小僧の教えてIT

アプリ開発者にとって最適なパソコンとは何か?

プログラマーは世界をどう見ているのか (SB新書)

IT小僧は、いい歳してまだプログラムを書いています。

iPhone、Android、PCなど 主にクライアントアプリが多いのですが、サーバー構築&開発、データベース設計など幅広く行っております。

そんな、プログラムバカ? 失礼 アプリ開発者にとって最適なパソコンとは何か?
検証してみました。

今回の小僧の教えてITは、
アプリ開発者にとって最適なパソコンとは何か?
について考えてみよう。

小難しい話をわかりやすく解説しながら記事にまとめました。

スポンサーリンク

アプリ開発者と言ってもいろいろとございまして

アプリ開発者と言ってもいろいろなフィールドがあるので一概には言えませんが、共通することは、

16G以上のメモリー
512G以上のストレージ

これだけです。

WindowsもMacも共通です。

よく、最低 8G以上あれば大丈夫なんて記事がありますが
それは、最低であって マイクロソフトオフィスを使っての事務作業ならともかく、開発作業となれば

16G以上のメモリー
512G以上のストレージ

が必須であると考えています。

開発作業というのは、いかに効率的に作業するかと言うことなので Chromeなどのブラウザー、Slackなどのメッセージ、Termsなどを立ち上げたまま作業をしていると思います。

Dockerなども使っている方もいらっしゃると思います。

これらに加えて
開発環境(Unitu,Xcode,Visual Studio ・・・)を快適に稼働させるためには、16G以上のメモリーが必要です。

どうですか?

これでも メモリー 8Gで大丈夫なんてないと思います。

パソコンについて

パソコンは、Windows か Macしかありません。

「俺は、Linuxで大丈夫」

と言う人もいると思いますが、開発現場では、依頼主を打ち合わせなどが必要です。

Web会議が動作する環境も必要でしょう。
この場合、ブラウザが動けば問題ありませんが、依頼主からのドキュメントが、MicrosoftOfficeのドキュメントが多いと思います。

また、納品物もMicrosoft Officeのドキュメントが指令される場合があるのでLinuxだけでは、厳しいです。

注意したいのは、MacでMicrosoft Officeのドキュメントを開いたり作成した場合、依頼主のほとんどがWindows環境のため作成時に注意が必要です。
※特にフォントを合わせることや、圧縮した場合の「.DS_Store」「__MACOSX」というファイルが組み込まれてしまうことがあるので要注意です。
※Macのファイル特性を知らない人は、「変なファイルが紛れている」とクレームを言われる場合があります。

残念ながら、企業で取り扱う文書の多くが、Windows + Microsoft Officeなので依頼主に合わせることが賢明でしょう。

と考えると 開発環境は、Windowsで決まり

と言いたいところですが、ひとつだけ 問題点があります。

「iPhoneの開発には、Macの環境が必須です。

これだけは、どうしようもありません。

ただし、Macがあれば、Androidの開発もできるのでスマホなどの開発がメインの人は、Macのほうがよいでしょう。

スペックのまとめ

では、ここまでの話をざっくりまとめてみよう

iPhone/iPadなどApple製品の開発をする人

  • M1チップ以降
  • メモリー:16G以上
  • ストレージ:512G以上
  • MacBook Pro/Air でも Mac miniでもよい
  • MacBookの場合は、外部モニターが必要

2022 13インチMacBook Air: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD - ミッドナイト

2022 13インチMacBook Air: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD - ミッドナイト

 

iPhone/iPadなどApple製品の開発をしない人

条件

  • Core i5 より上位
  • メモリー:16G以上
  • ストレージ:512G以上
  • ノートでもデスクトップでもOK
  • ノートの場合は、外部モニターが必要

MINISFORUM DeskMini UM250 二代目 ミニpc AMD Ryzen Embedded V1605Bプロセッサー DDR4 16GB 256GB SSD Windows 10 mini pc Radeon Vega 8 Graphics 4kトリプルディスプレイ出力 2.5Gbps LAN付き ミニパソコン

MINISFORUM DeskMini UM250 二代目 ミニpc AMD Ryzen Embedded V1605Bプロセッサー DDR4 16GB 256GB SSD Windows 10 mini pc Radeon Vega 8 Graphics 4kトリプルディスプレイ出力 2.5Gbps LAN付き ミニパソコン

MINISFORUM DeskMini シリーズは、省スペースで後からメモリー、ストレージ追加など拡張性もあるし、なにより場所をとらない。
3Dゲーム開発を除けば、たいていなことが十分に稼働するスペックでしかも5万円台というコスパよしPCです。

本格的だったら このレベル以上が必要です。

アプリの開発で使用する環境は、メモリーなどハイスペックが要求されます。
本格的な3Dゲームの開発には、チップはよりハイスペック、メモリーはあればあれだけ快適になります。

アプリ開発以外ならば、それほどメモリーやストレージは必要ないと思いますが、あればあれだけストレスなく開発できるので予算に応じて開発環境を整えてください。

それと ネット環境も重要です。
どんなにパソコンのスペックがよくてもネットの接続環境が悪ければ ストレスがたまります。

まとめ

アプリ、システム開発の重要なところは、開発環境だとIT小僧は思っています。
マウスで何かをクリックしたら そのたびに待たされるようでは、集中力が続かないし、モチベーションが落ちる。

あとは、予算次第というところですが、メモリーを最優先して欲しい。

プログラム開発は、想像以上に神経を使うのでストレスをなるべく排除することが最重要なことなのです

 

-小僧の教えてIT
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.