IT小僧のブラック時事放談

au通信障害で思うこと L字型で情報を流したらいかがですか?

貧乏人が激怒する ブラック日本の真実 「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント

au(KDDI)が、障害を起こし、約3日間にわたる (事実上)使い物にならない状態に陥った。

SNS、メッセージ、地図にカーナビ、緊急事態通知に電子決済とauユーザーの多くの人は、困った状態に陥った。

今回のIT小僧のブラック時事放談は、
au通信障害で思うこと L字型で情報を流したらいかがですか?
と題して、情弱どころか、バカが騙されるということについて考えてみました。

ブラック時事放談というカテゴリーなので治外法権で記事にします。

それでは、最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

日本で史上最大の通信障害

事実上3日間 使い物にならなかった au(KDDI) スマートフォンだけではなくIoT機器などネットに接続しているあらゆるものが影響を受けました。

IT小僧は、「使い物にならなかった」と表現しましたが、au的には、「繋がりにくくなった」と表現していて

「繋がらない」と発表してしまうと約款の記述に引っかかり損害賠償問題になるので「繋がりにくくなった」と表現して、「完全に繋がらないわけじゃないんだよ」と言い訳を言っているような気がしてならない。

正確には、「まったく繋がらない(電話以外)」わけではないので「繋がりにくくなった」と表現しても問題とは言えない

事実、7月3日 IT小僧のINFOBARは、アンテナが❌になった消えたりを繰り返していた。
電話は、7月4日の夕方近くにできるようになったけど それまでは、「使い物にならないほど電話が繋がらなかった」わけである。

これまでも携帯電話会社の通信障害は何度かありました。

直近で調べてみると

SoftBankは、2018年(3060万件 約4時間半)
「ソフトバンク通信障害、3060万件に影響 過去最大級」
https://www.asahi.com/articles/ASLDD32QWLDDULFA002.html

docomo 2021年(1290万人 約29時間)
NTTドコモ 先月の大規模通信障害 延べ1290万人に影響
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211110/k10013341441000.html

というニュースが見受けられますが、事実上3日以上にわたって「使い物にならないほど電話が繋がらなかった」なんてことは、史上最大の通信障害」と言っていいだろう

バカが露見される

auの通信障害が発生した7月2日(土)におかしなニュースが流れた。

「auの携帯電話店舗に開店前から並ぶ人たち」

おそらくスマートフォンが使えなくなったと店舗に並んだと思うのですが、正直言って

「情弱の極み」の映像だった。

それを知っていてニュース映像にするのもテレビ局の下衆なやり方なんだろうけど
朝からテレビでもニュースで「KDDIで大規模な通信障害が発生仲」と報道しているのに なんで店舗に並ぶのか?
店舗に並んでいる人たちは、テレビもラジオも何もない人たちで情報はすべてスマートフォンだけなんだろうか?

もっとも大行列というわけではなく、数十人くらいだったので 「バカがそれほど多くない」ということもわかる。

そもそもニュースで

「KDDIで大規模な通信障害が発生仲」
と流しても「自分は、auだから関係ない」と思った人も多いだろう。

はっきりと「auのスマートフォンで通信障害が起きている」とニュースで言えば、よいものを KDDI などと言っているから勘違いしている人が出てくる。

もっと悪いことに「俺は、iPhoneだから スマートフォンじゃないし・・・」なんて バカもいるので そこはきちんとニュースで報道すべきである。

もっともこういう店舗に並ぶ人たちは、まともにニュースなどみないから 何を言っても仕方がない。

公衆電話などどこにあるんだ

テレビのニュースで「KDDI(au)で通信障害が起きている」と報道された当初

「緊急のときは、固定電話 または、公衆電話を使ってください」
とニュースを通じて伝えられた。

固定電話も減っている状況ですが、出先で何か起きた時に公衆電話などどこにあるのだ
とお怒りの人もいたらしい。

なかには

「公衆電話を探してネットで検索したけど繋がらない」

まぁ そうですね。
そもそも 公衆電話が撤去されていて どこにあるのか知らない。

さらに

「使い方がわからない」

という人も若い人を中心にいるそうだ

「人の触った電話機なんて汚い」

なんてこともあったらしい。

しかも 「困ったときのWi-Fi」なんですが、Free Wi-Fiもコンビニから撤去されていて

まさに電波難民となってしまったようです。

テレビの報道は、その後 「緊急のときは、固定電話、または、他の人の電話を借りて」という報道に変わっていきました。

L字型で情報を流したらいかがですか?

携帯電話会社は、インフラとして重要ですから

テレビ局は、道路情報や鉄道事故のように

「KDDI、auで全国的に電話、スマートフォン、iPhoneで電波が繋がりにくくなっている」

とL字型で情報を流し続けるべきである。

テレビのワイドショーなどで識者と呼ばれるみなさん、エセ評論家、シナリオを読むだけの芸人も「携帯電話は、インフラ」と言っているわけですから

「現在 KDDI(au)で全国的に電話、iPhoneなどのスマートフォンで電波やネットが繋がりにくくなっています。復旧の見通しは、立っておりません」

とL字型で情報を流せば、いくら情弱でもわかるだろう。

「携帯電話は、インフラ」ですよね ならば これぐらいするべきである。

「KDDI(au)は、民間企業だから・・・・」

という人もいると思うけど JRだって私鉄だって民間企業ですから 同じことです。

もっともKDDIのCMをたくさん流している民放テレビでは、絶対にできないでしょうけど

バカがひっかかる

こんな記事を見かけました。

7月2日未明から続いているauの大規模な通信障害を巡り、KDDI社長が記者会見で見せた対応が素晴らしかったと話題になっています。

会見では、高橋社長は「お客さまには多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした」と陳謝した後、通信障害の概要や影響、原因、対応、再発防止策などについてスライドを用いて説明しました。

