※本ページはプロモーションが含まれています

今日のAI話

AIが核兵器を発射することを防ぐ法案がアメリカで提出される | 今日のAI話 ChatGPT vs Bard と仲間達

 

映画「ターミネーター」シリーズを見たことがある人の中には、AIであるスカイネットが反乱し核兵器を使用したことで起きた核戦争の描写が印象に残っているという人も多いはず。このような未来を回避するため、アメリカの超党派議員らのグループがAIによる核兵器の使用を禁止する法案についての議論を開始しました。

Bipartisan US Bill Aims to Prevent AI From Launching Nuclear Weapons
https://www.commondreams.org/news/artificial-intelligence-and-nuclear-weapons

国防総省は、2022年度の核態勢の見直しで「大統領による核兵器使用の開始と終了の決定に情報を提供し、また実行するために重要なすべての行動に関する重要なグループのメンバーは、引き続き人間によるものとする」という方針を打ち出しています。

アメリカのエド・マーキー上院議員は2023年4月26日に、この国防総省の指針を成文化する法案である「Block Nuclear Launch by Autonomous Artificial Intelligence Act(自律型人工知能による核発射阻止法案)」を、下院議員のテッド・リュウ氏、ドン・ベイヤー氏、ケン・バック氏らと共同で連邦議会に提出したことを発表しました。

マーキー上院議員は声明の中で、「ますますデジタル化していく時代に生きる私たちは、核兵器を指揮、制御、発射する力をロボットではなく人間が単独で持つようにする必要があります。だからこそ、この法案を議会に提出できたことを誇りに思います。核兵器のような最も危険な兵器による、生死に関わる武力行使の決定を下すには、常に人間が関与しなければなりません」と話しています。

また、リュウ氏はTwitterへの投稿で「AIは素晴らしいもので、私たちの暮らしをより良くしてくれていますが、私たちを殺すこともできます。AIがどんなに賢くなったとしても、核兵器をコントロールできるようにしてはなりません。そこで私たちは、あらゆる核兵器の発射に人間を必要とする超党派の法案を提出しました」と述べました。


続きは 

AIが核兵器を発射することを防ぐ法案がアメリカで提出される - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230428-prevent-artificial-intelligence-nuclear-weapons-bill/

AIの進化が加速度的になっている。 やがて と言うより すでに 自分で自分を高めていると思う

世界中に溢れているネット上の情報を貪り学習をしている。

すでにブレーキを踏むことは出来ない可能性もあり、人類の生死を握る日も近い。

なんてSFの世界っぽい話をしていますが、数年後 どのようになっているのか誰もわからない。というのが本当のところだろう。

今日のAI話 ChatGPT vs Bard と仲間達のアーカイブはこちらにまとめてあります。

AI技術の最前線 これからのAIを読み解く先端技術73



   メンタルケアの決定版

-今日のAI話
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.