IT小僧の時事放談

深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい 023/1/16 ~ 2023/1/21

1月

大寒を迎えました。
ここから 約一ヶ月 一番寒い季節になります。

今週は、体調を壊してしまい2日ほど寝込んでしまいました。
年取ると冬は厳しいです。

それでは、先週のおさらいよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

1/16(月)

動画配信サービス『GYAO!』3・31でサービス終了 『GYAO!ストア』『トレンドニュース』も

 動画配信サービス『GYAO!』が今年3月31日午後5時をもってサービス終了すると、公式サイトで16日に発表された。併せて『GYAO!ストア』『トレンドニュース』も終了となる。

公式サイトでは「サービス終了のお知らせ」と題し「誠に勝手ながら、『GYAO!』『GYAO!ストア』『トレンドニュース』は、2023年3月31日(金)午後5時をもちまして、すべてのサービスを終了いたします。(終了時刻は、状況により前後する場合がありますので予めご了承ください。)」と説明。「各サービスをお楽しみいただいているお客様には、多大なご迷惑とご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。何とぞご理解くださいますようお願いいたします」と記した。

続けて「サービス開始より多くのお客様にご支持いただきましたことに、運営チーム一同、深く御礼申し上げます」と謝意を記し、「サービス終了まで短い期間ではございますが、『GYAO!』『GYAO!ストア』『トレンドニュース」を引き続きお楽しみいただけますと幸いです」としている。

また『GYAO!ストア』利用者に対し「2023年2月13日(月)に上の全商品について販売を終了いたします。なお、2023年3月31日(金)に購入済みの商品が視聴できなくなります」と注意を呼びかけている。

『GYAO!』は映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティーなど多様なジャンルをそろえた動画サイト。人気ドラマやアニメの最新話を、テレビ放送終了後に無料で配信し、次話放送開始の直前まで視聴できる。同サイトでしか見られないオリジナル番組も扱っている。『GYAO!ストア』は豊富なコンテンツの中から好きな作品を購入できるサービス、『トレンドニュース』は芸能、アニメ、音楽などのエンタメ情報をオリジナルインタビューやネットの話題を交えて紹介している。

動画配信の巨人達と同じ土俵で勝負しても勝てないというわけで 今後も動画サービスは消えてゆくことは間違いありません。
特化したFANZAやDAZNは生き残ると思いますが・・・


1/17(火)

格安スマホにも番号割り当て 通話料下げ促進 総務省

 総務省は17日、格安スマートフォン会社にも携帯電話番号を直接割り当てる電気通信事業法施行規則などの改正案を有識者会議に提示した。

今年度中に改正する方針。格安スマホ会社が独自の通話サービスを提供しやすくなり、通話料引き下げが期待される。

「080」などで始まる音声通話が可能な携帯電話番号は現在、基地局免許を持つNTTドコモなど携帯大手4社にのみ割り当てられている。格安スマホ会社は大手から番号と通話回線の提供を受けてサービスを提供しており、独自の料金設定などがしにくかった。

通信料金は、劇的に下がりました。

3大キャリアも新しいブランドや、サブブランドも出てきたので格安SIMも厳しくなる状況になるわけです。
まさか、数年でここまで価格が下がるとは思いませんでした。

楽天モバイルは、その価格競争の波に飲み込まれた犠牲者かも知れません。


1/18(水)

米マイクロソフト、約1.1万人の削減検討=報道

[17日 ロイター] - 米マイクロソフトが従業員の5%程度に相当する約1万1000人の削減を検討していると、英スカイニュースが17日、関係筋の情報として報じた。

ブルームバーグ・ニュースは、マイクロソフトが18日に複数のエンジニアリング部門で人員削減を行う計画と報道。今回の削減は過去1年に実施された際を大幅に上回る規模になるとした。オンラインメディア「インサイダー」は、採用担当従業員の最大3分の1が削減される可能性があると伝えた。

マイクロソフトは報道についてコメントを控えた。

規制当局への提出資料によると、昨年6月末時点でマイクロソフトの常勤従業員は22万1000人で、内訳は米国が12万2000人、海外が9万9000人だった。

同社は昨年7月に配置をいくつか削ったことを明らかにし、10月にはニュースサイト「アクシオス」が複数部門で1000人弱が削減されたと報じていた。

米IT(情報技術)業界ではアマゾン・ドット・コムやメタ・プラットフォームズなども需要減速や世界経済の見通し悪化を受けて人員削減を発表しており、マイクロソフトの対応はIT業界のレイオフが続くことを示す可能性がある。

モーニングスターのアナリスト、ダン・ロマノフ氏は今回想定されるマイクロソフトの追加削減について「大局的に見て、状況が改善しておらず、悪化が続く可能性が高いことを示している」と述べた。

マイクロソフトは24日に四半期決算を発表する。

米国経済の下降線によりIT産業も先んじて雇用調整段階に入ったようです。
その波は確実に日本にもやってくるので転職を考えている人は、すぐに行動を起こすことをオススメします。

転職事情は、ヤバくなるときは一気に悪化します。、


1/19(木)

アップル、新型の「HomePod」(第2世代)発表

 アップル(Apple)は、スマートスピーカー「HomePod(第2世代)」を発表した。没入型の空間オーディオに対応する。すでに予約受付が始まっており、2月3日に発売される。

