IT小僧の時事放談

楽天モバイル コスト削減で店舗大量閉店か?

2022年12月13日



楽天モバイルの店舗が大量に閉店しているらしい。

Twitterで情報拡散

情報源は Twitter

"楽天モバイル 閉店" で検索すると次から次へと表示されます。

日本郵便と提携しているので郵便局の片隅に設置されていたり、大型家電店に店舗が移動している。

もともと、店舗でもあまりサービスが良くなかったと言う人もいて ネット契約と変わらないという話も合ったわけです。

docomo

dococmoも急速に店舗を閉めている状況なので路面店が廃止、大型家電店、ホームセンター内だけになってゆくことでしょう。

街から携帯ショップが消える日 ドコモショップ700店閉鎖へ

以前 「街から携帯ショップが消える日がやってくる」 と言う趣旨で記事を書いてきました。 そして、それは、いよいよ現実味を増してきました。 2022年度に100店 NTTドコモがドコモショップ400~5 ...

続きを見る

街から携帯ショップが消える日がやってくる? ahamoで加速するネット契約の影響とキャリアの本音

ahamo:月額2980円 povo on au:月額2480円(かけ放題を追加したら 月額2980円) SoftBank on LINE:月額2980円 なんと 3社とも20Gの通信量と4分間通話定 ...

続きを見る

携帯電話通信の料金が安くなる一方でコストを下げて利益を各ほおするという流れになるはずで 他の携帯電話会社も同じようになるはずである。

ビジネスチャンスあり

スマートフォンの機種変更をこれまで店舗でしかやってこなかった人にとって店舗がなくなることは死活問題となる。

別に年寄りだけとは限らない、若い人でも自分でSIMカードを交換したことがない人は多いと思う。

そういう人が、スマホ難民になる可能性が多いわけです。

彼ら彼女に対して新たなサービスが展開されるはずで 出張サービスなども発生するかも知れません。

 

 

-IT小僧の時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.