IT小僧の時事放談

WWDC 2022 直後スペシャル Appleは、何を発表したのか? ネットで探ってみた。(TechCrunch:直訳)

Worldwide Developers Conference
アップル ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス
通称 WWDC 2022
日本時間6月7日午前2時 開催されました。

相変わらず 気持ちい悪い生首を並べている WWDCのポスターが目立ちます。

Google I/Oでは、観客を目の前にしての開催でしたが、こちらは(WWDC 2022)は、今年もスティーブ・ジョブズ・シアターに入れず 屋外からモニターで参加となった。
それでも 炎天下の下でも熱心な観客は楽しそうだった。

さぁ さっそく何が発表されたのか、駆け足でみてみよう。

Here’s everything Apple just announced at the WWDC 2022 keynote

当記事は、Techcrunch.com の記事をGoogleで翻訳し、読みやすいように再構成したものです。

スポンサーリンク

iOS 16

最初にiOSの新バージョンからみてみよう

ロック画面

  • カスタマイズに、サードパーティアプリのウィジェットを含むウィジェットのサポートが可能
  • 通知画面の下から「ロールイン」されるようになり、「ライブアクティビティ」APIを使用すると、開発者はリアルタイムで通知を更新できるようになる。

iMessage

  • 最近のメッセージを編集または「送信解除」したり、スレッドを未読としてマーク

SharePlay

  • ストリーミングされた映画を友達と同期して視聴できるようになりは、FaceTimeだけでなく、iMessageでも機能

Live Text

  • 写真で検出したテキストを翻訳および置換できるため、知らない言語のメニューなどをより簡単に読むことができるようになった。

Apple Pay Later

  • Apple Pay Laterを使用すると、ApplePayの購入を無利子の4回の支払いに分割できます。Appleによれば、ApplePayが機能する場所ならどこでも機能するという。

Map

  • 大規模なマップのオーバーホールは、「フランス、スイス、ニュージーランド、ベルギー、イスラエル、リヒテンシュタイン、ルクセンブルグ、モナコ、パレスチナ自治区、サウジアラビア、オランダ」など、今年多くの新しい場所で行われる予定です。また、マルチストップルートのサポートも改善されています。

Apple News

  • お気に入りのスポーツ/チームに特に焦点を当てたニュースをフォローできるようになります。
    ファミリーシェアリングを使用してお子様のiPadのスクリーンタイムを制限すると、お子様はiMessageを介してより多くの時間をリクエストできるようになります。

フォト

  • 家族と共有ライブラリを使用できます。写真を撮るときに、写真を共有ライブラリに入れるか、個人ライブラリだけに入れるかを切り替えることができます。

CarPlay

  • 大規模なオーバーホールを受けています— Appleは基本的に、あなたの車のインストルメントクラスター全体を引き継ぐことを目指しています。速度の読み取り、燃料計、AC制御などをサポートします。もちろん、どこで何が機能するかは、自動車メーカーが何を許可しているかによって異なります。Appleは、ここで「来年後半」にさらに多くのニュースを期待すると述べています。

iPadOS

  • 「ステージマネージャー」と呼ばれる新しいデスクトップスタイルのウィンドウ管理機能が搭載されており、画面上で複数のウィンドウ/オーバーラップアプリを同時に実行できます。

アップルウォッチ

  • 4つの新しいウォッチフェイス:天文学、月、「プレイタイム」、「メトロポリタン」。
  • 新しい「バナー」通知により、画面全体を常に占有することなく、最新の状態に保つことができます。
  • Apple Watchは、垂直振動(ランニング中に「上下に移動する量」)、歩幅、地面との接触時間を含む、いくつかの新しいランニング指標を追跡できるようになります。
  • iOSのFitnessアプリ は、Apple Watchを持っていない人でも有効になるので、誰でもそれらのリングを閉じることができます。

 

