※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

「TikTok禁止法」に対して 禁止措置をめぐり訴訟開始

ついにTikTok禁止法案バイデン大統領署名しました。
これに対して TikTok側は、意義申し立てを実施しました。

正式には、日本語で
「外国の敵が管理するアプリケーションからアメリカ国民を守るための法案」
英語では
「Legislation to Protect Americans From Foreign Adversary Controlled Applications, Including TikTok」
#Including TikTok" 事実上 TikTok をターゲットとした法案です。

これで TikTok全面禁止かそれとも米国企業にTikTok事業を売却するかという決定がされました。
あと270日の猶予期間しかありません。

「TikTok禁止法」に対して 禁止措置をめぐり訴訟

「TikTok禁止法」に対しTikTokは、異議申し立てを起こし訴訟を開始しました。

アメリカで「TikTok禁止法」とも言われる法案が成立したことを受け、当該法案が表現や言論の自由を保障する憲法修正第1条に違反する可能性があるとして、TikTokが法案に対する異議申し立てを行いました。

Court Filing on TikTok Ban | TikTok Newsroom
https://newsroom.tiktok.com/en-us/court-filing-on-tiktok-ban-2024

TikTok sues to block prospective US app ban | CNN Business
https://edition.cnn.com/2024/05/07/tech/tiktok-sues-us-app-ban/index.html

H.R.7521 - 118th Congress (2023-2024): Protecting Americans from Foreign Adversary Controlled Applications Act | Congress.gov | Library of Congress
https://www.congress.gov/bill/118th-congress/house-bill/7521

ジョー・バイデン大統領は2024年4月24日に、複数の法案や緊急予算案をまとめた「National Security Act, 2024(2024年国家安全保障法)」に署名しました。これにより、TikTokにアメリカでの事業の売却か撤退かを要求する「Protecting Americans from Foreign Adversary Controlled Applications Act(外国の敵対者が管理するアプリケーションからアメリカ人を守る法)」が成立しました。

この法律は、ソーシャルネットワーキングアプリが「外国の敵対者が管理するアプリケーション」であるとアメリカ大統領および関連条項によって判断された場合、270日から360日以内に配布、維持、または提供の禁止を求めるものです。ただし、当該アプリが他者に販売され、アメリカの敵対国に管理されるアプリではなくなったと大統領が判断した場合、この法は適用されなくなります。

当該法律では中国が敵対的な外国と指定されているため、アメリカは中国に拠点を置くByteDanceと、ByteDanceが運営するTikTokに対して270日~360日以内の売却またはアメリカでのサービス提供停止を求めています。

この法案に対する異議申し立てについてはコロンビア特別区連邦控訴裁判所に専属管轄権が与えられており、法案に対する異議は法案制定日から165日以内に提起されなければならず、法案に基づく措置、認定、決定に対する異議は、その措置、認定、決定から90日以内に提起されなければならないと定められています。

TikTokは、表現・言論の自由を保障するアメリカ合衆国憲法修正第1条を根拠に、この法案はアメリカ人の言論の自由を妨げ、正しい情報へのアクセスを遮断する可能性があると主張しています。

TikTokはアメリカ政府が議会権力を行使して特定のアプリを禁止するという前例のない措置をとったと指摘し、「歴史上初めて、議会は単一の言論プラットフォームを永久的かつ全国的に禁止する法律を制定し、世界中で10億人以上が参加するオンラインコミュニティにアメリカ人が参加することを禁止したのです」と主張。新法は違憲だという判断を下すよう裁判所に求めました。

アメリカ政府は、TikTokと中国との結びつきが存在することで、アメリカ人の個人情報が中国政府に渡ってしまう可能性があるとの懸念を示しています。しかし、アメリカ政府はこれまで中国政府がTikTokのデータにアクセスしたという具体的な証拠を提示しておらず、あくまで「可能性がある」という仮定の話を元に議論が進められているのが現状です。