称賛されているのは、高橋社長がこれらの必要な情報を“端的に”説明していること、質疑応答で高橋社長らが「コアルーター(※1)は全国数台すべてを交換したのか?」「深夜2時頃にVoLTE(※2)交換機にトラヒックの輻輳(ふくそう)が起きるものなのか?」など、技術的な質問にも“慌てふためいたり助けを求めたり”せずに、すぐに回答していることです。

SNS上では「KDDI社長の会見すごかった」「信頼度爆上がりした」「トップがこれだけの技術を把握している企業は素敵な会社だと思います」「エンジニア目線で見るとKDDIはとても恵まれた環境にあると思いました」などの声。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2207/04/news120.html

Twitter上でも記者会見を絶賛する人が見受けられました。

気持ちの悪いぐらい持ち上げているので

「ネットで誘導しているのか?」

とへそ曲がりのIT小僧は、「バカが釣れてる」思うのですが、この意見に素直に反応して「KDDIは、凄い会社」「好感度上がった」という人もいると思う。

そもそも

「信頼度爆上がり」
ならば、こんな事故は起こしていないし

「トップがこれだけの技術を把握している企業は素敵な会社だと思います」
ならば、3日間もこんなことにはならない

「エンジニア目線で見るとKDDIはとても恵まれた環境にあると思いました」
ならば、事故を起こしたエンジニアは、なんなんだろう?

確かに間違いは起こる。
どんなに注意をしていても間違いや事故は発生します。

しかし、その事故をどこまで防げるか ということが、インフラで利益を得ている会社の責任である。
そして事故が起きた場合、短時間で復旧させるというのもインフラで利益を得ている会社の責任である。

ゲーム会社のサーバーダウンとはわけが違うのである。

IT小僧は、金融のシステムを構築、保守をしていたので どれだけ 無事に運営するのが、厳しく神経をすり減らす仕事であるということは身にしみている。

しかし、「社長の記者会見」をきちんと見返すと 技術的なことを言っていますが、利用者目線の説明がされていなくて、どうあるのか指針が出ていなかった。

もちろん、復旧の目処など 簡単に言えないのはわかっているけれど・・・

でも「原稿まる読みの国会討論」などよりは、ものすごく優秀な記者会見に違いない。

今後、社長には、技術畑の人が、多くなる可能性があると思います。

自社の仕事をきちんと把握できないと このような記者会見はできないからである。

KDDIの記者会見は、今後 社長人事に影響が出るきっかけになりそうです。

バカ記者もひっかかる

こういう技術畑のひとが、社長だと 素人のバカ記者に効果てきめんであった。

なにしろ 社長の言っていることが理解できないので まともな質問ができない。

約款を「やくぎ」と言っている記者がいることをみてもわかるだろう。

もっとも なんとか新聞 とか なんとか放送の記者は、大量に広告費をつかってくれるKDDIに対して

「口を噤むしかない」

ここで 社長に恥を欠かせたら 仕事を失う可能性もある。
自己保身は仕方がない。

それが人間だから IT小僧だってこの場にいたら、黙っていただろう。

みんな 生活が大事なんだよ

自己犠牲の正義の味方なんて物語の上だけなのさ

自己を守るためには、複数契約しかない

このような事故は、今後も発生すると思われます。
鉄道などの事故とは違い、携帯電話の障害は、避けることができます。

要は、メインで使っている携帯電話会社と別の携帯電話会社を契約すればよいだけで

幸い、格安SIMならば、月数百円である程度つかえるのでスタンバイとして持っておくのもよい

  • docomo ⇒ au,SoftBankのどちらかの格安SIM
  • au ⇒ docomo,SoftBankのどちらかの格安SIM
  • SoftBank ⇒ docomo,auのどちらかの格安SIM

という仕組みで契約しておけば いざという時に助かります。

格安SIMの会社では、大手がよいでしょう 例えば IIJmioとかmineo(マイネオ)である。

最近のiPhoneならば eSIMで契約しておけば2つの回線を一台のiPhoneで使うことができる。

また、Androidならば、デュアルSIMカードがセットできる端末を選んだり、電話だけできるような携帯電話を用意するのも良いと思います。

やり方は、「デュアルSIM」で検索すれば いくらでも やり方は出てくるのでそちらで見てください。

まとめ

どこかの掲示板でこのような言葉を言っている人を見かけました。

もう総白痴化に近い状況だから何を言っても通じない
文章も動画もまともに読めない・見れない人が大半で、誰かが切り出した物でしか内容を確認できない
内容といってもどんな単語が使われたか、どんなシーンがあったかくらいしか理解できない
あとは誰かの感想にのっかってヒステリックに叫ぶだけ
一番やりたいのは誰かを叩くことだからその理由なんてたいして重要じゃない

もうこのとおりの世の中になっている。
自分で調べもしないで「ネット上で言われているから」と鵜呑みにして信じてしまう。

こういう人が多いと 意図的に情報操作することなど簡単で、かつて 新聞やテレビで必死になっていた「特定の情報操作や流行をつくる人々」にとって こんな楽なことはない。

インフルエンサーをカネで雇えばいいだけの簡単なお仕事になりつつある。

ほら、参議院選挙をみれば わかるよね

「責任政党でないので 耳触りの良い言葉を並べる人たち」

自分で調べて自分の頭で考えよう

ここが、ネット社会でいちばん重要なキーワードであると思っている今日このごろである。

スポンサーリンク

 

-IT小僧のブラック時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.