  • 睡眠追跡では、心拍数モニターと加速度計を使用して、いくつかのZzzをキャッチしようとしているときに、4つの異なる睡眠段階(覚醒/レム/コア/ディープ)で費やした時間を判断します。

  • Apple Watchは、医師が心不整脈を監視し、治療が効果があるかどうかを判断するのに役立つ「心房細動の履歴」を追跡できるようになります。

M2

Appleは、特注のM1チップセットの導入で業界を揺るがしました。これは、ずば抜けたパフォーマンスとワイルドな電力効率を兼ね備えています。非常に高速ですが、どういうわけか、ラップトップのバッテリーは1日中持続します。

これで、適切な名前のM2が戻ってきました。Appleによれば、M2 CPUはM1より18%高速であり、GPUは35%高速です。

新しいMacBookAirと長所!彼らはAirの特徴的なチーズウェッジ形状を捨て、より標準的なフラットデザインを選択しています—厚さはわずか11.3mmですが。

誰もがこれまで以上にビデオ通話を行う中、Appleは時間をかけてMacBook Airの内蔵カメラを呼び出し、2倍の解像度(1080p)と大幅に改善された低照度性能を約束しました。

13.6インチの液体網膜ディスプレイ、キーボードに組み込まれたTouchID、MagSafeサポートを備えています。Appleによれば、2つのUSB-Cポートを備えたスリムな充電器を提供し、新しいMacBook Airは急速充電をサポートして、30分の充電でバッテリーを50%にすることができます。価格は1,199ドルからで、「来月」に発送されます。

 

macOSVentura

  • 「ステージマネージャー」 もmacOSに登場し、一度に1つか2つのアプリに集中する方法として売り込まれています。実行中のアプリを「グループ化」できます。グループをタップすると、選択したグループを前面と中央に配置しながら、他のアプリを最小限に抑えることができます。Spotlightは少し見直されています。豊富な結果を新しいスクロールビューに取り込むことができ、実際に開かなくても、見つかったファイルをすばやくプレビューするなどの操作を実行できます。
    メールアプリは、送信取り消し、送信スケジュール、および時間指定のリマインダーをサポートしています。メール内の検索はよりスマートになり、タイプミスを自動的に修正し、同義語を検索する方法を知っています。
  • Safariは、パスワードの代わりに「パスキー」を使用できるようになります。これは、GoogleとMicrosoftとともに構築されたシステムであり、テキストベースのパスワードを使用せずに生体認証(指紋センサーや顔認識など)を使用してWebサイトやアプリにログインできます。
  • Continuity Camera: iPhoneのカメラは、ラップトップに組み込まれているカメラよりもほぼ確実に優れています。そのため、Appleは、macOSでのビデオ通話にiPhoneのカメラを使用できるようにします。iPhoneをラップトップに固定するのは少しおかしなように見えますが、品質への影響はおそらく重要な電話にとっては価値があります。iPhoneの広角レンズをトリッキーな画像操作と組み合わせて使用​​するワイルドな「デスクビュー」機能もあり、シミュレートされたオーバーヘッドビューでデスクで行っていることをキャプチャします

 

 

まとめ

Here’s everything Apple just announced at the WWDC 2022 keynote
当記事は、Techcrunch.com の記事をGoogleで翻訳し、読みやすいように再構成したものです。

ですから 日本語が怪しいのですが、日本のニュースとは違うと思われます。

正直 ネタ切れ感が強い

なにより 現在のものを改造しただけで進歩なし
唯一 M2チップの登場だけ

せっかくM2を搭載していてデザインもいいんですが、画面にノッチをつけたことですべて台無しだと思うんだけどな
それほどまでにベゼルの太さが気に入らないのか?

ほらiPhoneをWebカメラがわりにできるのだからカメラなんていらなくないですか?

結局 小手先ばかりの発表で新しいコンセプトは何もな異状態が、数年続いているという結論です。

スポンサーリンク

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.