TikTokのショウ・チュウCEOは以前から「TikTokはByteDanceから独立して運営されていて、アメリカにおけるプラットフォームの管理場所はシンガポールとロサンゼルスにあり、アメリカ人のデータは、アメリカ人が監督するアメリカ企業によって管理されている」と主張し、中国政府当局者がアメリカのユーザーデータにアクセスできるようにしたことはないと強く否定。また、TikTokは事業売却について「ByteDanceが所有する数百万行のコードを他者に手渡すことになり、実質不可能」と主張しています。

続きはこちらから👇

TikTokがアメリカでの禁止措置をめぐり訴訟 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240508-tiktok-us-ban-court-filing/

問題点は、「可能性がある」という仮定の話によって法を作成してしまったこと
背景には、「どうしてもTikTokの権利が欲しい」というのが目的かと思います。
ロビー活動でどのようなカネがうごいているんでしょうか?

「可能性がある」というのを法廷がどのように判断するのか注目です。

米国では、どこかの国とは違い、癒着などあまり考えられないのですが、「対中国」となるとどうなるのか?
HUAWEIの問題も過去にあったわけで 米国の思うがままになるのかどうか 注目です。

スポンサーリンク

どうしてもTikTokが欲しい米国

TikTokの強制的売却が決まった。

バイデン大統領は4月24日、中国のバイトダンスが傘下のTikTokを1年以内に売却できなかった場合に、全米でこのアプリを禁止する法案に署名した。バイトダンスには、TikTokの売却に向けて約9カ月の猶予が与えられており、バイデン政権が「著しい進展」を認めた場合には、期限を90日延長するオプションも用意されている。

TikTokは長年、中国のバイトダンスの社員が米国人のデータにアクセス可能になっているとされる疑惑に直面してきたが、バイトダンスはこの疑惑を否定してきた。2021年からTikTokを率いてきた周は3月、議会に対し、同プラットフォームが米国人ユーザーをスパイしているという「特徴付けには同意できない」と述べ、米国人のデータを保護することに「コミットしている」と述べていた。

TikTokは、2022年6月時点で、プラットフォーム上の米国ユーザーのトラフィックの全てが、テキサスを拠点とするオラクルのクラウドベースのインフラに置かれていると主張。また、バイトダンスは、同社の約60%を外部の機関投資家が所有していると主張していた。

しかし、TikTokのそのような主張は、米国の議員らの懸念を鎮めることはできず、過半数の議員らはバイトダンスにTikTokの売却を要求する法案に賛成した。

続きはこちらから👇

Forbes
TikTok禁止法に反発する「バイトダンスの嘘」、元幹部が主張
https://forbesjapan.com/articles/detail/70752

TikTokが米国にとって有害であり米国市民の個人情報を脅かす
という主張ならば「売却ではなく禁止」すれば良いだけ

しかし、米国政府は、「米国企業への売却」にこだわっている。

もう おわかりですよね TikTokが莫大な富を生み出すから 欲しい人(企業)がいるわけです。

こうなったら TikTok側がどんな 言い訳しても「聞く耳持たん」というわけで、このまま突き進むだろう

では、誰が? TikTokを非滋賀っているのか?

米国市民(どころか世界中)の情報を手に入れたい人達・・・ なんでしょう

こういう わかりやすい ことはいいんです。

どこかの国のように「自国以外の電気自動車に補助金」だったり「やがて大量の産業廃棄物になる運命である太陽電池パネル」を補助金ありで買い付けたり

森林を伐採して山を切り開いてまで「太陽電池パネル」で埋め尽くして「CO2ゼロを目差す」なんて マスコミを使って推進していたり

LINEで日本人の個人情報を韓国に流し込むのを「見て見ぬフリ(一応注意してるけど)」している政府とか

いったい どこの国の人が政治をやっているんでしょうか?

