小僧のオススメ

スマートフォンや携帯電話の契約を見直して 消費税増税分をカバーしよう。

投稿日:

AdSence 自動サイズ

よくわかる携帯電話業界 (業界の最新常識)

消費税増税が始まり、携帯電話業界では、「改正電気通信事業法」が施行された。

内容は、これまで何度かブログにしてきましたが、要点は2つ

  1. 通信料と端末代金を切り離した「分離プラン」の義務付け
  2. 2年契約などの途中違約金を現行の9500円から1000円以下に引き下げる。

総務省が通信料金の起爆剤と期待していた
「楽天モバイルの参加による値下げ競争」は、
「事実上、楽天モバイルが、10月に新規参入できず、通信料金を発表できない」という体たらく

結局
「2年契約の縛り」と「携帯電話と通信料ごちゃまぜ」の条件でiPhone、Xperia、Galaxyなどの高級スマートフォンは、「実質半額」などで比較的低価格で使えることがなくなり、通信料金は、さほど安くならない。

という 「消費者にとって何のメリットもない改革」となってしまった。

今回の小僧のオススメは、
スマートフォンや携帯電話の契約を見直して 消費税増税分をカバーしよう。
と題して、お役所がダメならば、知恵を使って節約しようというお話です。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

携帯電話会社を変える理由

docomo,au,SoftBank いわゆる大手携帯電話会社(MNP)という会社と契約している人多いと思います。

2019年10月以降に契約した場合、途中解約しても 契約解除料金が、1000円以下になるので 他の携帯電話会社に移行するのもハードルが低くなりました。

しかし、携帯電話会社って そんなに簡単に変えるでしょうか?

昨今は、料金も3社でさほど変わらないし、サービスもそれほど差がありません。

携帯電話が繋がりにくい、スピードが遅いとなど場所、時間、タイミングなどでブレがあるので「一概にどこが一番いい」ということもなくなりました。
※日本の携帯電話事情は、世界的にも優秀だと思います。

もっとも格安SIMに帰ると「確実に携帯電話料金は下がります」
その代わり、電話は大丈夫ですが、データ通信のスピードは遅くなります。

電話の利用がほとんどだよ!
という人は、格安SIMに変えると節約できます。

格安SIMのよいところは、ブラウザでニュースを見たり、メール、メッセージ、軽いゲームをする、音楽を聴くなど

「ほどほどにネットをして、電話も使う」
と割り切ることで毎月の費用を抑えることができます。

一方、スマートフォンでネット中心、通信スピードを重視した場合、docomo,au,SoftBankと契約したほうが満足できると思います。
ネットゲームや動画配信などを中心に使っている人は、特に格安SIMの場合、不満が出ます。

月の通信料金が高い = 通信スピードが速い

「おカネを多く払っている人が快適に使える」
ということは当たり前のことなのです。

契約を見直そう

格安SIMの場合

格安SIMの場合、月の料金は、簡単に計算できます。

  1. 電話料金
  2. データ通信量

これだけです。

格安SIMの場合は、電話やSMSを外して通信料金だけという さらに格安プランも組めます。
このように格安SIMの場合、足し算で計算できるところが「分かりやすい契約」と言われる所以です。

docomo,au,SoftBank

通称3キャリアと呼ばれていますが、これらの携帯電話会社は、非常に多くの料金プランと割引プランが混在しています。

「どれが一番お得」とか、使っている人が千差万別なので一概に決めることができません。

でも、使ってもいないのにおカネが発生しているかどうかは、
「毎月の利用料金」を確認することで無駄な出費を抑えることができます。

利用料金を確認しよう

docomo,au,SoftBankも「毎月の利用料金」を見ることができます。
何度みても通信料金だけなので無料です。

せっかく、オンラインでいつでも「毎月の利用料金」を見ることができる仕組みを用意してくれているので使わないほうがもったいない。

また郵便で利用料金の明細が送られてくるから大丈夫という意見もあると思いますが。
その明細書は、料金が決定した結果なので途中経過をみることができません。

ネットで確認しよう

なぜオンラインで「毎月の利用料金」を見ることをオススメするかと言うと

データの通信量を見ることが大切なのです。
データの通信量は、契約によって 3Gまで とか 7Gまで とか 絶対量が決まっている場合があります。
その場合、絶対量を使い切ると、一気に通信スピードが下がります。

