IT小僧の時事放談

あなたのフォローしている人って 本当は、存在していないかも知れない。 バーチャルインフルエンサーの話

バズる動画・ライブ配信 確実に拡散するしくみ――インフルエンサーマーケティングの基本がわかる本

Bloombergに気になる記事が掲載されていた。

「仮想人間のインフルエンサー生むAwwが資金調達、5G対応技術拡充」

仮想人間?
おそらく、Virtualを仮想と訳したと思うのですが、あまりにもロマンがない。

この記事を読んで

昭和生まれのご同輩は、 バーチャルアイドル 芳賀ゆい を思い出したことであろう。

今回のIT小僧の時事放談は、
あなたのフォローしている人って 本当は、存在していないかも知れない。
と題して あなたのフォローしている人は、人でないというお話です。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

Aww

Bloombergに気になる記事が掲載されていた。

仮想人間のインフルエンサー生むAwwが資金調達、5G対応技術拡充

コンピューター上で作られ、企業の商品広告やブランド戦略に使われる「バーチャルヒューマン(仮想人間)」を開発するスタートアップ企業、Aww(アウ、東京都渋谷区)は事業拡大に向け1億円を調達した。出資したのは初期段階のベンチャー企業に投資するコーラル・キャピタル(東京都千代田区)。

調達資金は高速大容量の第5世代通信技術(5G)や仮想現実(VR)、拡張現実(AR)に対応して瞬時に画像解析や生成ができる技術の開発に充てる予定。企業広告への採用や著名人との共演も視野に、会員制交流サイト(SNS)上で支持されるインフルエンサーをプロデュースしていく考えだ。

アウが作ったピンク色の髪が特徴の仮想人間「imma(イマ)」は2018年に登場し、スポーツカーのポルシェや家具・生活雑貨のIKEA(イケア)、化粧品ブランドのSK-Ⅱの広告に起用された。

Bloomberg JAPAN 2020年9月3日 9:00 JST

Aww(アウ、東京都渋谷区)というベンチャー企業に事業拡大にコーラル・キャピタル(東京都千代田区)というベンチャーキャピタルが、1億円を出資したというニュースです。

Awwのページを見るとコンピュータで構築されたVirtual Humanたちが掲載されている。

え?

彼女たちは、生身(失礼)ではなく、現実には、存在していない。
詳しくは、Awwのページを見ていただければわかりますが、本物かどうか判断できないレベルです。

CMに進出

IKEA

IKEA原宿

「ハッピーな家 with imma」
とタイトルがつけられた広告では、immaという仮想の女性が生き生きとiKEAの家具と生活している様子を見ることができる。

写真だけではなく、動画内に存在しているimmaという女性は、本当に存在しているモデルとしか思えないほどリアルである。

SK-II

綾瀬はるかと絡んでいるimmaというバーチャルな女性がわかりますか?

ものすごく自然です。

インフルエンサー

バーチャルな 彼女(彼)たちは、インフルエンサーとして活躍をしている。

CG女子高生 Saya
https://www.instagram.com/sayacg/
フォロワー561人

liam_nikuro
https://www.instagram.com/liam_nikuro/
フォロワー1.4万人

lilmiquela
https://www.instagram.com/lilmiquela/
フォロワー272.6万人

今の所、CG女子高生NBA Washington Wizards Official Virtual Influencer19 / Robot / LA / Voteなどとプロフィールがあるのでかろうじて分かるのですが、ここまでくると、フォローしている人も「バーチャルな人」と気が付かないかも知れません。

バーチャルインフルエンサー モデルエージェント「VIM」(ヴィム)

国内最大級の古着コミュニティ「古着女子」などを運営するミレニアルコンテンツカンパニー 株式会社yutori(CEO:片石貴展)は、世界初※のバーチャルインフルエンサーのみが所属するモデルエージェント「VIM」(https://virtualmodel.net)を設立し、新規事業として代表の片石をはじめミレニアル世代の様々なクリエイターと共に「バーチャルインフルエンサー」をプロデュースしていきます。

 PR TIMES

すでにモデルエージェントまであるという現実

正直、IT小僧は、Bloombergの記事を見るまでは、興味がなかったこともあって、知らなかったわけですが、ここまでリアルな世界で活躍しているとは、ただ驚くだけであった。

5Gで加速するバーチャルインフルエンサー

国内の5Gって正直、魅力がない。(そもそも ピンポイントしか接続できない)

5Gに対して、キャリアが提唱しているものは、スポーツ観戦とか自動運転、医療ばかりで
そもそも「具体性が提示されていない」

しかし、バーチャルインフルエンサーたちは、5Gの世界でこそ活躍できる可能性を秘めている。

このバーチャルインフルエンサー達は、おそらく 急激に拡大することが予想できる。

まとめ

冒頭で取り上げた「バーチャルアイドル 芳賀ゆい」は、1989年11月の「伊集院光のオールナイトニッポン」の企画で誕生している。
当時は、ネットもなくラジオというみえない世界でこそ実現できた企画だと思います。

そこから31年 スマートフォンなどのデバイスを通じて バーチャルなヒトが、目に見える世界に登場してきました。

SNSは、ネット上の世界でしか成立しないもので、バーチャルな世界でもある。
そこにいる(アップされている)写真、動画は、せうべてデジタルデータの世界、別にヒトである必要性は、ない。

InstagramやTwitterであなたがフォローしているヒト 実在していますか?

IT小僧もフォローとフォロワー 見返してみようと思う今日このごろです。

スポンサーリンク

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.