IT小僧の時事放談

深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい  2021/12/20~2021/12/25

2021年12月26日

12月

クリスマスも終わり、近所のスーパーマーケットも年末年始モードに変わりました。
これが、2021年最後の深夜時事放談となると思います。

今週も寝る前の5分間ほどお付き合い いただけたら幸いです。

12/20(月)

「接種証明アプリ」入力ミス続々、誤った内容が表示される恐れ…政府版きょう稼働 

 新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する政府のスマートフォン向けアプリの運用が20日に始まる。ただ、証明を発行する接種記録システムに登録された情報に誤りや漏れが相次ぎ判明。修正が済んでいない自治体もあり、デジタル庁は、誤った内容の証明が表示される可能性があるとして、使用前に確認するよう求めている。(戸田貴也、古屋祐治)

埼玉県戸田市は、アプリ運用開始に向け、10月下旬から、政府の「ワクチン接種記録システム(VRS)」に登録された2回接種済みの約9万人の記録と、接種時に提出された予診票の照合を始めた。今月15日時点で、5%にあたる約4800人で接種日などの誤入力が判明し、修正を終えた。

政府が自治体にVRSの記録を確認するよう求めたのは9月だ。戸田市の担当者は「全接種者を調べなければならず、もっと早く周知してほしかった」と話す。

デジタル庁によると、VRSの記録の修正が必要なのは16日時点で、全国で約10万人。2回目の接種日が1回目より前になっていたり、ワクチンのロット番号が誤っていたりするケースが多い。このほか、誤りの恐れがある「要確認」は約433万人。誤入力のほか、政府が貸与した専用端末が原因とみられるミスもある。

海外で仕事を刷る人は必要となるけれど、国内では、どうなの?
7割以上が接種している現状で意味があるのかどうか不明

と言っても「なんとかGo」では、必須ということにしてマイナンバーカードの普及を促すことは間違いないだろう。

厚生労働省のページに更新情報が掲載されています。

新型コロナワクチン接種証明書アプリについて(iOS)
新型コロナワクチン接種証明書アプリについて(Android)

Google Play で手に入れよう

AppStoreで入手

あれからどうなった? マイナンバーとマイナンバーカード 待ち受けるのはプロファイリングと選別

12/21(火)

5G網、23年度に人口の9割に 首相表明、現状は3割程度

 岸田文雄首相は21日の記者会見で、第5世代(5G)移動通信システムの人口カバー率を2023年度に9割まで引き上げると表明した。現状は大都市を中心に3割程度にとどまる。デジタル技術で地方を活性化する「デジタル田園都市国家構想」の実現に向け、基盤となるインフラ整備を急ぐ。

政府は19年に初めて5Gの電波を割り当て、NTTドコモなどが基地局建設を続けている。

首相は、離島や山間地の数十万世帯で整備が遅れている光ファイバー網にも言及。30年までに99.9%の世帯をカバーするよう取り組むとした。

首都圏では、5Gを掴むことが多くなってきました。
特別速いのか? と言われると

速い場合もある

という感じです。

5Gの本当の意味は、ラストワンマイル つまり、光回線の工事をしなくても激速回線が自宅でも使えるということに意味があると思います。

NTTは、すでに5Gルーターを販売しています。


12/22(水)

ヤフー「ゲリラや特殊部隊の攻撃が発生」 防災アプリ誤配信

ヤフーは22日、一部のアプリで「ゲリラによる攻撃が起きた」といった誤った内容のプッシュ通知を配信した、と発表した。

発表によると、通知が配信されたのは「Yahoo! JAPANアプリ」「Yahoo! ニュースアプリ」「Yahoo! 防災速報アプリ」。これらのアプリを使っている人の端末に午後3時10分ごろ、「【政府発表】[配信テスト][dev]ゲリラや特殊部隊による攻撃が発生しました。(14時06分)」という誤った通知が配信されたという。

ヤフーは同日、サイト上におわびを掲載し、「お客様にご迷惑をおかけして申し訳ありません」とした。広報によると、テスト中にスタッフが操作を誤ったことが原因だという。

朝日新聞社

IT小僧のスマートフォンにも届きました。
Yahoo! JAPANは、お詫びのページを公開しました。

ところで この速報を信じた日本人がどれだけいたのでしょうか?