 

そういえば、最近 撤退間近の某国の電気自動車キャンペーンをやっているマスコミさん
どれだけ どこから おカネをもらっているんでしょうか?

TikTok欲しい と素直?な 米国より闇が深い

禁止法案バイデン大統領署名 運命の「270日」

ついに TikTok締め出し法案が決定しました。

これで TikTokは、270日の間に「米企業に売却所以内と米国から追いだされます」

Gigazineより

アメリカのジョー・バイデン大統領が2024年4月24日に、TikTokの中国親会社・ByteDanceに対してTikTokの売却を命じる法案に署名しました。「TikTok禁止法」とも呼ばれるこの法律の成立により、TikTokは最短9カ月、最長でも12カ月以内に事業をアメリカ企業に売却することが義務付けられ、売却しない場合はアメリカでアプリを配信することができなくなります。

Inside Lawmakers’ Secretive Push to Pass the TikTok Bill - The New York Times
https://www.nytimes.com/2024/04/24/technology/tiktok-ban-congress.html

今回成立した法律は、「外国の敵が支配するアプリケーションがもたらす国家安全保障上の脅威からアメリカ国民を守る法律」です。アメリカ議会下院は2024年4月20日に、この法案をウクライナやイスラエル、台湾を支援する緊急予算案とともに可決。法案は23日に上院を通過し、大統領による署名を待つばかりとなっていました。

TikTokの禁止・売却を強制する法案がアメリカ上院でついに可決、バイデン大統領は「ただちに法案に署名して国民に演説する」と発表 - GIGAZINE


かねてから「法案が机に届けられ次第署名する」と声明を出していたバイデン大統領は24日に、法案に署名しました。これにより、TikTokに売却か撤退かを迫る270日間、約9カ月のカウントダウンが始まりました

アメリカにおけるTikTok禁止法の成立は、ByteDanceを通じて国民の機密情報が中国共産党に流出することを危惧している規制当局や超党派の議員らによる取り組みの集大成と位置づけられています。

TikTokの弊害に対する危機感は欧米全体に広がりつつあり、4月24日には動画の視聴などでポイントが稼げるTikTok Liteの特典プログラムが、特に子どもに対する依存性をまねいているとのEUの批判に対応するために、TikTokが一部機能の停止を発表していました。

政府が特定のプラットフォームを閉鎖に追い込むことに対しては、言論の自由を保障する合衆国憲法修正第1条に反するとの批判がなされており、専門家は「TikTokが禁止法への対抗訴訟に踏み切った場合、TikTokが中国共産党のプロパガンダの道具になっていることや、プライバシーの懸念があることを主張して当局が裁判に勝つことは難しいだろう」との見解を示しています

続きはこちらから👇

バイデン大統領がTikTok禁止法に署名し売却か撤退までの「270日」のカウントダウンが始まる、異例のスピード成立の裏には何があったのか? - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240425-biden-signs-tiktok-ban-bill/

いやいや 早い決定ですね

「ByteDanceを通じて国民の機密情報が中国共産党に流出することを危惧している規制当局や超党派の議員らによる取り組みの集大成」

云々というのは、大義名分だと自分は思っていて

「TikTokの広告をごっそりいただきたい」

というMeta、Googleなどの思惑(ロビー活動)ではないだろうか?

なにせ人気絶頂のTikTokにMetaもGoogle(YouTube)も敗北していますから その市場を奪うには、なんでもありです。

問題は、TikTok側の裁判なんですが、

専門家によると
「TikTokが禁止法への対抗訴訟に踏み切った場合、TikTokが中国共産党のプロパガンダの道具になっていることや、プライバシーの懸念があることを主張して当局が裁判に勝つことは難しいだろう」

TikrTok側に分がありそうな雰囲気

自国以外のSNSなんて絶対許さない
海外SNSに広告を持って行かれるなんて絶対に許さない

まさにジャイアン米国 裁判の行方はどうなるのだろうか?

