IT小僧の時事放談

IT深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい 2019/7/27~2020/8/1

8月になったら いきなり太陽が戻ってきた。
と同じくして新型コロナウィルスの感染者が急増
しかも、全国レベルで急増しています。

GO TO なんちゃらキャンペーンは、東京都だけのけ者で開始されましたが、今後感染者が拡大するかどうかは、神のみぞ知る状態

一方、世界規模で見ると、毎日、感染者が、爆発的に増えていて、一向に収まる気配すらありません。

今週も寝る前の5分間ほどお付き合い いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

7/27(月)

日本テレビが同時配信開始を表明 10月クールから夜7時以降

 日本テレビは27日、10~12月に当たる10月クールから、放送するテレビ番組のインターネット上での同時配信を始めると表明した。時間帯は午後7~11時の「プライムタイム」を中心に準備を進めているという。同日の定例記者会見で小杉善信社長が明らかにした。

小杉社長らによると、同時配信は10月クールを試行期間として実施。番組の見逃し配信などを見られるウェブサイトやアプリ「TVer(ティーバー)」での配信を検討しているという。

同時配信はNHKが先行し、専用のアプリやサイトを通じて今春から1日18時間行っている。

TVの役割は、番組にかけるカネが、中間業者の取り分が多くなったこととくだらないイチャモンをつける(一部の)視聴者によって「無残な状況」になってしまいました。

若年層を中心にテレビを見なくなり、ネットで流れている映像を中心になってきている。
YouTubeがその代表的なものですが、「くだらないもの」もあれば「プロ並みのコンテンツ」もあるので退屈しない。

Space X の人を載せた打ち上げ&帰還もライブで流れている。

日本時間で明日の早朝に帰還が予定されている。

こういうコンテンツは、地上波では、ダイジェストだけでライブではみられない。

TVは、緊急事態のときのNHKだけで民法TVの崩壊が近いかも知れない。
数年先、経営悪化で合併、数局にまとめられる日がくる可能性もある。

7/28(火)

米グーグル、在宅勤務を来年6月末まで継続と発表

[27日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた在宅勤務について、オフィス勤務が必ずしも必要でない社員に対し2021年6月末まで在宅勤務を許可すると発表した。

グーグルは今年5月、世界的にオフィス勤務を6月にも再開し始める方針を示したが、大部分の社員は年末まで在宅勤務を続けるとみられていた。

発表に先立ち、米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は関係筋の話として、グーグルが少なくとも来年7月まで在宅勤務を継続すると報じていた。

米国の感染者数をみれば、そうせざる得ない状況だろう。
そもそも「マスクをするのが悪」という人がいる限り、ダメだろう。

この状況だと オリンピックなど絶対に開催されない。
日本だけで開催するわけでは、ないから仕方がないだろう。

7/29(水)

ポイントたまる「大阪マイル」導入へ 大阪コロナ追跡システム

大阪府の吉村洋史知事は29日午後、大阪府庁で定例記者会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大の抑制のために感染者と接触した可能性のある人に注意喚起を行うため運用している「大阪コロナ追跡システム」を更に利用しやすくするため、利用者の登録における空メール方式の導入や利用者に対して「大阪マイル」というポイントサービスを開始すると発表した。

何か利点がなければ、サービスを利用する人は少ないだろう。
大阪独自にコロナ追跡システムを普及させるための策としては有効だと個人的には思う。

7/30(木)

患者の医療情報、全国で共有へ 閲覧にマイナンバーカード必要

厚生労働省は30日、患者の医療情報を全国の医療機関や薬局がオンラインで共有し、患者の治療や健康づくりに役立てるシステムの運用に向け、今後2年間で集中的に取り組む方針を確認した。マイナンバーカードを活用する。かかりつけ医以外でも治療歴などを確認できれば適切な診療につなげられる。感染症拡大時などにも役立つことが期待される。

データ共有には患者がマイナンバーカードを取得することが必要となる。取得後、本人が同意すると、パソコンやスマートフォンで自分の医療データを閲覧できるようになる。患者が同意すれば、医療機関や薬局もデータを確認できるようになる。

いままでこのようなシステムがなかったころが不思議です。
役所も はやくやれば! いつまでもFAXではないだろう。

残念ながら、IT後進国となってしまった日本では、なかなかできなさそうです。

7/31(金)

アイフォーン新機種、10月発売 米アップル、前年より遅れ

【ニューヨーク共同】米アップルは30日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種を10月ごろに発売すると明らかにした。新機種は高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに初めて対応するとみられている。

現行の「11」シリーズは昨年9月20日に発売した。マエストリ最高財務責任者(CFO)は30日の決算発表後の電話会見で「今年は(9月下旬の)数週間後に供給できるようになる予定だ」と述べた。

アップルは通常9月に新機種の発表会を開き、同月中に発売。米メディアは今年4月、アイフォーンの新機種の量産が例年と比べ約1カ月遅れる見通しだと報じた。

これが、5Gの起爆剤となるか?
ならないだろうなぁ 数万円のiPhoneで5G対応だったら 爆発的に普及すると思うけど

8/1(土)

中国企業傘下「ティックトック」の米国事業を禁止する

(ブルームバーグ): トランプ米大統領は7月31日夜、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を禁止する方針を明らかにした。

大統領はフロリダ州からワシントンに戻る機内で、「ティックトックについては米国で禁止する」と記者団に語った。禁止を命じる文書には「あす、署名する」とワシントンに到着する直前に述べた。

ブルームバーグ・ニュースは事情に詳しい関係者を引用し、トランプ大統領がバイトダンスに対しティックトックの所有権売却を命じる決定の発表をする計画だと先に報じていた。

大統領はティックトックを米企業に売却させるという考えについては疑問を呈し、「われわれはM&A(企業の合併・買収)会社ではない」などと述べた。

ブログにも書きましたが、TikTokの運命は、絶たれることになるかも知れません。
インド、米国、日本でさえ禁止の話がでてきているので待ったなし

他にも中国製のアプリがターゲットになるかも知れない。

今週のまとめ

沖縄を始め、地方自治体のいくつかが、独自に緊急事態宣言を出そうとしている。

こうなると GO TO キャンペーンでも旅行を控える人が増え、結果的に観光業は壊滅的打撃を受けることになる。
夏だけでこの状況だと、空きから冬にかけて さらに厳しい状況になると予想している人もいる。

先週のまとめで書いたことが現実になりそうです。

さらに感染者が増えれば、テレワークが広がるだろう。
自分のように持病を患っている人にとって 感染=死も現実となる。
首都圏の通勤電車は、ほんとうは、かなりヤバいんじゃないの?

深夜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、おやすみなさい

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

スポンサーリンク

-IT小僧の時事放談
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.