※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

Instagram(インスタグラム)の創業者が、開始したニュースサービス「Artifact」

2023年7月6日

Instagramの創業者 ケビン・シストロムとマイク・クリーガーについては、当ブログで以前 取りあげたことがありました。

インターネットの世界をより正しい方向に推し進めようとした2人は、Instagram(インスタグラム)を立ち上げたのです。
しかし、資金的な問題もあり Facebookに売却することになり、2人は、Instagramから去ることになります。

Instagramは、Facebookにより
写真を愛する人々ではなく、カタログショッピングモールとなってしまい、さらにTikTokの真似事まではじめてしまいました。

Instagramは、すでに 写真を愛するサービスと言えない状況になっております。

ここからが今回の記事の中心です。
Instagramの創業者 ケビン・シストロムとマイク・クリーガーの2人は、新しいサービスを立ち上げました。

今回のIT小僧の時事放談
Instagram(インスタグラム)の創業者が、開始したニュースサービス「Artifact」
と題して、Artifactとは、どんなサービスなのか? を中心にAIの活用について考えてみよう。

今回も小難しい話をわかりやすく解説しながら記事にしました。

最後まで読んでいただけたら幸いです、

スポンサーリンク

個人が本当に読みたい記事

Instagram(インスタグラム)の創業者 ケビン・シストロムとマイク・クリーガーは、新しいニュースサービスを開始しました。

サービスの名前は、「Artifact」ニュースサービスに分類されます。

「Artifact」の特徴は、一言で言うと

「個人が本当に読みたいと思っている記事」を紹介してくれる

というものです。

「個人が本当に読みたいと思っている記事」と言っても簡単ではなく AIを利用しています。
このニュースアプリは、ChatGPTが登場する前から独自の大規模言語モデル(LLM)で開発が行われていたそうです。

世界中に大量に流れ続けているニュースから 個人が読みたいニュースをAIが厳選して選び、リストアップする。

これだけならば、これまでのニュースアプリでも似たようなことg出来ていたかも知れませんが、Artifactは猛一歩踏み込んでいます。

誤解しやすいニュースタイトルを変える。

Artifact最大の特徴は、ユーザーが誤解を招くと指摘した記事タイトルを、AI技術を使って書き換えることができる。
ということです。

ニュースには、読んでほしいためにセンセーションルなタイトルを付ける場合があります、
これは、TikTokの最初の2秒間と同じ意味があり、最初に目を引き、記事を読ませる と言う仕組です。

そのため、記の内容と多少乖離したタイトルになっている場合もみかけます。

Artifactでは、この矛盾を解決すべくAIによって「記事タイトルを書き換える」という仕組みになっています。

「記事タイトルを書き換える」「個人が本当に読みたい記事」を選択するという手法は、独自の大規模言語モデル(LLM)によって成し遂げられている。

シストロムによれば
「ArtifactがGPTやBardと違う点は、文章を生成するのではなく、文章を理解していることなのです」
理解しているからこそ 「個人が本当に読みたいと思っている記事」をリストアップできるとコメントしています。

しかし、タイトルも含めてニュースなのではないか?
という疑問が生じる 勝手にタイトルを変えてもよいのか?

この問題に対してシストロムは、

「Artifactが見出しを変更する記事は全体のほんの一部」であり、
「コンテンツへのリンクのタイトルが、ほかの誰かが決めたものでなければならないというルールはありません。それらは誘導的であったり、誤解を招いたりするものである可能性があるからです」

この部分が、ニュースパブリッシャーからみてどのように判断されるかについては、まだ何の情報もありmせん。

ニュースだけでとどまらない

シストロムとクリーガーの目標は、ユーザーのニュース消費の習慣を改善することではなく、問題を解決するためにAIを活用することなのだ。

ケビン・シストロムとマイク・クリーガー

また、Artifactが、ニュースサービスからはじめたことは、とっかかりに過ぎない。ニュース記事はスタート地点であると言っている。

それがどのようなものになるかについては、明らかになっていない。

まずは、Artifactが認知されるかということからはじまると思います。

news参考記事
wired US
https://www.wired.com/story/plaintext-instagram-founders-artifact-news-app-ai/

英語版ですが、日本でもインストールすることができますのでお試し下さい。

Youtube MusicAppStoreで入手

Instagramの創業関連記事

Instagramの創業者 ケビン・シストロムとマイク・クリーガーについては、記事にしてありますので読んでみてください。
Facebookが、Instagramの理念を破壊したことがわかります。


Instagram
インスタグラム(Instagram)が、侵略される。 CEO Kevin Systrom(ケビン・シストロム)離脱の理由

どんなに優良企業でも利益 ...

続きを見る


Instagram(インスタグラム)を通販サイトにしたやつは、誰だ!

最近、Instagramは、「広告」が多 ...

続きを見る


Instagram
InstagramがTikTokもどきになってゆく

Instagram(インスタグラム) みな ...

続きを見る

アニメ見放題ならコスパ良し

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.