IT小僧の時事放談

中国 18才未満が週に3時間以上ゲームをプレイするのを禁止だけではなかった オンラインゲームの新作リリース不可?

独裁の中国現代史 毛沢東から習近平まで (文春新書)
中国 18才未満が週に3時間以上ゲームをプレイするのを禁止だけではなかった オンラインゲームの新作リリース不可?

中国では現在、いろいろなことが禁止となっている。

IT関連で言えば
「18歳未満が週に3時間以上ゲームするのを禁止へ 金土日各1時間までに規制」

中国は、未成年(18歳未満)の若者たちのゲームプレイ時間を週3時間までに制限します。テンセントやネットイースといったゲーム開発企業は今後、1週間のうち金~日曜日および祝日の20~21時の間しか未成年者のオンラインゲームプレイを提供できないと国営報道機関の新華社が報じました。

そんなに厳しくしないでもと思いますが、

国営の報道機関は、ビデオゲームのことを

「精神的アヘン」

と呼んでいて 国としてゲーム禁止にしようとしています。
一応、オンラインゲームを対象にしているようですが、どうもその先には、「全部のゲームを禁止しようと考えている」とも言われています。

オンラインゲームで言えば、すべてのゲーム会社に「ユーザーを実名で保存」を命令しています。

それに加えて 今回は、新作ゲームを出すな と命令があったとされている。

香港メディアThe South China Morning Post(SCMP)によると、中国規制当局はテンセントやネットイースといった大手ゲーム開発企業との会議を行い、そこで新作ゲームのライセンス発行を停止する決定を下したとのことです。

すでに、App Storeを含むオンラインゲームの新作リリースが1本も許可されなくなっているらしい
ということです。

世界最大のゲーム市場となっている中国でApp Storeのゲームの収益は66%を占めています。
つまり、このままゲーム市場に規制がかかると Appleとして大きな収益を失うこととなります。

さて、中国のゲーム市場はこのまま 消え去ってしまうのでしょうか?

ゲームの規制 社会的に非常にヤバそうな雰囲気になってきました。

あの悲劇を繰り返すのか?

日本ではあまり報道されませんが、欧米のニュースサイトでは Cultural Revolution の文字が見かけられるようになてきました。

IT小僧の時事放談ショートショートでした。

ネタ元:engadget

 

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.