50歳からのパソコン遊び

パソコンを選びましょう

更新日:

468 x 60 バナー広告A


さぁ パソコンを選びましょう

パソコンのカタログは、スペックのオンパレードです。
カタログをみるとオペレーティングシステム、プロセッサー、メモリ、ストレージ、サイズ、質量(重量)などが記載されています。

パソコンに詳しい人ならばこのスペックを見れば 「だいたい どんなものか」予想できます。しかし、はじめてパソコンを購入される場合、これらを比較しても「どれがよいのかわからない」と思います。

そこで
「何を買ったらよいのだろう?」

という疑問にお答えいたします。
チェックするポイントは、全部で9つあります。

オススメは、WindowsPC

正直言ってどちらを買っても問題ありません。
主な特徴だけ簡単まとめてみます。

  1. なんでもできる
    Windows > Macintosh
    これは、絶対的にWindowsです。
  2. オシャレ
    Windows ? Macintosh
    プレミアム感があるのは、Macintoshです。
    最近のWindowsPCもかなりよくなりました。
  3. お値段
    Windows <= Macintosh
    性能で比べると、Macintoshの方が高価です。
  4. 将来性
    Windows = Macintosh
    最近Appleは、Macintoshに力入れてません。
  5. ゲームをする人
    Windows一択です。
    選択の余地はありません。

Macintosh
iPhoneの会社で有名な、Appleが販売しています。
Apple社のiOSで動作しています。
今のAppleのラインナップはお勧めしません。
唯一お勧めできるのが、MacBook Pro 13inch(Touch Barなしモデル)
Appleは、Touch Barで売りたいようですが、正直3日で飽きます。

Windowsパソコン
いろいろな会社が販売しています。
MicroSoft社のWindowsで動作しています。
周辺機器が豊富で値段も安いです。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

PC格言
「悩んだらWindowsを買え」

ノート型パソコンかデスクトップパソコンか?

ノート型パソコンはこんな感じ

一体型でキーボート、画面など操作に必要なものが全部付いてます。
特徴として

  • 家の中、外でも簡単に持ち運べる。
  • 最初からすべてついているのでトラブルが少ない。

デスクトップ型パソコンはこんな感じ

大きめな本体とキーボード、ディスプレイ、マウスなど別々になっている。

特徴として

  • 据え置き型で移動は面倒
  • 本体にいろいろと接続して使用します。
  • 最近は小さいパソコンも出てきましたが初心者には扱いにくいです。

最初の1台目は、ノート型パソコンをお勧めします。
例外として3Dゲームなどを本格的なゲームをしたい場合は、ノート型PCでは、なくデスクトップ型パソコンを選んでください。

PC格言
「最初の1台は、ノート型PC」

「ゲームを本格的に行いたい場合は、据え置き型パソコンを選ぼう」

おまけのついてないパソコンを選ぼう

通販番組でパソコンが売られています。
「今なら デジタルカメラとプリンターが付いて なんと6万9千800円」

よく聞きますよね、このようなセリフ
値段も安く、おまけも付いてとお得かな? と思います。
でもお勧めしません。

TVショッピングなどで売っているパソコンの多くは、おまけのアプリが山のようにインストールされているものが多いです。
例えばこんなアプリケーションが付いてきます。

  • 年賀状アプリ
  • 辞書アプリ
  • 写真編集アプリ

便利そうでしょ
お得感のあるパソコンですが、基本性能が押さえられているわりに使わなさそうなアプリケーションが沢山入っています。
そのため、データを保管する容量を圧迫しています。

アプリケーションがたくさん入っているために思わぬトラブルが発生する可能性もあります。
お勧めするのは、できるだけ、スッピンのパソコン(余計なものが何も入っていない)がいいです。

パソコンは、自分でアプリケーションを選びインストールすることで自分だけのパソコン環境を構築することができます。
パソコンを使う醍醐味のひとつであることを覚えておいてください。