最新情報が出てきたら ご報告いたします。

アメリカ上院もTikTok禁止法案を可決

下院②引き続き上院でもTikTok禁止法案が可決されました。

アメリカ議会では「事実上のTikTok禁止法」とも呼ばれる規制法案の策定が進められています。2024年4月23日にはこの規制法案を含む包括法案がアメリカ上院において賛成多数で可決され、ジョー・バイデン大統領の元に送られることが決定しました。

Senate passes TikTok ban bill, sending it to President Biden’s desk - The Verge
https://www.theverge.com/2024/4/23/24137638/senate-passes-tiktok-ban-bill-divest-bytedance-foreign-aid

Senate poised to pass bill that could ban TikTok   | The Hill
https://thehill.com/policy/technology/4616071-senate-poised-to-pass-bill-that-could-ban-tiktok/

TikTok Mandate Clears Preliminary Senate Vote
https://wwd.com/business-news/technology/tiktok-bill-clears-senate-vote-1236334684/

TikTok fortune of billionaire Republican donor Jeff Yass threatened by Washington
https://www.ft.com/content/256a45c3-8c78-4448-9dbe-8382c0788457

TikTokを通じてアメリカ国民の機密情報が中国政府に渡る危険性が問題視されていたアメリカでは、2024年3月5日にTikTokの直接的な規制を目的とする「外国の敵が管理するアプリケーションからアメリカ国民を守るための法案」が提出されました。この法案では、TikTokの親会社であるByteDanceに対して9カ月以内のTikTokおよびTikTok傘下のアプリケーションの売却が義務付けられており、売却に応じなかった場合はアメリカ国内のアプリストアおよびウェブホスティングサービスの利用を禁止されることになります。

続きはこちらから👇

TikTokの禁止・売却を強制する法案がアメリカ上院でついに可決、バイデン大統領は「ただちに法案に署名して国民に演説する」と発表 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240424-tiktok-ban-senate-clear/

中国との政治駆け引きに利用されていることはまちがいなし

売却に応じなかった場合はアメリカ国内のアプリストアおよびウェブホスティングサービスの利用を禁止

現在、世界でもっとも稼いでいるSNSですから 米国がほしがるのもわかりますが、禁止するならともかく、他国のコンテンツを

売却しなければこの国で使わせないぞ

なんて ヤバいというか傲慢というかEUもびっくりの手口

と思っていたらEUも出てきました。

欧州委員会がDSA違反の疑いでTikTokに対する2度目の調査を開始 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240423-european-comission-opens-proceeding-against-tiktok-under-the-dsa/

イスラエルが販売しているスパイシステムは、知らぬふりをして 中国ならば強行する。

今の世界で起きている戦争に対しての「ダブルスタンダード」そのものです。

アメリカ下院がTikTok禁止法案を可決

大統領署名も確実っぽくなってきたので米国からTikTokが追いだされる可能性が高くなっています。

アメリカの下院が2024年4月20日に、ウクライナ、イスラエル、台湾への支援策と、「事実上のTikTok禁止法」とも呼ばれる規制法案を含む4つの法案を盛り込んだ包括法案を可決しました。法案は23日にも上院を通過し、速やかに大統領によって署名される見込みで、機動的な対応を歓迎する声が上がっている一方、拙速な審議に対する懸念の声も上がっています。

House passes Ukraine, Israel, Taiwan aid, potential TikTok ban
https://www.cnbc.com/2024/04/20/house-passes-ukraine-israel-taiwan-aid-potential-tiktok-ban-.html

US House passes $95 billion Ukraine, Israel aid package, sends to Senate | Reuters
https://www.reuters.com/world/us/us-house-vote-long-awaited-95-billion-ukraine-israel-aid-package-2024-04-20/

House approves aid bills for Ukraine, Israel and Taiwan - CBS News
https://www.cbsnews.com/news/house-vote-aid-bill-ukraine-israel-taiwan/

