※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

Apple Watch Series 9とUltra 2 公式販売停止(米国)政府が決定 Apple:判断を不服として上訴

来る済ます商戦を前にして大ピンチ
発売したばかりなのに・・・
販売中止とは・・・

ついに最高機関が販売停止を決定しました

公式販売停止(米国)政府

2023年12月26日

アメリカ国際貿易委員会(ITC)が販売停止を判断
☞アメリカのジョー・バイデン大統領はITCの決定を覆す「大統領拒否権」を発動しないことを決定
と言うわけで Apple Watch Series 9とUltra 2 は、米国で販売停止と命令が下りました。

2023年10月にApple Watch Series 9Apple Watch Ultra 2に搭載された血中酸素濃度測定機能が別企業の特許を侵害しているとの判断をアメリカ国際貿易委員会(ITC)が下したことに続いて、ITCは2023年12月26日にApple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2に対してアメリカへの輸入禁止命令を下しました。さらに、アメリカのジョー・バイデン大統領はITCの決定を覆す「大統領拒否権」を発動しないことを発表しました。

USTR Statement on Section 337 Review | United States Trade Representative
https://www.ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/press-releases/2023/december/ustr-statement-section-337-review

Apple files appeal after Biden administration allows US ban on watch imports | Reuters
https://www.reuters.com/technology/biden-administration-allows-us-trade-tribunals-ban-apple-watch-imports-2023-12-26/

Apple is now banned from selling its latest Apple Watches in the US - The Verge
https://www.theverge.com/2023/12/26/24012382/apple-import-ban-watch-series-9-ultra-2

一連の騒動の発端となったのは、医療機器メーカーのMasimoが、2021年に「Apple Watch Series 6以降のモデルに搭載された『血中酸素濃度測定機能』が、自社が持つ特許を侵害している」と提訴したことです。

この訴訟では、2023年10月にITCがMasimoの訴えを認め、Appleに対して「この機能を取り除かない限り、アメリカへの輸入を禁止する」との排除命令を下しました。また、過去に輸入されたものについても、該当する機能を持つデバイスの販売を停止するようにAppleへ命じています。

続きはこちらから👇

Apple Watch Series 9とUltra 2のアメリカでの公式販売停止を政府が決定、Appleは判断を不服として上訴 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20231227-apple-watch-sales-ban-usa-decided/
2023年12月26日

Apple Watch Series 9とUltra 2の販売は、決定的になったわけですが、Appleは、さらに提訴してくるでしょう。
しかし、クリスマスシーズンで販売できない状況となったことは間違いありません。

その後ですが、最終結論は、2024年1月12日に決定されそうです。

Appleは連邦巡回控訴裁判所に対し、Masimoの特許を侵害しないように製品の再設計を行うことを報告し、それで特許侵害を回避できるかどうかアメリカ税関および国境警備局による判断が下されるまで販売停止措置を保留するように求めています。なお、アメリカ税関は2024年1月12日に決定を下すとみられています。

このっま行くと 米国で Apple Watch Series 9とUltra 2を入手することはできなくなることになります。

参考までに今のところ日本では入手できますのでご安心を

株式が大幅ダウンとなっているのは、この問題が影響しているのでしょうか?

それとも このニュースが流れているから?

【米国株動向】「マグニフィセント・セブン」銘柄で、ウォーレン・バフェット氏が保有するアップル[AAPL]を悲観視する理由

https://media.monex.co.jp/articles/-/23498

中国のiPhone使用禁止が拡大、国有企業や政府機関で-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-12-15/S5Q7NPT0AFB400

Apple Watch Series 9とUltra 2の販売を中止

Appleが2023年9月に発売したApple Watch Ultra 2Apple Watch Series 9のアメリカでの販売を間もなく中止すると発表しました。これはApple Watchに搭載されている血中酸素センサーをめぐる特許紛争が原因です。

Apple halting Apple Watch Series 9 and Ultra 2 sales: Here's why - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2023/12/18/apple-halting-apple-watch-series-9-and-apple-watch-ultra-2-sales/

Apple halts US sales of Watch before Christmas after losing patent case
https://www.ft.com/content/52a15bec-8dc2-4a19-9749-8b353c53035c

Apple to pull Apple Watch Series 9 and Ultra 2 this week due to ITC ban - The Verge
https://www.theverge.com/2023/12/18/24006080/apple-watch-ban-series-9-ultra-2-itc-import

AppleはApple Watchに搭載されている血中酸素センサーが特許を侵害しているとして、医療機器メーカーのMasimoから訴訟を提起されています。この訴訟では、2023年10月にアメリカ国際貿易委員会(ITC)がMasimoの訴えを認め、Appleに対して「この機能を取り除かない限り、アメリカへの輸入を禁止する」との排除命令を下しました。

