※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

スマートフォンは2027年までに交換可能なバッテリーを搭載する必要とする規制案を欧州理事会が採択

ついに欧州の添加の宝刀 負けそうになったらルール替えと法規制

世界中のスマートフォンメーカーは、どのように動くのか?

欧州理事会がポータブルバッテリーやリチウム電池等に関する規制案を採択しました。後は法案の署名を待つのみとなり、法案が成立すれば、メーカーはスマートフォンを含む家電製品全般に組み込まれたバッテリーを取り外し可能にすることを求められます。

Council adopts new regulation on batteries and waste batteries - Consilium
https://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2023/07/10/council-adopts-new-regulation-on-batteries-and-waste-batteries/

Phones with replaceable batteries to be required by 2027 thanks to the EU
https://www.androidauthority.com/phones-with-replaceable-batteries-2027-3345155/

2023年時点で出回っているスマートフォンの多くは内蔵バッテリーを容易に取り外すことができず、無理やり取り外すと補償の対象外となることもあります。バッテリーの交換が難しいとバッテリーの回収率にも悪影響が生じ、バッテリーに含まれている貴重な資源を再利用することができなくなるという問題にも発展することから、欧州理事会および欧州議会がバッテリーに関する規制案の採択を押し進めていました。

スマホのバッテリー交換をガラケー並みに簡単にする法案がEUで可決、スマホの使用可能期間延長に期待 - GIGAZINE

2023年6月14日には欧州議会による関連法案の承認が行われ、続いて2023年7月10日に欧州理事会でも採択が行われたため、後は法律の制定に向けて欧州議会および欧州理事会の署名を待つのみとなっています。

この法案では、生産者に対して廃ポータブルバッテリーの回収目標値を設定するほか、リサイクルの際の要件を定め、家電製品に組み込まれたバッテリーをエンドユーザーが取り外せるよう設計することを求めています。

続きは、こちらから

スマートフォンは2027年までに交換可能なバッテリーを搭載する必要があるという規制案を欧州理事会が採択、世界中のスマートフォンに影響を与える可能性 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230714-replaceable-batteries-regulation/

2023年07月14日 11時58分

予想されていたように欧州のスマートフォンに対する規制が始まりました。

米国、中国のメーカーはこれに対してどのような対応を取るのだろうか?
特にiPhoneはどうなるか? Appleの出方に注目です。

海外メーカー(欧州)では Fairphone というパーツの交換が出来るスマートフォンが登場しています。
また、NOKIAも同様なスマートフォンを発表

5年のアップデートを保証し、バッテリーの交換などで長く使えるスマートフォン
このトレンドについて行けないメーカーは、欧州から追い出される可能性が高くなってきました。

スポンサーリンク

フェアトレードスマートフォン Fairphoneは、ビジネスとして成立するのか?

フェアトレードコーヒーと ...

続きを見る

持続可能なスマートフォンが主流になる アップデート期間 7年が当たり前の時代

iPhone 14が、あまり売れていない ...

続きを見る

修理可能な低価格スマートフォンに注目 Nokia G22から学ぶこと MWC Barcelona 2023

世界中の通信メーカーが最 ...

続きを見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fairphone 4【地球環境に優しく修理もしやすい長く付き合える海外スマホ】
価格:138,500円(税込、送料無料) (2023/7/14時点)

楽天で購入

 

 

アニメ見放題ならコスパ良し

-IT小僧の時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.