小僧のオススメ

ちょうどいいスマートフォン選び スマホオタクとゲーマー以外の人に向けてお話します。

「5G革命」の真実 --5G通信と米中デジタル冷戦のすべて (WAC BUNKO 301)

テレビの盛んに流れている携帯電話会社のCM
やたらと出てくるのは 5G、そしてiPhone でも

そのスマートフォンって 高性能だけど 高すぎませんか?

今回の小僧のオススメは、
ちょうどいいスマートフォン選び スマホオタクとゲーマー以外の人に向けてお話します。
と題して、年連限定、そして、
自分のようなスマートフォンオタクではない人にスマートフォン選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

2020年のスマートフォン事情

まず、今のスマートフォン事情について考えてみよう。

5G

なんと言っても、5Gスマートフォンの登場
激速、2時間の映画が数秒でダウンロード、自動運転、夢の通信

これぞ未来というような 言葉が並んでいますけど

多くの人が、その恩恵を受けられない。

なのに、通信契約料金が、バカ高い!
おまけにスマートフォンがバカ高い!

そして、5Gの必要性が感じられない!

ゲームをスマートフォンでバリバリやるとか出ない限りは、5Gなど対費用効果はないと断言しよう。

イベント会場で5Gのコンテンツを見たいというのならば必要かもしれないけど
それほどイベントに行きますか?

というわけで、5Gのスマートフォンを購入するのならば、5Gが生活圏内で接続できて、5Gのスマートフォンが数万円で販売されるまで

使えない無駄な契約と切り捨てます。

指紋センサーは、必須

新型コロナウィルスの状況は、しばらく続くだろう。
つまり、顔認証だけのスマートフォンもバッサリ切り捨て

一日に何十回、何百回とロック解除するのにマスクのために解除できない(解除し難い)状態で解除のための暗証番号入力

とても面倒です。

Androidのように指でなぞるパターンロックならともかく、数字の入力って結構間違えるものです。

そもそも 指紋認証一発で解除できるのにそれを搭載しないのは、ユーザーに不便を強制していると言っていいでしょう。

セキュリティと言いますが、そもそもスマートフォンを手にした瞬間からあなたの情報の多くが、いろいろなところに持っていかれています。

それが、悪用されなければよいだけで、ヤバそうで怪しい会社にだけ気をつければよいのです。

そんなにセキュリティを気にするならば、ガラ携ぐらいしか選択肢がないのです。

ですから、オーバースペックな顔認証など

使えない無駄な機能と切り捨てます。

性能とかカメラの話

2020年のスマートフォンは、すでに完成品に近づきつつあります。
値段の差は、カメラと内蔵してあるチップの性能とブランドです。

カメラは、限りなく、カメラ専用機に近くなり、一部の端末では、AIの性能で専用カメラより「簡単、キレイ」な写真を撮ることができる。

YouTubeなどのレビューでスマートフォンが紹介されることの殆どがカメラの話、それも動画性能ばかりで、

みんながみんな動画を撮るわけではない

という的はずれなものが多い。

IT小僧のようにスマートフォン ヲタクならば、カメラ性能やチップ性能を気にしますが、

みんながみんな スマートフォン ヲタクではない

OPPO Reno3 という中国製のスマートフォンが売れたのは、低価格でバランスがとれた製品であったということ
(元AKBのタレントをCMに起用したという効果も絶大ですが・・・)

後継機種のoppo Reno 3 A は、防水防塵、おサイフケータイ、ほどほどのカメラ性能というバランスがよいスマートフォンです。

普段使いのオススメ

ここでオススメするのは、2機種

SHARP AQUOS sense3

防水防塵、おサイフケータイ、きれいな液晶と、レスポンスがよい 120Hz、バッテリーも十分で長持ち

日常生活で十分な性能と扱いやすさで超絶オススメ

もちろん、カメラの写りはほどほどです。
でも値段が、3万円程度ということを考えてください。

iPhone SE

iPhoneで 指紋認証ということと、ボタンを押せばホーム画面に戻るというのは、スマートフォンを日常的に使うには、わかりやすい。
おサイフケータイ、防水防塵と生活には困らない。

唯一の心配は、バッテリーの持ち時間が少し心もとないこと
そしてベゼルが太く、デザインが古臭く見えることと

そこが気にならなければ、普段遣いで十分な性能と使い勝手なスマートフォンです。

 

道具として割り切って使うスマートフォンでは、iPhone SEで十分なのです。

dodomo系の格安SIM

ブラウザで情報をみたり、音楽、デジタル書籍、NetflixやYouTubeなどの動画、3Dやフォートナイトのようなスペックを要求するゲームをやらなければ、

SHARP AQUOS sense3
iPhone SE

で日常生活で困りません。

回線スピードも5Gのような高い料金を払うこともありません。

そこで、オススメしたいのは、格安SIM(別名 MVNO)です。
これらの格安SIMの会社は、docomo、KDDI(au)、SoftBankの回線を借りて運用しています。
ですから、docomo、KDDI(au)、SoftBankよりスピードが遅いのは当たり前

そのかわり低料金でスマートフォンを使うことができます。
自宅でWi-Fi回線を使える人は、アップデートは、Wi-Fiのあるところで行わばいいし、外で動画をバリバリ見なければ、格安SIMで十分です。

格安SIMも多くの会社がありますが、やはり、大手がサービスの面でしっかりしています。

NTT系列のOCNモバイルと日本のインターネット業界で老舗IIJ系列のIIJmioをオススメします。
やはり、大手とあってサービス、内容が充実しています。

そのとき、気をつけることは、docomo回線を使う契約をすることです。
docomo回線は、なんといっても いろいろなところで接続できます。

緊急な場合、頼りになるのもdocomoと個人的に思っています。

もちろん、SHARP AQUOS sense3OCNモバイルIIJmioでせっとで購入することもできます。

OCNモバイルでは、メーカー認定整備済の iPhoneを購入することができます。



まとめ

10万円のスマートフォンを購入するならば、3万円でスマートフォンを購入して7万円で旅行に行くこともできます。

また、iPadやAmazon fireやKindleを購入することもできます。
おうちで映画や動画を楽しむならば、タブレットの方が画面もでかいし、調べ物をするときも便利だと思いませんか?

限られたお金を有効に使うためにも

オーバースペックなスマートフォンは、必要がないのです。

もちろん IT小僧のようにハイスペックなスマートフォンがほしいと思うヲタクなひとにとっては、性能は絶対だろうし、カメラ性能もほしい。
ある意味、趣味なので そこは譲れません

でも、そんな人って そんなに多くないんです。

ですから、5Gでなければならないとか、十万円近いスマートフォンでなければならないということは、絶対にありません。

自分の使用目的と予算に応じてスマートフォンを選んでください。

今回取り上げた SHARP AQUOS sense3 や iPhone SE 以外にも安くてコスパのいいスマホあるよ!

というご意見があると思いますが、今回は、お求めやすく、実績のある2機種を選びました。

スマートフォン選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

次回は、ちょうどいいスマートフォン選びを今回と違った視点で選んでみようと考えています。

 

-小僧のオススメ
-, , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.