Apple Watchの血中酸素ウェルネス測定機能は医療機器メーカー「Masimo」の特許を侵害しているとの裁定をアメリカ国際貿易委員会が下す - GIGAZINE

ITCの判決を受け、本件はジョー・バイデン大統領による審査期間が設けられることとなっています。バイデン大統領は輸入禁止措置に対する拒否権を行使することもできますが、アメリカの大統領がこれまでに拒否権を行使した事例はほとんどありません。

AppleはITCの判決に従うための措置を「先制的に」講じるため、Apple Watch Ultra 2とApple Watch Series 9の販売を中止すると発表しました。Apple公式のウェブストアは現地時間の2023年12月21日の15時から、アメリカの小売店舗では2023年12月24日から、対象となるApple Watchの販売を中止します。

この訴訟では、2023年10月にITCがMasimoの訴えを認め、Appleに対して「この機能を取り除かない限り、アメリカへの輸入を禁止する」との排除命令を下しました。また、過去に輸入されたものについても、該当する機能を持つデバイスの販売を停止するようにAppleへ命じています。

続きはこちらから👇

AppleがApple Watch Series 9とUltra 2の販売を中止、血中酸素センサーの特許紛争をめぐり - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20231219-apple-halting-watch-series-9-ultra-2-sales/
2023年12月19日 10時28分

スポンサーリンク

日本で影響があるかどうかは現時点で不明

裁判次第で再販の可能性もあるでしょう。
おそらくAppleですから あらゆる手段で解決しようとすると思います。

Apple Watch Ultra 2とApple Watch Series 9がいつまで販売中止となるのかは不明で、バイデン大統領がITCの判決を支持した場合、Appleは連邦巡回控訴裁判所に上訴することができます。Appleは9to5Macに対して、2023年12月26日に控訴する予定であると伝えました。ただし、Appleが控訴してもApple Watch Ultra 2とApple Watch Series 9の輸入および販売禁止措置が解除されることはありません。

でも ほしい人は急ぐ必要があるかも知れません。

Forbesからも記事が出てきました。
記事に被らないところを抜き出しました。

アップル、米国でApple Watch Series 9とUltra 2の販売をまもなく停止


対象は全世界?

そうではない。米国内のみで、アップルによる販売のみが対象だ。アマゾンなど他の販売経路からは、在庫がある限り購入できる。

永遠に?

その可能性は低いと思われる。アップルはこれを一時停止(pause)であると説明している。大統領審査期間は12月25日に終了するので、もしバイデン政権が裁定を却下すれば、時期は未定だが、販売は再び可能になる。ただし、これはアップルにとって都合の良い結果であり、絶対にあり得ないわけではないが、ありそうもないと思われる。アップルは控訴するかMasimoと和解する可能性もある。

大統領審査期間の結果にかかわらず、これは深刻な事態だ。要するに、米国に住む血中酸素濃度測定機能のついたApple Watchが欲しい人にとって、時間はなくなりつつある。

アップルの声明はこう続く、「アップルはこの命令に強く反対しており、Apple Watchが確実に顧客にわたるように、あらゆる法的および技術的選択肢を追求している。命令が支持された場合、Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2をできるだけ早く米国の顧客に戻せるように、アップルは引き続きあらゆる手段を講じる」

続きはこちらから👇

アップル、米国でApple Watch Series 9とUltra 2の販売をまもなく停止
https://forbesjapan.com/articles/detail/68128
2023.12.19

さて いつ再開されるのでしょうか_

続報:再開に向けて対応中 Apple

続報が入ってきました。

アップルはホリデー商戦の書き入れ時にスマートウォッチの販売を継続するために、前例のない緊急対応を開始したと報じられている。
血中酸素濃度の測定機能を巡っては、10月に米国際貿易委員会(ITC)が、アップルが医療機器メーカーのMasimo(マシモ)の特許を侵害しているとして輸入禁止命令を下しており、アップルは今週、これに応じるために販売を停止すると発表した。同社は、apple.comのオンラインストアで21日から、実店舗では24日から、この2機種の販売を中止する。

しかし、このニュースが報じられた直後に、アップルがこれらのモデルの販売継続を可能にするためのソフトウェアの修正に取り組んでいることが明らかになった。ブルームバーグのマーク・ガーマンは19日、アップルが大急ぎで「ユーザーの血中酸素濃度を測定するデバイスのアルゴリズムに変更を加えようとしている」と報じた。

「アップルは、前例のないリスクの高いエンジニアリングの努力に打って出ようとしている」と、ガーマンは述べている。ITCによる禁止令は、バイデン政権が土壇場になって覆す可能性もあるが、25日に発効する予定だ。