PC格言
「いつか使うだろうは、永遠に使わない」

高いほどイイ

当たり前ですが、高価なほど性能がいいです。
しかし、高度な計算やグラフィックを使わない限り「ほどほど」を狙いましょう。
でも!5万円以下のパソコンは絶対に買わないでください。

後悔します。
ここからは、パソコンの基本性能にかかわることです。
キーワードは、

  • プロセッサー
  • メモリー
  • ストレージ

難しく考えないで 条件を満たすものを購入してください。

PC格言
「高いほど性能がイイ」

CPU(プロセッサー)は、Core i5 以上を選べ

CPUは、IntelのCore i5以上を選んでください。
型番は(i3,i5,i7,i9とあります数字が高いほど性能が良い)

CPU、入れ替えが効かないのでCore i5以上にしてください。

パソコンは、ある意味、生鮮食料品と同じです。
新鮮な方が良いわけですが、
CPU Core i5以上を選んでください。

3年は優に使えます。
えっ? 3年しか使えない!
いいえ、3年は、ストレスなく使えるということです。

PC格言
「パソコンは生鮮食料品と同じです」

メモリーは、パソコンの絶対的正義!8G以上を選べ

メモリーは、最低 8G できれば 16Gを選びましょう。
入門書で4Gあれば十分とありますが初期投資と思って8G以上を検討してください。

値段もそれほど大きな差がなくなってきました。
ノートパソコンの場合、あとで追加できない場合が多いので予算の許す限り

PC格言
「メモリーは、8G以上を選びましょう」

ストレージは、SSDで256GB以上を選べ

ハードディスクではなく必ずSSDにしてください。
容量は256GB以上にしましょう。
ノートパソコンの場合、あとで入れ替えできない場合が多いです。

このプロセッサー、メモリー、ストレージがパソコンの性能を決定づけます。

ここだけは、最低ラインを外さないようにしてください。

PC格言

「ストレージは、SSDで256GB以上が理想」

国内製?海外製

これは、好みとしか言えませんが、国内、海外の意味合いはないです。
殆どは、台湾や中国で生産されているのでここに拘る必要はありません。

お店や通販で売られているものでしたら 保証も大丈夫でしょう。
国内にこだわるメーカーもあります。
例えば VAIOやHP、マウスコンピュータは、組み立てが国内で行われています。

部品は、ほとんどが台湾や中国、韓国製です。

PC格言
「国内、海外はあまり問わない」

ヒューレット・パッカード(HP)とマウスコンピュータ

ヒューレット・パッカード(HP)とマウスコンピュータをお勧めします。

ヒューレット・パッカード(HP)は、ノートPCの性能、使いやすさ、デザインと優れています。

購入する時にメモリーやストレージ、プロセッサーを選ぶことができます。
また、これらのメーカーは、余計なものが入っていないことが多く

初期導入で Microsoft Officeが追加設定される程度です。
Microsoft Officeならば、仕事以外でも使えるので便利です。

HP Directplus オンラインストア

国内メーカーでしたら、マウスコンピュータをお勧めします。
デスクトップをオススメします。
デザインは、無骨ですが、値段と性能のバランスが優れています。
自分で仕様を設定できるので予算と性能を考えながら決めるのも楽しいと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

ネットで情報をみるのも楽しいし、カタログを集めるのも楽しい、お店に行って実機に触ったり、店員さんの話を聴くのもいいでしょう。

PC格言
「ヒューレット・パッカード(HP)とマウスコンピュータ」

まとめ

パソコンは、高価なものです。
一度購入したら3年使うことを考えて下さい。

今回の最後の格言です。

PC格言

「いいなと思ったら一度コーヒーブレイクして再度検討しよう」

自分に合ったパソコンを選ぶ参考になれば幸いです。
よいPCに出会える幸運を願います。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-50歳からのパソコン遊び

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.