IT小僧の時事放談

Google I/O 2022 メガネが世界を繋ぐ というお話

さて、Gadget発表でYouTuber達は、必死になってGadget紹介をしているようですが、実は彼らは、Google I/O 2022の真の目的を知らないようである。

今回のIT小僧の時事放談
Google I/O 2022 メガネが世界を繋ぐ というお話
と題して、Google Glassについてその本当の凄さを考えてみよう

小難しい話をわかりやすく解説しながら記事にまとめました。
最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

リアルな世界は素晴らしい

「リアルな世界は素晴らしい」
メタバース礼賛の米国の状況に対して Sundar Pichai CEOのスピーチは新鮮だ

と前回の記事で書いたのですが、その本質は AR Smart Glass つまり メガネである。

もう一度、このメガネ(PROTO-29と記載している)についての動画を見てみよう

動画は、

「英語を話す娘さんと北京語を話す母親の会話を、メガネが翻訳してる様子から始まります」

字幕は、視聴者にわかりやすいように表現したものですが、おそらく音声に変換されているのだろう。

Pixel 6シリーズの翻訳機能を考えれば、十分実現可能な技術なんだろうけど、GoogleのAI翻訳は、ブッチギリレベルであることはみなさんもご存知だろう。
一番ややこしい日本語も最近ではかなり まともになってきています。

次に
「聴覚障害を持っている女性がAR Smart Glassを装着、子供の声をスマートグラスから聞き取る様子」
が描かれています。

聴覚障害ということで こちらは、ディスプレイに表示しているものと思われます。

技術やアルゴリズムは、

「テクノロジーがいかにして人を豊かにするか」

ということを実現する手段であって目的ではない。

「世界中人をこのメガネを通じて言語や障害の壁をなくす」
という目標を持っているとも思います。

これって スタートレックシリーズの翻訳機の第一歩ではないか?
とトレッキーのIT小僧は考えています。

スター・トレック:ディスカバリー シーズン3 BD-BOX [Blu-ray]

製品化は未定

AR Smart Glassは、発売などはコメントされていません。

「文字起こしや翻訳などのテクノロジーを視界に持ち込むと、何が起こるかを見せるためのもの」

と言っています。

製品化さえるかどうかは、今のところ未定だそうです。

まとめ

「リアルな世界は素晴らしい」

米国市場のメタバースは、バブル状態になりそうですが、そんなものよりも

「テクノロジーがいかにして人を豊かにするか」
という課題が重要なことをGoogleは知っている

昔、お釈迦様が、弟子のアーナンダにつぶやいたそうです。

「アーナンダよ、この世はこよなく美しい。」

バーチャルな世界では、絶対に感じることができない世界なのである。

ブッダと女の物語 (講談社文庫)

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.