日本のIT屋に一言

スキルアップに役に立たない ダメ会社にとっとと見切りをつけよう

スキルアップ! 情報検索―基本と実践 新訂第2版

給与が低い
労働時間が長い
会社の雰囲気が良くない
仕事が単調

20代、30代のみなさんでこのように考えている人多いと思います。

今回は、お仕事のお話です。
スキルアップに役に立たない ダメ会社にとっとと見切りをつけよう
というお題で特に若い人は、

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

あなたの務めている会社いかがですか?

会社も成長中、年収 800万円、有休 たっぷり、スキルアップもできそうで 長く務められそう

こういう人は、今のところ辞める必要はありません。
[FORBESでも見てビジネスチャンスを探してください。](https://forbesjapan.com/)

一方

会社が下降線、給与は下がるか横ばいが続く、有休取りずらく、毎日同じ仕事、体育会系でワンマン社長
スキルアップどころか なんのノウハウも得られない

もし、20代、30代でこのような会社で仕事をしているとしたら

すぐに会社を探すか、独立を目指すことをオススメします。

大切な時間をダメ企業ですごすほどもたいないことはありません。

とっとと辞めるべきです。

自分の運営している別サイトですが、参考になるかも知れません。

ITバブルで儲けた経営者に一言 成功した企業と落ちぶれる企業の差

長年エンジニアをやっていると妙な嗅覚が働くものである。 「このプロジェクトヤバくない」 案件の相談に営業と話している時にふと言葉に出して「営業から嫌われる」ことが多かった。 案の定、その案件は、泥沼化 ...

続きを見る

契約するまで天使の顔 契約後は悪魔に変異する ブラック企業にご用心

会社で仕事をするということは、究極な意味で 「人生で最も大事な時間を切り売りしてカネをもらう」 ということである。 IT小僧は 以前 「こんな会社に入ったら すぐに逃げなさい 」 なんて記事を書きまし ...

続きを見る

目立たないビジネス

とある企業 過去の成功で会員数を抱えこんだのでサービス向上を怠っています。

いまどき、こんな時代遅れなサービス使わないよ
誰が契約するんだ こんなネットサービス

と一見思いますが、

ひと月無料で契約してくれるとポイントをあげるよ
ポイントほしさに大量のアフィリエイトで広告
一ヶ月前に解約してくれれば無料ですから
と誘い
解約忘れに期待する

数百円程度の契約を携帯電話料金払いで契約させて毎月莫大な利益を上げているような会社
まだまだ たくさんあるんですよ

「(解約を)忘れてくれたら美味しい事業」
つまり。解約を忘れたら 永遠に毎月お金が入ってくるわけです。

このような事業の場合、なるべく ユーザーを刺激しないように振る舞うので 新しいサービスなど行いません。

目立つとダメなのです。

だらだらと務めるもったいなさ

例えば、前述したような企業の場合、コストを減らし、仕事はマニュアル化してあるので

スキルなどほとんど必要ありません。

若い人材を雇い、辞めたら補充する

というサイクルなので給与を抑えることで利益を上乗せしてゆきます。

若い社員は、マニュアルに従うだけで スキルアップなどありません。

こういう会社は、慣れてしまうと抜けられなくなります。
毎月、ほどほどの給与は出るし、激務でもない、マニュアルに従うだけなので楽な作業

「ボーナスも支給されるし ま いいか・・・」

あぶないあぶない 罠に嵌まっています。

あなたのスキルアップは、停滞しています。

会社の慣れてしまい、ダラダラと過ごす内に年齢が上がり 転職しようにもどうしようもない年齢になったら終了です。

スキルがあれば、ある程度の年齢でも転職可能ですが、マニュアルだけの作業と上司に気に入られるだけでは、若くても転職が厳しくなります。

すぐに逃げ出す用意をしてください。

転職チャンス

転職するには、漫然と転職サービスに登録するだけではだめです。

自分の能力を判断して買ってくれるところを選びましょう

積極的に 求人サービス ではなく エージェントサービスに登録することをお勧めします。

エージェント方式ならば、企業との橋渡しの可能性や、求人票に掲載されない企業から声がかかるかも知れません。

40代、50代

この年齢までくると なかなか 転職の幅が狭くなってきます。

自分は、49歳で転職しましたが、コンピュータ技術者ということで まだ 少しは求人がありましたが、

100社以上応募して面接まで到達できたのが、10社ほど という確率です。
かなり厳しいと言わざる得ません。

求人の仕事をしたこともありますが、求人票には、年齢制限が表示されていません(法律でできなくなっている)
しかし、申し込みのうち(内容も見ずに)40再以上をカット なんてこともざらにあります。

正社員への道は、かなり厳しいと言わざる得ません

こちらも他サイトで掲載した記事ですが、参考になるかも知れません。

49歳の転職活動で経験したことを書きました。【45歳リストラ時代】

富士通が、45歳以上を事実上のリストラ対象とした2018年から2019年にかけて 「45歳 リストラ」 というキーワードが、ネットだけではなくテレビニュースでも注目されはじめました。 景気が悪いことを ...

続きを見る

49歳で転職に成功した男の話 高年齢転職活動記録

景気が悪化している。 インチキな日経225の株式市場は、景気の状況を表していない。 今回の日本のIT屋に一言は、 49歳で転職に成功した男の話 高年齢転職活動記録 と題して、景気悪化、業績不振、リスト ...

続きを見る

45歳定年説が強くなる一方で 企業は、安い給与で仕事をさせられる 人材難が続いています。

まとめます

20代、30代の人は、現在、務めている会社が今後 そうなるか?
真剣に考えてください。

会社と一緒に沈没することなど愚かなことです。

また、会社以外でも 多くの人的交流(コネつくり)と最低限 英会の知識、会話が必要な時代になります。

英語は、環境さえ整えば 覚えることができます。
問題は、モチベーションと環境作りなので ぜひ 英会話スクールで海外の人と話す機会を増やしてください。

英国の友人が、よく言っています

日本人は、驚くほど英語を話さない

スキルは、他の人ができないものを身につけるべきです。
今なら 英語でさえも 有効なスキルと思ってください。

-日本のIT屋に一言
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.