アップルは、ソフトウェアに変更を加えることで、特許侵害を回避できると考えている模様だ。しかし、ガーマンが指摘するように、この係争の中心となっている特許の大半は、血液中の酸素量を測定するために皮膚に光を照射する方法などのハードウェア関連のものとされる。

アップルは回避策を提出する準備を進めているが、マシモはソフトウェアの修正では不十分で、「ハードウェアを変更する必要がある」と主張している。ハードウェアを変更するためには長い時間が必要であり、ある情報筋によれば、新たなモデルを生産し出荷するまでには少なくとも3カ月が必要だという。

続きはこちらから👇

アップル、Apple Watchの販売継続に向け「緊急対応」開始
https://forbesjapan.com/articles/detail/68166
2023.12.20

ソフトウェアで変更して機能停止で勘弁して・・・
というわけですが、難しそう

でも一縷の望みあり

バイデン政権が拒否権発動の可能性も

バイデン政権が拒否権発動の可能性はなくなりました。

最期は、大統領判断
バイデン大統領 支持率低下でやばそうなんで どうするか・・・

一方、バイデン政権がITCの命令に拒否権を発動する可能性もある。2013年にオバマ政権は、一部のアップル製品の米国輸入を禁止したITCの命令に拒否権を発動したが、この時は、アップルを韓国企業であるサムスンが特許侵害で訴えたことが原因だった。

アップル、Apple Watchの販売継続に向け「緊急対応」開始
https://forbesjapan.com/articles/detail/68166

2023.12.20

政治的決着もありそうですね

バイデン大統領の支持率が、トランプ候補?より下になっていたと一部報道
支持率回復のたにどうするか?

アメリカ国際貿易委員会(ITC)に対して販売停止命令の延期を求めていたものの却下

アメリカ国際貿易委員会(ITC)に対して販売停止命令の延期を求めていたものの却下

ごねても無駄です。
と判定されてしまいました。

Appleは「Apple Watchが他社の特許を侵害している」としてApple Watch Ultra 2Apple Watch Series 9のアメリカでの販売停止を命令されています。新たに、Appleがアメリカ国際貿易委員会(ITC)に対して販売停止命令の延期を求めていたものの却下されたことが明らかになりました。

Certain Light-Based Physiological Measurement Devices and Components Thereof
(PDFファイル)https://www.usitc.gov/secretary/fed_reg_notices/337/337_1276_notice12202023sgl.pdf

Apple loses attempt to halt Apple Watch sales ban - The Verge
https://www.theverge.com/2023/12/20/24010011/apple-loses-attempt-halt-apple-watch-sales-ban-itc

2020年に登場したApple Watch Series 6以降のApple Watchシリーズには血中酸素濃度を測定できる「血中酸素ウェルネスアプリ」が搭載されています。しかし、Appleは医療機器メーカーの「Masimo」から「血中酸素濃度測定機能が自社の特許を侵害しいている」として2021年6月に提訴されており、2023年1月にはITCがMasimoの訴えを認めてAppleの敗訴を宣言。その後、2023年10月27日にはITCがAppleに対して「この機能を取り除かない限り、アメリカへの輸入を禁止する」という排除命令を下しました。

続きはこちらから👇

Apple Watch販売停止を巡ってAppleの販売停止回避策をITCが却下 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20231221-apple-watch-sales-ban/
2023年12月21日 10時56分

ITCの命令はAppleによる直接販売を対象にしたものであり、Amazonなどのサードパーティー販売店でApple Watch Series 9やApple Watch Ultra 2を販売することは問題ありません。また、命令は「アメリカへの輸入」を対象にしているため、日本を含むアメリカ以外の国ではこれまで通り販売を継続できます。

日本は問題なし いまのところ

日本では問題なさそうです。

この騒動がどのように着地するかは、まだ定かではないが、米国でクリスマス前にアップルウォッチを買いたいと思っていて、特にSeries 9やUltra 2を狙っている人は、購入を急いだほうがいいだろう。より手頃な価格のApple Watch SEを買いたい人は、この問題の影響を受けないので心配はない。

さらに言うと、すでに血中酸素濃度のモニタリングが可能なApple Watchを所有している人にも、この問題は影響を与えない。今回の措置は、この機能を持つデバイスの販売を禁止するものだ。

アップル、Apple Watchの販売継続に向け「緊急対応」開始
https://forbesjapan.com/articles/detail/68166
2023.12.20

血中酸素濃度のモニタリングが可能なApple Watchを所有している人にも、この問題は影響を与えない
機能を持つデバイスの販売を禁止するもの

裁判の行方でどうなるかはわかりmさえんが・・・

アニメ見放題ならコスパ良し

-IT小僧の時事放談
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.