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

12/23(木)

四国放送、公式ツイッター「不適切投稿」で謝罪 特定政党を誹謗中傷「原因は調査中」

四国放送(徳島市)は2021年12月23日、特定の政党や政治家を誹謗中傷する投稿が公式ツイッターで行われたとして、ウェブサイトなどで謝罪した。

■「再発防止策を検討して参ります」

四国放送の公式アカウントで21日、特定の政党やその代表を誹謗中傷するツイートが投稿された。10万円給付をめぐるニュースを引用し、ハッシュタグで党や代表の名前を記載した上で、「要らない」「地獄へ堕ちろ」などと呟いていた。

ツイートはすでに削除されているが、SNS上ではスクリーンショットが拡散するなど、問題視する声が広がっていた。

四国放送は23日、公式サイトやツイッターで、

「21日付のこの公式ツイッターで政党を誹謗中傷する内容が発信されました。不適切な内容が発信されたことを深くお詫び申し上げます。事案の経緯および原因については現在調査中です。同時に再発防止策を検討して参ります」

と謝罪した。

四国放送総務部は23日、J-CASTニュースの取材に、謝罪は拡散した上記のツイートに関するものだと認めたうえで、調査の結果を公表するかどうかについては「検討中」だと答えた。

 

SNSの怖いところは、瞬時に世界中に伝わってしまい、訂正が聞かないことである。

アルバイトのバカが、仕事中にやらかしたことを得意になってにアップしているけど その代償は高いのです。

この放送局の場合、原因不明 とあるけど 誰かが公開したことは間違いないわけです。

四国放送さん コレコレさんの本を読みましょうね

告発 誰も晒せなかったSNSのヤバすぎる闇 (書籍)

 

12/24(金)

楽天モバイルの不具合は年内解消へ 金子総務相が見通し

金子恭之総務相は24日、閣議後の記者会見で、楽天モバイルで米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を使っている利用者の間で着信ができない不具合が発生している問題について、楽天から年内には問題が解消する見込みだと報告を受けたと明かした。金子氏は「適切に解消されるか注視する」と述べた。

不具合は楽天モバイルの回線でアイフォーンを利用した場合、電話を受けても着信の表示が出ないというもので、苦情は総務省にも届いていた。23日に問題解決に向けたネットワークの改修に着手しているという報告が楽天側からあったという。

また、同日の会見では今春以降、携帯電話各社が相次いで提供を開始した低廉な携帯料金プランの加入件数が11月末時点で約2930万件に達したことも発表した。同省によると、一般利用者向けの携帯電話契約数の約2割に相当するという。

金子氏は「今後とも乗り換えを阻む障害は是正し、競争環境の整備に向けて取り組みを進める」とし、携帯料金改革の手を緩めない姿勢を強調した。携帯電話料金をめぐっては、菅前政権の要請を受けNTTドコモやKDDI、ソフトバンクなど携帯電話各社は相次いで従来よりも割安なプランを打ち出していた。

この話って 最初に楽天が発表するのが筋でしょう
知っていて ほったらかしにして、それでもなおiPhoneを売り続けるとは、公共サービスをしている企業としぇいていかがなものか?
おそらく欧米のGAFAのようにミスを謝らないというスタンスなんだろうけど

ここは、日本だからね

auの回線を停止しまくって電波が入らなくなった人も多数いるのにほったらかしである。

公共サービスの産業化と地方自治 「Society5.0」戦略下の自治体・地域経済

12/25(土)

安保影響データ59件流出か 三菱電機サイバー攻撃

防衛省は24日、防衛装備品を受注する三菱電機が昨年1月に受けたサイバー攻撃で、安全保障に影響を及ぼす恐れのあるデータファイル59件が外部に流出した可能性があるとの調査結果を発表した。同省は現行制度よりも厳格で米国の調達基準と同程度のなサイバーセキュリティー基準を今年度中に設けるとしている。

【表でみる】7社が個人情報を中国に…主要企業アンケート

三菱電機は昨年1月、中国にあるサーバーからサイバー攻撃を受けたと発表。外部に流出した可能性のあるデータファイルの中に安全保障上、影響を及ぼす恐れのあるデータが3件が含まれていることが判明した。その後、防衛省は三菱電機で保管されている防衛に関するデータファイル2万件を全て調査、さらに56件見つかった。

同省は漏洩(ろうえい)したデータについて、外部に知られていることを前提とした対応を取るなどして保全措置を取った

情報漏えいなんて日常茶飯事なのでいまさら驚かないけれど
どうせ あの国やあの国がやっているんでしょ

そちらに対してクレームを言ったら良いけど 言えないんだろうね

いまそこにある中国の日本侵食

Amazon Echo | Beyond the Distance 距離は超えられる

ehho showは、まじで面白い。
音楽、ラジオ(radiko)、タイマー、ニュース、天気予報 そしてテレビ電話
安くてスマートフォンより簡単である。

 

今週のまとめ

深夜時事放談 つれづれ話 2021年の更新は、これで最後です。
本年もこのシリーズを読んでいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

来年は、どうなっているのだろうか?
想像もできない明日が続きそうです。

深夜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、おやすみなさい

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

※当ブログの記事は、まだまだ続きますのでお間違えのないように

-IT小僧の時事放談
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.