価格は4万4800円。2019年夏に発売された第1世代は当時、3万2800円(税抜)で発売されたが、円安などの状況を経て登場した第2世代は1万円弱、価格が上昇するかたちとなった。

iOS 16.3以降を搭載するiPhone SE(第2世代)以降、iPhone 8以降、iPadOS 16.3を搭載するiPad Pro、iPad(第5世代)以降、iPad Air(第3世代)以降、iPad mini(第5世代)以降で利用できる。

【お詫びと訂正 2023/01/19 11:45】
記事初出時、第1世代との価格差について誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

■ 外観と音響

筒状の「HomePod(第2世代)」は、100%リサイクルのメッシュ生地に包まれ、トップのタッチ面はバックライトが用意される。カラーバリエーションはホワイトとミッドナイト。

大きさは168×142mm、重さは2.3kg。

音響面では、振動板を20mmという幅で振動させるモーター、低音イコライザーの内蔵マイク、5つのビームフォーミングツイーターを備える。

「S7」チップとソフトウェア、システム検知テクノロジーにより、さらに進化したコンピュテーショナルオーディオを実現する。たとえば検知技術では、近くの面からの音の反射を認識。背後にある壁の距離を判断してサウンドをリアルタイムで調整する。ビームフォーミングツイーターのアレイによる方向制御で、周囲の音を分離して、ユーザーへダイレクトに音を届ける。

■ 複数台の組み合わせも

複数のHomePod、HomePod miniがあれば、AirPlayによるマルチルームオーディオにより、同じ曲を再生したり、それぞれのHomePodで異なる曲を再生したりできる。操作は、Siriから、あるいはHomePodのタッチ面を長押しする。HomePodから、別のHomePodへメッセージを送ることもできる。

また、2台組み合わせて左右のチャンネルを分離して、再生できる。

■ アップル製品との連携

iPhoneを近づけるだけで、iPhoneで聞いていた曲、あるいは通話をHomePod側へ引き継げる。

HomePodでは最大6人の声を認識でき、家族それぞれが音声操作でリマインダーを頼んだり、カレンダーのイベントを設定したりできる。

Apple TV 4Kとペアリングしてホームシアターとして楽しめる。

このほか、HomePodの「探す」を使うと、ユーザーは置き忘れたデバイスから音を鳴らして見つけることもできる。

■ スマートホーム機能

煙と一酸化炭素の警報音を検知でき、ユーザーのiPhoneへ知らせることもできる。

HomePod(第2世代)には新たに温度と湿度のセンサーも内蔵されている。たとえば指定した室温になると、自動的にブラインドを閉める、扇風機をオンにするといった設定もできる。

スマートホーム向けデバイスの規格「Matter」をサポートし、ホームハブとしても使える。

ケータイ Watch,関口 聖

生活のすべてをAppleで統一知った人は歓迎と思います。
家電などと接続を考えるとamazon echo一人勝ちには違いないのですが・・・

1/20(金)

グーグル親会社アルファベットが1.2万人削減へ、全従業員の6%

(ブルームバーグ): グーグル親会社のアルファベットは、全世界の従業員の6%に相当する約1万2000人を削減すると発表した。長年にわたり力強い拡大と積極的な採用を続けてきた大手テクノロジー企業の間で、最近は人員削減が相次いでいる。

スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は20日、従業員宛ての電子メールで、世界のあらゆる地域、全部門に人員削減は及ぶと説明。「ここに至った決定の全責任」を自らがとると述べた。

アルファベットを含む大手テクノロジー企業は、インフレ上昇と世界的な景気減速を背景に大幅な事業縮小に踏み切っている。メタ・プラットフォームズやツイッター、アマゾン・ドット・コムはいずれも人員削減を発表した。安定した検索事業のおかげでアルファベットはこれまで持ちこたえてきたが、デジタル広告は減速し、クラウドコンピューティング事業はアマゾンやマイクロソフトに水をあけられている。

ピチャイ氏は「焦点を絞り、コストベースを見直し、人材と資本を最優先事項に振り向けるべき重要な時だ」と電子メールで呼び掛け、人口知能(AI)という「大きな機会がわれわれの眼前にある」と続けた。同社にとってAIは主力の投資分野だが、最近は競争が激化している。

同氏によれば、削減対象となった米国の従業員には少なくとも16週間の退職金と6カ月分の医療保険を支給する。その他の地域については現地の法律や慣習に基づいた退職手当を支払う予定だ。ボーナスには影響しないという。

原題:Google to Cut 12,000 Jobs in 6% Slash to Global Workforce (1)(抜粋)

(c)2023 Bloomberg L.P.

Microsoftにつづき Google お前もか・・・

このブログでも何度か書いたのですが。

IT産業は、景気の下降にいち早く反応し 系行き上昇にい最後に反応する

というわけです。


1/21(土)

厚労相のメアド、闇サイトに流出 ツイッターで使用、複数省庁も

ここまで情報が漏れてしまうと、隠す必要もなくなりました。
自分が気をつけていてもSNSサービス側などで漏洩したら止めようもないわけで

個人情報は、もう流通していることを前提に生活するしかなさそうです。

スポンサーリンク

今週のまとめ

寒いなぁ 春は、まだかなぁ と近所を散歩していたら

梅が咲いていました。

深夜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、おやすみなさい

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.