TikTok ‘ban’ passes in the House again - The Verge
https://www.theverge.com/2024/4/20/24135163/tiktok-ban-divest-bytedance-house-foreign-aid-package

アメリカの下院は4月20日に、人気SNS「TikTok」を運営する中国企業・ByteDanceに対してアメリカのTikTok事業を売却することを求める法案を含む、950億ドル(約14兆7000億円)規模の包括法案を可決しました。

この法案パッケージは、3つの対外支援策と1つの規制法案の合計4つで構成されています。このうち1つ目は、対ロシア戦争でウクライナを支援するための608億ドル(約9兆4000億円)の支援策で、311対112の賛成多数で可決されました。

2つ目は、264億ドル(約4兆800億円)のイスラエル支援およびガザ地区への人道支援法案で、366対58で可決されました。3つ目は、台湾を含むインド太平洋の同盟国に対する81億ドル(約1兆2500億円)の支援法案で385対34で可決されました。

そして4つ目はロシア・中国・イランへの制裁強化を認める内容で360対58で可決されました。法案の中には、ByteDanceにTikTokの売却を指示し、従わない場合はアメリカでTikTokを禁止とするものも含まれています。

上院のトップであるチャック・シューマー院内総務は、法案が下院で可決された後の声明で、23日に上院で法案の採決を行う方針で与野党の合意が固まったと述べました。

また、ジョー・バイデン大統領は声明で、法案の可決を主導したマイク・ジョンソン下院議長らに対する謝意を述べた上で、「私は上院に対し、このパッケージを速やかに私のデスクに送り、成立に向けて署名させるよう強く要請します」と述べており、TikTok規制法案が上院を通過すれば速やかに成立する可能性が高いと見込まれています。

続きはこちらから👇

アメリカ下院がTikTok禁止法案を可決、15兆円規模の対外支援策とパッケージ化して迅速な法制化を狙う - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240422-tiktok-ban-aid-package-house-passes/

完全に政争と中国との政治の争いに巻き込まれているようです。

生き残りは、米国企業への売却 ☞ おそらく買収予定企業からの「何らかの影響?」があったと推測します。

TikTok 法廷に持ち込む

バイトダンス側は、法廷闘争に打って出る構えで、TikTok CEOの周受資は先月、ユーザー向けに公開した動画で、「当社は、みなさんと一緒に作り上げたこの素晴らしいプラットフォームを守るため、法的権利の行使を含め、できることはすべてやり続ける」と述べていた。

Forbes
https://forbesjapan.com/articles/detail/70499

トランプ大統領候補は反対

トランプ前大統領は先月、この法案が成立すれば、フェイスブックに追い風を与えることになると主張してこの法案に反発し、フェイスブックによる政治的コンテンツの不当な監視が、彼の2020年の大統領選挙での敗北につながったと主張した。

Forbes
https://forbesjapan.com/articles/detail/70499

TikTok禁止法案が下院で可決、一方でTikTokは「アメリカ経済に240億ドルの貢献」とアピール - GIGAZINE

以下 Gigazineより

アメリカの連邦議会下院で「外国の敵が管理するアプリケーションからアメリカ国民を守るための法案」が可決しました。法案ではTikTokが名指しで非難されており、TikTokを運営するByteDanceはアメリカ国内で事業を売却しなければTikTokの運営を禁止されることとなります。

TikTok ban moves forward as House passes bill; fight shifts to Senate
https://www.cnbc.com/2024/03/13/house-passes-bill-that-could-lead-to-a-tiktok-ban-fight-shifts-to-the-senate.html

Live updates: House passes bill that could lead to US ban of TikTok
https://edition.cnn.com/politics/live-news/tiktok-ban-bill-house-vote-03-13-24/index.html

China says TikTok ban would 'come back to bite' the US - BBC News
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-68554075

Oxford Economics Reports: TikTok Contributed $24 Billion to U.S. Economy in 2023 | TikTok Newsroom
https://newsroom.tiktok.com/en-us/tiktok-economic-impact-report-2024-smb

