※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

多発するバグ対応のため iOS、iPadOS、macOS 新機能開発を一時停止

アップル社のOS開発が呈しているようです。

Forbus社によると

アップルがiOSなどの新機能開発を一時停止、多発するバグの対処に専念
と言う記事が出ています。

アップルは現在、iOS、iPadOS、macOSの開発を一時的に停止するという、珍しい措置をとっているようだ。このことは、既存のiPhone、iPad、Macの次期OSアップデートや、2024年に計画されている新しい製品の発表に影響を与えるだろう。

ブルームバーグにマーク・ガーマンが寄せた記事によると、アップルは最近、iPhone、iPad、Macのソフトウェアに新機能を追加する作業を、一時的に停止しているという。これは、各OSに発見された通常よりも膨大な問題群への対処を優先するためだ。

「先週、社内で従業員に伝えられたこの延期は、初期のバージョンでバグが多発したことから、品質管理を徹底するためのものだった」と、この発表を知る関係者は語っている。同社のエンジニアには、新機能を追加するよりも、欠陥の修正とソフトウェアのパフォーマンスを向上させる仕事が課せられたとのこと。この件は非公開だから身元は明かせないという関係者は述べている。

ガーマンの情報筋によれば、今回の遅延の原因となったバグの多発は、最初の大きな開発マイルストーンで起きたという。この開発マイルストーンは「M1」と名づけられている。まぎらわしいが、Appleシリコンの「M1チップセット」の話ではない。どんな大規模プロジェクトでもそうだが、一時的に停止してプロジェクト全体を精査する時期があるものだ。今回、アップルのエンジニアたちはその時期に次期バージョンのOS、特にiOS、iPadOS、macOSの開発において、M1以前のテストでは見逃していた多数のバグを発見した。

解決策は、M2に向けた開発作業の開始を一旦停止させ、全員でバグ探しを行うほかない。

この一時停止が、OSのアップデートや新製品の発売にどの程度の影響を与えるのか、今のところ不明だ。アップルは通常、ハードウェアの新製品とソフトウェアのメジャーアップデートを同時に発表するが、2023年に予定されていた主な製品の発表はすでに終えた。iPadとMacBook Airシリーズのアップデートは2024年前半になると見られている。ガーマンの指摘によれば、この開発停止には、iOS 17.4と呼ばれる現行のiOS 17のアップデートも含まれるという。iPhoneとiPad向けのこのアップデートは、2024年第1四半期後半にリリースされる見込みだ。

主要なプロジェクトはこの停止に巻き込まれるものの、アップルによるこの手の一時停止は「珍しい」出来事だとみなされている。

Forbus Japan
アップルがiOSなどの新機能開発を一時停止、多発するバグの対処に専念
forbes.com 原文
2023.11.09

スポンサーリンク

「先週、社内で従業員に伝えられたこの延期は、初期のバージョンでバグが多発したことから、品質管理を徹底するためのものだった」

開発を一時停止するほど問題が多かったのだろうか?

iPhoneでBMWで充電するとトラブルというバグが先日修正されたばかりですが、Android端末からすると
ワイヤレス充電でなんでトラブルの??? というものである。

また以下のコメントが出ているところをみると
「解決策は、M2(時期OSバージョン)に向けた開発作業の開始を一旦停止させ、全員でバグ探しを行うほかない。」
顕在化されていないバグが多いと推測される。

また、このことで 他のプロジェクトにも影響が出ているらしいということも報告されている。

開発社支店から想像できるのですが、
「IOSは、多くの機能追加により 多発的に不都合が生じていると思います。AndroidOSの初期版もそうでしたが、Googleが書き直したため現在は安定しています。」
iOSもそろそろ 書き直して 整理するタイミングに来ているのではないでしょうか?」

どちらにしろ これは好ましいことで ここで多くの問題を解決してほしいものだと思っています。

   メンタルケアの決定版

-IT小僧の時事放談
-, , , , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.