※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

WWDC(Apple開発社会議)での発表は、⚪クリ?ばかりだったと指摘 TechCrunch

AppleのWWDC(Worldwide Developers Conference)
簡単に言えば 開発社に向けた会議です。

毎年、6月に開催されるWWDCですが、ことしも開催されました。

そこで登場したのが、OS達、mac.iPad,iPhone,Apple Watchなどのアップデートでした。

しかし、AppleのOSは、昔からパクりの宝庫といわれています。

なぜそうなのか?
今年のWWDCから拾ってみよう

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

TechCrunch

The apps that Apple sherlocked at WWDC 2024
という記事が、IT関連ニュースTechCrunchに掲載された

記事ではパクリと言わす「Sherlock」と表現しています。
このあたりは、各自 検索して調べるように・・・

内容は、サイトで読んでいただければわかりますが、開発者がこれまで開発してきたツールやアプリを

「しれっと OSに組み込んで あたかも自分のアイデアであるかのように発表している」

ということである。

コンピュータの世界ですから パクリ いや? インスパイアはあたり前の世界ですが、世界的企業が、一般の開発社のアイデアをパクって自社のOSに組み込むなんて

まぁ あからさまによくやるよ

というお話です。

パスワードアプリ

Appleはユーザーのパスワードを安全に管理するアプリをリリースしました。

中身は、すでに存在している
「1Password」「LastPass」「BitWarden」「Proton Pass」の機能を統合したものと指摘されている。
※指摘したのは、自分枝はなくTechCrunchですからお間違えなく

もっとも これらのアプリは、「Android」「Windows」「Linux」など複数のOSで動作しているものなので 独自なAppleデバイスのみで動作する新パスワードアプリより 従来のアップリの方が便利なのです。

iPhone(Appleデバイスしか知らない)人にとっては
「すげぇ Appleさん ありがとう」
なんだろうけどね

音声文字起こし

通話アプリやメモアプリに音声文字起こし機能が統合され、音声を容易にテキスト化できるようになった。

こんなのとっくに存在しているし、Android(Google)ではかなりの高性能を無料で配布しています。

いまさら(ドヤ)と言われてもね

iPhoneミラーリング

「macOS Sequoia」でiPhoneの画面をワイヤレスでミラーリング表示してiPhoneの遠隔操作もできる機能

これもすでに「Bezel」というアプリがあって いまさらですか?
と言う状況
違うところは、「Bezel」は有線(今のところ)だったけど Appleは無線で行っている。

というところ 「Bezel」開発社からのポストもありました。

そんなにとやかく言うことではないけど

パクリ(失礼 インスパイヤ)なんて この業界では当たり前に行われてきたこと でAppleだけを糾弾するわけではありません。

しかし、
「しれっと 自分のところがはじめて開発したよう(にもみえる)」
というのがApple流なのだろう。

でも、Appleユーザーにとっては、ありがたいことなのですが、開発者にとっては、苦労してアイデアを実現した者を 人海戦術で取り込まれてしまうという結果になるわけで

「自分のアイデアをあのAppleが採用してくれた」
という開発社もいるらしいですから 村の中では平和なのかも知れません。

とにかく 便利になることは大切です。

降雨考えると ジョブズの遺産がまだ生きていると言うことになるんだろうな

まとめ

最近のiPhoneは、機能が増えすぎて すでにカオスの状況に入り込んでいるような気がします。

アプリでやることをOSに組み込みすぎなんだろうか?

設定画面では
「意味不明な日本語が乱発されていて TikTokの解説ビデオがなければ使い方がわからない」
なんてことも発生しています。

もちろん、Androidもおなじなんだけど こちらは、かなりシンプルになっているのも事実

詳しくは
The apps that Apple sherlocked at WWDC 2024
を見てください。

   メンタルケアの決定版

-IT小僧の時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.