「外国の敵が管理するアプリケーションからアメリカ国民を守るための法案」は2024年3月5日(火)に提出された法案で、「『外国の敵対者の支配下にあるアプリケーション』に対して、敵対者との関係を断たない限りアメリカ国内でのアプリストアおよびウェブホスティングサービスの利用禁止する」というものです。法案では「外国の敵対者の支配下にあるアプリケーション」の事例として中国企業のByteDanceが運営するTikTokが挙げられており、実質的にTikTokを禁止するための法案として注目を集めていました。

TikTokをホスティングするアプリストアを罰する法案が登場 - GIGAZINE


当然、TikTokは法案に反対の姿勢を示しており、法案が提出された直後にはTikTokのアプリ画面上に「議会に電話して規制法に反対しよう」という通知が表示され、電話が殺到したことにより国会議事堂の電話回線がパンクする事態が発生しました。しかし、TikTokの対応は逆に議会の反感を招く結果となり、2024年3月7日(木)には下院エネルギー・商業委員会で「法案を推進する」という方針が50対0の全会一致で可決。さらに翌日にはジョー・バイデン大統領が「もしも法案が可決された場合、私はこの法案に署名するつもりです」と発言し、法案の支持を表明しました。

そして、2024年3月13日(水)には下院で法案の審議が行われ、352対65の賛成多数で可決しました。なお、反対票の内訳は民主党議員が50票で共和党議員が15票です。

法案には「ByteDanceに対して法案成立から165日以内にTikTokおよびTikTokに関連するアプリケーションの売却を義務付ける」「アプリストアが『外国の敵対者の支配下にあるアプリケーション』の配布を続けた場合、アプリストアに対して当該アプリケーションに『アクセスおよびアップデート』したアメリカ人ユーザー1人当たり5000ドルの罰金を科す」という条項が含まれており、今後のByteDanceやアプリ配布プラットフォームの対応へ注目が集まっています。

一方で、TikTokは2024年3月14日(木)に「TikTokは2023年だけでアメリカのGDPに242億ドル(約3兆5700億円)も貢献した」「TikTokを用いる企業によって22万4000件の雇用が生まれた」といった調査結果を公開し、アメリカ経済への貢献をアピールしています。

また、中国外務省の汪文斌報道官は下院での採決に先立って「TikTokが国家安全保障を脅かすという証拠は見つかっていない」「公正な競争を阻害するこの種の行為は、企業の正常な活動を阻害し、国際投資家の信頼を損ない、正常な国際貿易秩序を損なう。最終的に、これはアメリカ自身に跳ね返ることになる」と述べ、法案を非難していました。

続きはこちらから👇

TikTok禁止法案が下院で可決、一方でTikTokは「アメリカ経済に240億ドルの貢献」とアピール - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240314-tiktok-ban-bill/
2024年03月14日

売却先

記事によると

Activiision BlizzardでCEOを務めた経歴を持つボビー・コティック氏がTikTokの買収を検討

とありますが、噂レベル

大手が買収する可能性は低いだろう

今後

可決したばかりで今後の見通しは、不明
TikTok側がどのように出てくるのかもわかりません。

今わかっていることはここまでで 今後TikTok側となにをはなして行くのか?
新しい情報が出たらこのブログで法臆します。

TikTok
TikTok禁止法案提出か! 米議会超党派

大統領選挙の候補者が事実 ...

続きを見る

「議会に電凸してTikTok規制法に反対しろ」とTikTokがユーザーをあおる 結果議会は全会一致で法案推進をスピード採決

もう意味がわからないこん ...

続きを見る

「TikTokを禁止すると国民の敵 Facebookに力を与えてしまう」 ドナルド・トランプ大統領候補が発言

国民の敵 Facebookiいやいや そう ...

続きを見る

アニメ見放題ならコスパ良し

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.