IT小僧のブラック時事放談

Appleがユーザーの口止め? Apple Watchが爆発する事態の対応ミス

ネットショップのあるあるクレーム対処術 impress Digital Books

大量に製造された者ですから このような事故は出てくるもの

だからリコールとかあるわけですが

2021年に発売されたApple Watch Series 7を使用していたユーザーが、デバイスが突如高温になり、煙を上げて最終的に爆発したと報告しました。この件をAppleに連絡したところ、情報を誰にも話さないようにと口止めされたことも明かしています。

Apple Watch blows up and sends user to hospital - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2022/10/05/apple-watch-blows-up/

Apple関連メディアの9to5Macに匿名で情報提供したあるユーザーによると、ある日いつもよりかなり熱くなっているApple Watchに気づいたそうです。その後、Apple Watchの背面にひびが入り、watchOSから「温度が高いためシャットダウンする必要がある」という警告通知を受けたとのこと。このユーザーによると、Apple Watchは気温が華氏70度(摂氏約21度)をわずかに超える涼しい家の中に置いてあったそうです。

この警告を受け取った後、このユーザーはすぐにAppleのサポートに電話をして状況を説明します。サポートでは複数回にわたり担当者の間をたらい回しにされたのち、ケース作成に携わったというマネージャーのもとにたどり着き、詳細な調査を約束されたそうです。ただし、問題に対するアドバイスや解決策が提示されることはなかったようで、「Appleからの連絡があるまでApple Watchに触らないように」という指示だけされたとユーザーは語っています。

ーザーが再びAppleに連絡を取り状況を伝えたところ、Appleのマネージャーからこの件に「最優先」で取り組むと約束されます。そして次の月曜日までに最新情報を伝えると言われたそうですが、月曜日を過ぎても連絡がなく、期日を過ぎてからようやく連絡があったものの「問題のあったApple WatchをAppleへ送ってほしいい」という指示があるだけで、一体何が起きたのかについての説明はなかったそうです。この時、Appleはユーザーに対して「Apple Watchが爆発した件について誰にも話さないこと」を求める書面にサインするよう求めてきたそうで、ユーザーはこれを拒否し、9to5Macに一連の騒動について報告したそうです。

Apple Watchが突如高温になり爆発する事態が発生、Appleはユーザーの口止めを試みる - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20221006-apple-watch-blows-up/

「Apple Watchが爆発した件について誰にも話さないこと」を求める書面にサインを求める

これは、まずかったね

SNSで拡散されることは仕方がない時代なので対応を間違うと大事になるだろうけど

これは、テレビなどの旧メディアならば CMを大量に出向している企業の場合あまり表沙汰にならないのですが、ネットメディアが中心の今の時代

瞬時に世界を真繰り 消すことは不可能

ということになる。

-IT小僧のブラック時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.