2021年5月のセキュリティパッチが適用される。

更新後のビルド番号は、両機種とも「58.1.B.3.159」となります。

必ず更新しましょう

掲載:2021/05/31

Xperia Ace II  2021年5月28日発売予定

Xperia Ace II(エクスペリア エース マークツー)は、使いやすいこと、楽しめること、安心できること。そのすべてを、コンパクトなボディに凝縮しました。

コンパクトボディに長時間安心して使える大容量バッテリーを搭載した
エントリースマートフォン 『Xperia Ace II』を商品化

このブログを呼んでいる人ならば、今更言うこともないけど

このモデルは、Xperiaとして買ってはいけない。
なぜなら、こんなスペックならば、ほかを探せばいくらでも出てくる。

Xperia 10 IIIにしなさい とだけ言っておきます。

「Xperia 5 II」のSIMフリーモデルが5月28日に発売

「Xperia 5 II」のSIMフリーモデルが5月28日に発売 ストレージ256GBでDSDV対応

ソニーが5月28日にSIMロックフリーの「Xperia 5 II」を発売する。

SIMロックフリーならではの特徴として、nanoSIMスロットを2つ備えており、DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)に対応する。ストレージはキャリアモデルの128GBから256GBに増量

市場想定価格は 11万5000円 

これは、高すぎだろ!

2021年5月20日発表

2021 docomo collection 2021年5月19日

docomoの発表会が開催されました。

Xperia 1 III SO-51Bの事前予約について
「Xperia 1 III SO-51B」事前予約を受付中
https://www.nttdocomo.co.jp/product/so51b/?icid=CRP_PRD_promotion_21_docomo_collection_to_CRP_PRD_so51b
発売は、7月以降と発表

Xperia 10 III SO-52Bの事前予約を受付中
https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004By
発売は、6月中旬以降と発表

2021.5.6・第345回「進化は止まらない。Xperia、ふたつのMark III」

Xperia 1 IIIはカメラや画面などにソニーの最新技術が生かされている
Xperia 10 IIIは5G対応でカメラや音楽機能重視のミッドレンジ
ソニー 滝沢宏樹さん 八木隆典さんが、出演 規格、開発サイドの貴重な話が聞けるので聞くべし
http://www.radionikkei.jp/spno1/210506.html

Podcastアプリで石川温のスマホNo.1メディアを検索して聞こう!

または、以下のリンク先でアーカイブを聞くことができます。
http://www.radionikkei.jp/podcasting/spno1/2021/05/player-202156345.html

「ドコモ スマートフォン Xperia 1 III SO-51B」「ドコモ スマートフォン Xperia 10 III SO-52B」の新商品2機種を開発・発売(2021年4月20日更新)

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「ドコモ スマートフォン Xperia 1 III SO-51B」と、「ドコモ スマートフォン Xperia 10 III SO-52B」の新商品2機種を開発し、2021年6月中旬以降に発売いたします。

発売日:
2021年6月中旬以降[全国一斉]
<ドコモオンラインショップ限定カラー>
2021年6月中旬以降[ドコモオンラインショップ限定]
※ドコモオンラインショップ限定カラーは、Xperia 10 III SO-52B イエローの1色です。


SoftBank  「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」を6月中旬以降に発売

「Xperia 1 III」はソフトバンクブランドのスマートフォンとして、初めて5Gのミリ波に対応する機種になります。

au Online Shop 6月中旬発売予定 予約キャンペーンを実施中

auでは、6月中旬にXperia 1 III、Xperia 5 IIIの発売を予定しています。

現行機種、旧機種は、別ページで展開中

Xperia 1 III 発表 ざっくりと説明

Xperia 1 III / Xperia 5 III / Xperia 10 III が発表されました。
根菜は、速報として ざっくりと説明します。

驚異的な明るい望遠カメラ

望遠は70mm(光学2.9倍)と105mm(光学4.4倍)の切り替え可変式レンズ
内部でレンズをスライドさせていることで倍率切り替え

驚異的に明るいレンズ
70mm F2.3
105mm F2.8

ライバルたちをみると

参考までにGalaxy S21 Ultraは、
光学3倍望遠 F2.4
光学10倍望遠 F4.9

Find X2 Pro
光学10倍 F3.0

とライバルより一歩先に進んでいます。

標準のカメラアプリ廃止

Photography Proというアプリに一本化

4K 120Hz

ディスプレイは、4K 120Hzと世界初
さらにディスプレイの色ずれを個体ごとに補正するディスプレイキャリブレーションを装備

音にもこだわり

Xperia 1 II比でスピーカーの音圧が40%向上

Snapdragon 888

Snapdragon 888
メモリ(RAM)12GB
ストレージ(ROM)は 256GB/512GB
ミリ波に対応

詳しくは、後ほど整理しますが、オフィシャル動画をみれば、すごいスマートフォン? いや カメラ? を開発したものだ。

問題は、いつ発売するのか?
とお値段 このスペックならば、ぜひ SIMフリーでキャリアのク○アプリのない状態で使いたいところです。

Xperia Announcement April 2021 動画

Xperia 5 III

Xperia 1 IIIの小型版も一気に発表

Xperia PRO 発売

2020年2月に開発が発表されたものの、現時点でまた発売されていない「Xperia PRO」が発売された。

スマートフォンとしては初めて、HDMIマイクロ端子(タイプD)からの入力に対応

ということからもわかるように映像のプロが使うスマートフォン

お値段は、227,091 円+税 プロ機材ですから、これぐらいはあたりまえ

「Xperia PRO」は、「Xperia 1 II」のような端末とは異なり、放送や写真のプロフェッショナル向けとなっています。

  • HDMI接続
  • レンズ交換式の一眼カメラやプロ向けビデオカメラのモニタとして利用
  • 撮影中の映像データを5G通信でサーバーやクラウドに伝送可能
  • 5Gでのミリ波対応

映像関係の(本当の意味で)プロ向けなので一般の人には、手に余るデバイスです。
カメラの(α1)のモニターとしてHDMI端子を搭載しているところが大きな特徴です。

詳しくはこちらから
https://www.sony.jp/xperia-sp/products/XQ-AQ52/

通常では、あまり使わない機能が搭載されています。
こういうプロ向けのスマートフォンを準備するのがSONYらしいといえばらしい

カメラも新発表の α1 という、他社のカメラをブッチギルスーパーなもので

ここまでくると値段も含めて プロ用 α1 と Xperia PRO のセットで100万越え

このようにカメラとスマホを組み合わせてくるあたり、

SONYでしかできない

というらしさ全開です。

これは、買えないけど、Xperiaは、このまま ぶっ飛ばしてほしい。

まじで買おうかな? いや 無理だわ

ニュースアーカイブ & コラム

過去記事やコラムを別記事にまとめました。

Xperia ニュースアーカイブ

Xperia  コラム

スポンサーリンク

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.