※本ページはプロモーションが含まれています

今日のAI話

「AIを使った動物とのコミュニケーション」を実現させる試みが進行中 | 今日のAI話 ChatGPT vs Bard と仲間達

AIが人間と同レベルの知性を獲得する日は来るのか?」という質問に5人の専門家が回答

近年はAIを利用した画像生成や高性能なチャットが注目を集めていますが、AIは芸術だけでなくさまざまな科学的研究にとっても役に立つ可能性を秘めています。新たに、GoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloudが、機械学習を用いて動物とのコミュニケーションを実現しようとする非営利団体・Earth Species Projectの取り組みについてブログで紹介しました。

Can generative AI lead people to understand animals? | Google Cloud Blog
https://cloud.google.com/blog/transform/can-generative-ai-help-humans-understand-animals-earth-species-project-conservation


近年はAIを用いて動物の鳴き声を分析する研究が注目を浴びており、クジラの歌を解析して会話を試みるプロジェクト「CETI(Cetacean Translation Initiative:クジラ目翻訳イニシアチブ)」が海洋学者やAI研究者によって進められているほか、鳥の鳴き声を録音してAIで鳥の種類を識別するアプリも登場しています。

Earth Species Projectは2018年、機械学習を用いて地球に生息するさまざまな動物をよりよく理解し、コミュニケーションを取ることを目的に設立された非営利団体です。Earth Species Projectの共同創設者であるAza Raskin氏は、「人間である私たちの理解力は、物事を知覚する能力によって制限されています。AIがすることは、私たちが知覚できる範囲を広げることです」と述べています。

「本当に人間以外の動物も言語的なコミュニケーションを取っているのか?」という疑問もあるかもしれませんが、鳥の歌は世代を超えて伝承されており新たに生まれた歌が3000kmもの距離を伝わって流行することなども知られているほか、シジュウカラは単語や文法を持つ言語を操るという研究結果も報告されています。また、チンパンジーの膨大な鳴き声を解析した研究では、12種類の異なる鳴き声を組み合わせて390通りの構文を作っていることも示されました。

続きは 

Googleが協力する「AIを使った動物とのコミュニケーション」を実現させる試みが進行中 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230426-ai-help-understand-animal-communication/

動物と人とのコミュニケーション

未来SFドラマ スター・トレックの時代でも 他星人との会話は翻訳機があるけれど 動物ともコミュニケーションは実現していない。

データ少佐と飼い猫スポットをみればわかります。

動物(ひっくるめて)ですが、言語体系があるのだろうか?
鯨の鳴き声というのは、聴きますが、それは、会話なのか? それとも通信手段なのか? よくわかりません。

昔の米国のテレビドラマ 「わんぱくフリッパー」レベルならば、AIなど必要ないかも知れませんが・・・

[amazonjs asin="B00REEMROC" locale="JP" title="頑張れフリッパー(字幕版)"]

今日のAI話 ChatGPT vs Bard と仲間達のアーカイブはこちらにまとめてあります。

AI技術の最前線 これからのAIを読み解く先端技術73



アニメ見放題ならコスパ良し

-今日のAI話

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.