「 AI 」 一覧

ジョージ・オーウェルの「1984年」の世界は現実となるのか? AIに支配される社会

ジョージ・オーウェルの「1984年」って知っていますか? Appleファンなら「ああ!あのCMか」の世界です。 1950年代に発生した核戦争を経て、1984年現在、世界はオセアニア、ユーラシア、イース ...

2025年の崖どころか、ITにかける予算が縮小、システムの老巧化を心配するより 会社が生き残れることが先決

すでに家電業界は、消滅寸前、スマートフォンなど国内メーカなど惨憺たる状況、トドメは、自動車産業でEVが世界中で普及したら、部品メーカーをはじめ国内産業に大きな影響が出るでしょう。
そんな状況で「ITに予算を突っ込める」のは、一部の企業とお役所ぐらいです。

Googleアシスタントは、通訳もしてくれる真のアシスタントとなろうとしている。

インターネットでの広告業では、どこも追いつけないからできることなのでしょうけど
コストのかかるAIの基礎研究を実際に使い物になるレベルまで持ってくることがすごい

私達は、AIに監視されている。「AI監視社会」が本格的にはじまったらしい。

中国では、2019年12月1日から 中国国内でSIMカードを新規購入するときに顔認証、つまり 顔写真を登録することになりました。 社会主義の中国は、監視社会ですから、テクノロジーが揃えば実行するのは、 ...

戦略ゲーム(StarCraft II)で人はAIに勝てなくなった。 99.8%の勝率を超える「AlphaStar」登場

オセロ、チェス、碁、将棋を人間を凌駕してきたAIが、ついに 戦略ゲームで人間を超えてしまいました。 人工知能(AI)の能力が人間を上回る領域が、より高度かつ複雑な方向へ拡大を続けている。2019年10 ...

2025年の崖の前にITバブル崩壊の予感 2020年は、2001年のITバブルの再来となってしまうのか?

消費税が増税になった。 たった2% されど2% 10万円の買い物をして1万円の消費税 心理的に大きなインパクトがあります。 そして、リストラを実施する企業が増大 過去最高利益が出ている キリンホールデ ...

「機械に意識が宿るのか?」 20年後までに人間の意識を機械にアップロードする。「MinD in a Device」プロジェクト始動

攻殻機動隊 2ndGig(セカンドギグ)の最終回」 核攻撃寸前の長崎出島の移民収容所で人間の意識をコンピューターにバックアップできないか? というという状況に追い込まれるシーンがある。 このSFアニメ ...

ローマ法王庁科学アカデミーでロボット工学新原則を発表した理由とは?

TNG(Star Trek: The Next Generation)という海外ドラマをごお存じですか? 24世紀に宇宙艦隊という組織のEnterpriseという宇宙戦艦で宇宙を探査(Star Tre ...

オンデバイス音声認識搭載のGoogle Assistantに期待 On-Device Speech Recognizer【Google I/O 2019】

Siriに向かって 「ゼルタクスセイアン」 なんて話している人は、今でもいるのでしょうか? iPhoneに搭載されている音声認識プログラム「Siri」を相手に 「AIは、こんなこと言っているぞ」 とド ...

AIの人材を年間25万人育成 学生の育成も大事だが、企業のあり方が変わらない限り意味がない。

「カネ カネ カネの世の中で泣くのは弱いものばかり・・・」 このセリフご存知ですか? 昭和時代劇ドラマの金字塔とも言える「必殺仕事人」のオープニングに流れます。 藤田まこと主演の「必殺仕事人シリーズ」 ...

IoTが普及すると機械に搭載されたAIがかってに連携する時代がやってくる。

IoT(モノのインターネット)という言葉が、ニュースで登場する機会が増えてきました。 TVのニュースでは、「IoTを知っている前提」で報道されるのでサラッと聞き流してしまう場合があります。 IoTとは ...

映画:ウォーゲームが現実になるかも知れない? 軍事戦略をAIが後押し

『ウォー・ゲーム』(原題: WarGames)という映画ご存知ですか? 1983年に北米で公開されたAIと核戦争をテーマにしたものです。 おっさん世代のコンピューター マニアの金字塔的存在になっている ...

「AIに規制をかけよう」という運動がはじめる。「人工知能に関する政府間パネル(IPAI)」の設立

「アメリカ vs. 中国 "未来の覇権争い"がはじまった。」 NHKスペシャル 2019年1月19日(土)の番組をみた。 主にAIが中心な話でしたが、デジタル社会の覇権を争う アメリカと中国が主に描か ...

ドラマ「グッド・プレイス」をみて AIは、人を苦しめるだけではないのだと気づく

映画に出てくるAIは、たいてい悪役だ。 2001年宇宙の旅のHAL9000シリーズでは、パラノイアになったAIが宇宙飛行士を抹殺 ターミネーターでは、スカイネットというAIが人類滅亡を目論んでいる。 ...

安全かプライバシー保護か? 生徒のSNSを監視をする米国の学校事情

米国の銃乱射事件 コロンバイン高校銃乱射事件という事件が1999年に発生して大きなニュースとなりました。 死亡者 15名(教員1名、容疑者2名を含む学生14名) 負傷者 24名 この事件は、映画にもな ...

Made by Google 2018 で発表された4つの製品と1つのテクノロジー AI詰め込むだけ詰め込んじゃいました。

新製品発表会というものは、ワクワクするものです。 ジョブズがいたころの「Appleの新製品発表会」 そして日本でも開催されていたMACWORLD 春に行われる「Google I/O」 そして、秋に行わ ...

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.