※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

「イスラエルの偽情報」拡散 EUがTikTokに対応要請

イスラエル vs ハマス 戦争が続き 結局 多くの市民に犠牲が生じている。

戦争状態になると情報戦も活発で特に昨今ではSNSによる情報発信が多くなってきています。

TikTokは、ハマスによるイスラエル攻撃を受けて、偽情報や暴力的なコンテンツの拡散に対処するための計画を24時間以内に策定するよう、欧州連合(EU)から要請された最新のSNSプラットフォームとなった。

欧州委員会のティエリー・ブルトン委員は、TikTokの周受資(ショウ・ジ・チュウ)CEO宛てに書簡を送り、EUのデジタルサービス法(DSA)に沿って、プラットフォーム上の偽情報に対処するための計画を24時間以内に策定するよう促した。

ブルトン委員は、TikTok上で、印象操作された写真や無関係な動画がEU域内で、違法なコンテンツや偽情報を広めるために使用されていると指摘した。同委員は、子どもたちに広く利用されているTikTokが「暴力的なコンテンツから子どもたちを守る特別な義務を負っている」と指摘した。

TikTokの広報担当者はフォーブスの取材に、同社が書簡を受け取り、完全に対応するつもりだと述べている。X(旧ツイッター)のオーナーであるイーロン・マスクとメタのマーク・ザッカーバーグCEOも、偽情報への対応に関する同様の書簡を受け取った。欧州委員会は、XがDSAに準拠しているかどうかを調査しており、同プラットフォームに10月18日までに情報を提供するよう求めている。

ブルトン委員は、書簡の中で、TikTokがタイムリーかつ真摯に違法なコンテンツを削除する必要があると述べている。DSAは、大規模なオンラインプラットフォームが、人々のプライバシーを保護し、安全やセキュリティを維持することを求めている。

続きはこちらから👇

Forbes Japan
TikTokで「イスラエルの偽情報」が拡散、EUが対応を要請

https://forbesjapan.com/articles/detail/66664?module=article_related
2023.10.13

スポンサーリンク

一般ニュースでさえフェイクが多くなっている状況ですから、SNSもフェイク情報が多数流れている。
今回は、TikTokに対してEUが要請しているわけですから イスラエル寄りの対応となるわけですが、

イスラエル側は、フェイク動画を流していないのだろうか?

どっちもどっちという感じもしますけど・・・

なぜなら イスラエル(企業や政府)はこんなこともやっていましたから

スパイ
イスラエル 市民をスパイするためにスパイウェアを使った(らしい)

このブログで何度か取り上げた iPhoneでさえ覗き見ることができるスパイウェア ペガサス(Pegasus) そのスパイウェアが、一般市民に使われた(のではないか?)という疑惑が起きている。 今回のI ...

続きを見る

iPhoneだってAndroidだって、中身をのぞけちゃうぞ! イスラエル セレブライト(Cellebrite)社がTwitterで宣伝

どんなに親しい間柄でも「スマートフォン」を覗き見してはならない! スマートフォンの覗き見は、時として取り返しのつかない溝をつくることになる。 親子だったら家出 夫婦だったら離婚 恋人同士だったら・・・ ...

続きを見る

WhatsApp Pegasusを訴える スパイウェアを販売している会社があるのです。

世界には、スパイウェアを販売している会社があるのです。 会社名は、 NSO Group イスラエルの企業です。 今回のIT小僧の時事放談は、 WhatsApp Pegasusを訴える スパイウェアを販 ...

続きを見る

そもそも フェイク動画かどうかの判定できるのでしょうか?

でも TikTokのAIまじで優秀だからな できるだろうな

   メンタルケアの決定版

-IT小僧の時事放談
-, , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.