※本ページはプロモーションが含まれています

2025年の崖

経済産業省の「DXレポート」に書いてある「2025年の崖」とはなにか? あと半年後に迫っているんですけど

2018年にブログに掲載した記事ですが、2025年は来年です。 最大で年間12兆円もの経済損失があると経済産業省は言っていますが、本当でしょうか? 日本のオフィスでは、 相変わらず EXCELでドキュ ...

昭和100年問題 レガシーなシステム大丈夫ですか? もうひとつの2025年の崖問題

COBOL 2019年5月1日 年号が変わります。 IT小僧は、オジサンなので、昭和から平成、平成から????と 2回年号が変わるののを体験することになります。 平成の幕開けは、日産自動車の「お元気で ...

そんな古いシステム捨ててしまえ! 悩んだら、全部捨て去る勇気も必要です

長年、人間をやっていると、ややこしい場面に遭遇することが多々あります。 ややこしいと言っても 「結局 最初から 答えは、決まっていて」 「その理由付けに ウダウダと悩んでいる場合が多い」 そんなときは ...

「2025年の崖だって! そんなこと言っている状況じゃない」ということで日本企業のデジタル化は絶望的

物事には、優先順位というものが存在する。 2020年でいえば、 「オリンピックより新型コロナウィルス対策」 そう「スポーツの祭典」より「声明のほうが大事」というわけです。 今回のIT小僧の時事放談は、 ...

2022年どころか、2020年に前倒してIT不況がやってくる。

以前、当ブログで2022年にIT不況がやってくるというような記事を書きました。 「消費税増税、オリンピックが終わり、金融系の大型プロジェクトが終了、業務案件は、クラウドパッケージに置き換わり 国内での ...

2025年の崖どころか、ITにかける予算が縮小、システムの老巧化を心配するより 会社が生き残れることが先決

すでに家電業界は、消滅寸前、スマートフォンなど国内メーカなど惨憺たる状況、トドメは、自動車産業でEVが世界中で普及したら、部品メーカーをはじめ国内産業に大きな影響が出るでしょう。
そんな状況で「ITに予算を突っ込める」のは、一部の企業とお役所ぐらいです。

2025年の崖の前にITバブル崩壊の予感 2020年は、2001年のITバブルの再来となってしまうのか?

消費税が増税になった。 たった2% されど2% 10万円の買い物をして1万円の消費税 心理的に大きなインパクトがあります。 そして、リストラを実施する企業が増大 過去最高利益が出ている キリンホールデ ...

【2025年の崖】老巧化した基幹システム 21年以上刷新されないものが22.3%も存在する。「企業IT動向調査2019」

経済産業省が昨年発表した。 「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」 このレポートは、反響が大きく、未だに「2025年の崖」というキーワードで多くの検索がされていま ...

経産省がご熱心な「2025年の崖」問題 今度は「DX推進指標」を発表  あなたの会社は、レベルいくつですか?

2018年 経済産業省が発表した「DXレポート」に書かれていた「2025年の崖」は、キーワードとしてあちこちに取り上げられています。 経産省は、調子に乗って(失礼)「DX推進ガイドライン」の発表、そし ...

「45歳以上リストラ」と「2025年の崖」は、連携している

IT小僧は、前職では、経営者層に近いところで仕事をしているプログラマーでした。 プログラマーと言っても「スタートアップ企業」のため「営業」「企画」「システム設計」「構築」「保守」「人員コントロール」ま ...

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.