IT小僧の時事放談

「Pixel 4」は、次世代インターフェイスの実験機なのか? ジェスチャーコントロールは「タッチレス」への扉を開く

投稿日:

AdSence 自動サイズ

国内版SIMフリー Google Pixel3 64GB Just Black

「Pixel 4」の情報がリークではなく、Googleから発表されている。

外観
カメラ
顔認証

そして
注目のジェスチャーコントロール

Googleが目指す新世代インターフェイスが、この秋に発表される「Pixel 4」に搭載される。

今回のIT小僧の時事放談は、
「Pixel 4」は、次世代インターフェイスの実験機なのか? ジェスチャーコントロールは「タッチレス」への扉を開く
と題して、後数ヶ月で発表される「Pixel 4」についてまとめてみました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

高価なカメラユニットなど必要なし

「Pixel 3」と「Pixel 3a」シリーズは、大成功だと思います。
特に「Pixel 3a」シリーズは、ミドルレンジクラスの値段なのに「驚異的なカメラ性能」をAIによって実現しました。

iPhone、Huawei、Oppo、Galaxy、Xperiaなど、「カメラ自慢」のスマートフォンは、複数のレンズを搭載したり、高価なカメラユニットを搭載して写真の性能を上げています。

一方、Google高価なカメラユニットを使わなくても互角、いやそれ以上の写真をAIによって作り上げています。
その証拠に、「Pixel 3」の半額程度の「Pixel 3a」でも出来上がってくる写真は、ほぼ同じクオリティをもっています。

通常、ハイスペック、ミドルスペック、ローエンドスペックと

これは、「多少スペックが遅くても出来上がる写真が同じという」スマートフォンの写真の下剋上ともいえる技術なのです。

おそらく、AIによるソフトウェア処理、ソフトウェアが同じならば、多少のカメラユニットの差も吸収してしまうと推測されます。

iPhone以来の大変革

iPhoneが登場して、それまでの物理ボタン中心のブラックベリーやノキアの端末などのフューチャーフォンを一気に時代遅れにしてしまいました。

iPhoneのタッチスクリーンの上で行われるタップ、スワイプ

「世界でもっと優れたインターフェイスである指」

で自由自在に操作できるシーンは、マジックでもみるかのようですう。

その後、世界は、タッチスクリーンが当たり前になり、ノートパソコン、テレビ、自動販売機など 物理的なボタンが消えつつあります。

これは、インターフェイスの革命と言っていいでしょう。

そして、2019年秋、Googleは、「Pixel 4」で新世代のインターフェイスを発表しようとしています。

タッチレス

iPhoneで確立された「画面に触れる」というインターフェイス

慣れれば使いやすく、プログラムによって「なんにでもなれるスイッチやボタン」を自由に組み合わせることができます。
それまでの物理ボタンの単機能に比べて、何十倍、何百倍も「汎用性」があるのです。

Googleは、この「画面に触れる」というインターフェイスの先をゆく
ジェスチャーコントロールというものを「Pixel 4」に搭載してくることが確実になってきました。

とりあえず、公式のYouTubeの動画を見ましょう

顔認証は、iPhoneでもやっていますが、問題はその先の部分です。

スマートフォンに向かって 手を動かしています。

音楽を手を動かすことで早送り、巻き戻しなどをしているようです。

Googleが、「モーションセンス」と呼んでいる新しい技術です。

もう、画面には、触れることもない。

「タッチレス」の時代が、やってきました。

Soliというチップ

手や指の動きの認識にミリ波レーダー技術を使い、動きを感知する。
これまでも、光のセンサーで暗くなったら自動で画面の明るさを調整するとかありました。

また手をかざすことでなにか反応させることも実現できています。

しかし、この「モーションセンス」は、単なる明るさとか、物体を感知させるとかではなく
「動きを感知して それをデジタル化させる」ことに成功しています。

これを実現させるチップは、「Soli」と呼ばれています。
2019年1月 米国 連邦通信委員会(FCC)は、この「Soli」を承認

FCCは、「Soli」について

「ジェスチャー認識技術を利用した革新的なデヴァイス操作機能によって、社会的な利益をもたらす」

とコメントしている。

Pixel 4のベゼル リーク図

スマートフォンに必要か?

ところでこの「モーションセンス」ですが、「Pixel 4」のようなスマートフォンに必要なのでしょうか?

「Pixel 4」発売時点では、「アラームのスヌーズ」、「曲送り」、「着信音の停止」程度しかできないかも知れません。
それだけのために「Pixel 4」を購入するかどうか?

また、手に持って操作することがほとんどのスマートフォンに「モーションセンス」が必要なのかどうか?

IT小僧は、少し、疑問です。
これが、Google Homeだったり Nest Hubのように固定して使うものだったら使いみちがあるでしょう。
しかし、スマートフォンに実装されても

わざわざ 離れたところから ジェスチャーでスマートフォンをコントロールする必要があるのでしょうか?

技術的なトライは、歓迎です。
ただ 自分が今の「Pixel 3」から「Pixel 4」に乗り換えるかというと

「たぶん ないでしょう」

ただ、これは、今の情報だけの判断なので、実際に発表されてから、どんな利用方法があるのか?
再考すると思います。

「Pixel 3」は、現在、大バーゲン中 購入のチャンスだと思います。。

まとめ

「Pixel 3」は、素晴らしいスマートフォンです。
写真も予想の遥か上の出来栄えだし、スピードも快適です。
バッテリーの持ちが多少悪いことを除けば、現時点で(自分にとって)パーフェクト

噂によると、「モーションセンス」のためにインカメラの広角レンズが廃止されるとかされないとか・・・
もしそうだとしたらカメラとしてスペックダウンになる。

また、望遠のレンズが追加されるということであれば、興味ありですが、「モーションセンス」が必要かと言われたら、疑問

「顔認証は、指紋認証があれば、スマートフォンに関して言えば、いらない」
と個人期に思っている。

高価なスマートフォンが売れなくなっています。
自分の用途に合ったスマートフォンを選ぶ時代になってきたと思います。

Googleの「Pixel 4」は、まだ、噂レベルです。

IT小僧の予想を超える「Pixel 4」だったら 購入費用に悩む日が続くでしょう。

どちらにしろ、期待したいテクノロジーには違いない。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.