※本ページはプロモーションが含まれています

IT小僧の時事放談

ThreadsとXの方向性 見かけだけの高級料理よりジャンクフードの方が手軽で美味しいという話

Threads(スレッズ)使っていますか?
Xがあれ(イーロン・マスク氏が暴走)のとき
「ThreadsこそTwitterの代わりだ」
と多くの人が、この出来損ない?(失礼 開発途中)のSNSに飛びついた。

IT小僧も例外なく(というより新し好き)でThreadsを導入しましたが
いまいちの感じしてならない。

今回のIT小僧に時事放談
ThreadsとXの方向性 見かけだけの高級料理よりジャンクフードの方が手軽で美味しいという話
と題してThreadsが「ニュースイベント」ではなく「より前向きでフレンドリーな議論の場」という方針になっているというお話です。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

プラットフォーム上でニュースを強調するつもりはありません

Instagram責任者、Adam Mosseri(アダム・モセリ)の言葉

Threadsは「プラットフォーム上でニュースを増幅させるつもりはない」と発言
https://www.threads.net/@mosseri

What’s happening right now in Israel and Gaza is devastating. The latest reports of terrorism and massacres are bone-chilling. Innocent people are dying. I have family in Israel which has made the violence that much more gut wrenching for us. My heart goes out to the people in the region, and to all of you who have friends and loved ones affected.

翻訳すると

私たちはニュースに反対しているわけではありません。明らかにThreadsには既にニュースがあります。人々はニュースを共有できます。人々はニュースを共有するアカウントをフォローできます。私たちはどちらか一方を妨害するつもりはありません。ただし、プラットフォーム上でニュースを強調するつもりはありません。それを行うことは、プラットフォームの成熟度、過度の約束のデメリット、および賭け事を考慮すると、リスクが高すぎるからです。

翻訳:ChatGPT

キーになる言葉は、
「プラットフォーム上でニュースを強調するつもりはありません」

ニュースの邪魔はしないけど 積極的にニュースに特化しない

というわけです。

事実、Threadsでは、ハマスのテロ攻撃関連のニュース記事をアップしている記者をブロックしていない。

Threadsはニュースの邪魔をしている

ワシントンポスト紙によると

スレッドがニュースの邪魔をしていないというモッセリ氏の指摘は誤りである。同社はすでに「新型コロナウイルス」など、ニュース価値のある多くの検索語をブロックしている

と報じている。

つまり、ニュースに関してのフィルターで特定の話題は削除している。

これは、ある意味でフェイクニュースを広めないという意味もあるが、ニュースの即時性を失わせている可能性もある。

マーク・ザッカーバーグ氏は、最近のVergeのインタビューで、
「Threadsのニュース回避が(大規模なディスカッションの場を作成)するための解決策」
と答えています。

つまり今のThreadsは

ニュースイベントを中心に会話を生み出して議論を引き起こすのではなく、ザッカーバーグ氏が述べたように「より前向きでフレンドリーな議論の場」になりたい

という考えでこれは、InstagramやFacebookと同じ方向性に持って行きたいということになります。

しかし、それでXからユーザーを引っ張ってこれるでしょうか?

インするエンサーの宣伝の場

Instagramは、かつて 写真好きな人が互いの写真をシェアして楽しむという世界でした。
しかし、いまは、どうでしょうか?

多くの広告とインフルエンサー・マーケティングの場になっていませんか?

写真ではなく 宣伝の場所になりつつあります。
通販サイトと言っていいでしょう。
情報商材もたくさん紹介されています。

さらに、TikTokに負けまいと動画を導入したため 他との区別も付かない状態です。

SNSとして、流行れば正解なんでしょうけどインフルエンサーの広告媒体で写真好きが集まってくるでしょうか?

Instagram(インスタグラム)を通販サイトにしたやつは、誰だ!

最近、Instagramは、「広告」が多くなってきた。 いや! 広告は、いいんです。 「インターネットは、広告と個人情報がなければ、成り立たないもの」 ですから。 どこかのIT企業は、そこをよく解って ...

続きを見る

大いに疑問です。

Threadsは、Instagramから写真を取り除いただけと言っていいかもしれません。

「我々は、Xとは違うんだ」

なんて言っている人がいますが、滑稽としか言いようがありません。

より前向きでフレンドリーな議論の場

「より前向きでフレンドリーな議論の場」にしたいマーク・ザッカーバーグ氏ですが、実情はどうでしょうか?

Instagramから流れてきたインフルエンサーとその信者の人が集っているのを多く見かけます。

怪しげな情報商材の呼び水として使われていないでしょうか?

ひとは、聖人君子ばかりではなく 星人の言葉など退屈でしかありません。

「より前向きでフレンドリーな議論の場」
よりも ごちゃごちゃした おもちゃ箱をひっくり返した方が面白いのです。

つまり

見かけだけの高級料理よりジャンクフードのほうが、美味しい場合もあるのです。

まとめ

XだけではなくSNSでは、大くんフェイクニュースが流れています。
それを信じるか信じないは個人によりますが、ニュースを見たかったら 国内外のニュースサイトを見てください。

特に海外で配信されているニュースと国内に流れているニュースを見比べれば
国内のニュースがどれだけフィルターをかけ 時には、意図してニュースを流していることがわかると思います。

特に民放のニュースは、スポンサーに気を使い、大手プロダクションに忖度し、世界的に批判されている性被害を起こした犯罪者を庇い 見知らぬふりをしていました。

さて 話を戻して
個人的に Threadsですが、面白いかと言えば 微妙でなにもThreadsである意味は無いと思っています。
ビジネスならば LinkedIn が有用だし、動画ならば YouTubeやTikTok 写真共有ならば Xでも問題ありません。
それと Threadsは、写真のアップロードが以上に遅いんだよな なぜだろう?

Clubhouseまでに落ち込まないとは思うけど Threadsはどうなの?

Xでいいや と思う今日この頃である

参考 TechCrunch
https://techcrunch.com/2023/10/11/instagram-head-says-threads-is-not-going-to-amplify-news-on-the-platform/

   メンタルケアの決定版

-IT小僧の時事放談
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.