また月の途中でデータの通信量を使い切るということは、今のライフスタイルと契約内容がズレていることがわかります。
これは、料金が決定した後では、単に「オーバー」したとかのチェックしかできません。

勤め人だったら、朝夕にスマートフォンを使うことが多いと思いますが、一週間でどのぐらい使っているかを把握できれば月にどれぐらい、通信量があれば足りるかどうかが分かります。

普段使っている通信量を見直す。

自分が、普段使っている通信量を把握して契約を見直すことが大事なのです。

1ヶ月 3Gまでの通信量の契約で 毎月4Gから5Gを使っていたとしたら、それは、3Gを確実にオーバーしているので契約を7Gに変えるなど計算できます。

逆に1ヶ月 7Gまでの契約をしているが、実際は、2Gしか使っていない とい場合は、3Gで契約したほうが、賢く節約できます。
繰越で翌月に通信量を持っていけるとしても、毎月3G程度しか使っていなかったら7Gの契約で払っている差額が、無駄となります。

あるいは、面倒なので「通信量 無制限契約」をしているにも関わらず毎月3G程度しか使っていなかったらやはり、差額が無駄となります。

こういう、チェックすればわかる 些細なことでも「ちりも積もれば山となる」となり

「余計なおカネを携帯電話会社に払っているのです。」

スポンサーリンク

AdSence 336x280

余計な契約をしていないか?

「76歳の母にひどい押し売り……OBとして情けない」 夏野氏、ドコモの契約オプションを批判
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/22/news128.html

少し前にこのようなニュースが流れました。

photo

「スゴ得コンテンツ利用料」「クラウド容量オプション利用料(50GB)」「dTV利用料」「dアニメストア利用料」「dヒッツ利用料」「dキッズ」「dマガジン」といったオプションサービスが並び、中には筋力トレーニングに関連するアプリが使い放題になる「Runtastic for docomo」

携帯電話ショップに行くと長い説明と何度も書面にサインさせられます。
そのとき気をつけていないと このように いつの間にか複数のサービスに契約させられている場合があります。

「この価格で端末を購入するためには、いくつか有料オプションに加入していただく必要があります」
「あとで解約すれば大丈夫です」
「おすすめパックを契約していただかないと困ります」

なんて会話がなされ、契約させられます。
数ヶ月は、無料なので気が付かないのですが、サービスが無料期間を終えた後にいきなり 数千円の費用がかかったりします。
今では、規制が厳しくなったのでそこまでひどくはありませんが、

「絶対にない」

とは言えません

そのためにも オンラインで「毎月の利用料金」を確認することが大切なのです。

「ドコモクラウド」とか、使い方もわからずに契約している人 多くありませんか?

「電話きほんパック」とかいう名前で必要もない「待ちうた」「三者通話サービス」とか契約していませんか?
「留守番電話EX」とかいうサービスも携帯電話の留守電機能で事足りていませんか?

「スマートパス」とか使ってもいないクーポンとか、毎月発行されていませんか?

ネットで解約をオススメ

使いもしない、使い方もわからないサービスが、あったとしたら
「バッサリと解約しましょう」

その時、大事なのは、お店ではなく、「ネットで解約」することです。
お店では、待ち時間だったり、引き止めもあるかも知れません。

「ネットで解約」ならば、そんな面倒なことは一切ありません。

解約手続きをしたら、それで翌月から 料金が下がります。

もちろん自分で必要と思ったら、契約を追加したりしても構いません。

わからなかったら、ヘルプディスクを有効に使って聞きましょう。

まとめ

「ネットで利用料金を確認」することが、節約の第一歩
たとえ、数千円しか差がなくても年間では、1万円以上の差額になります。

少しの手間だけで節約できるならば、ぜひ実行して下さい。

また、お店で契約したら、一度は、「ネットで利用料金を確認」して下さい。

間違いは、ないと思いますが、自分の眼で確認することをオススメします。

自分の携帯電話の契約状況を把握することが節約への第一歩です。

利用状況確認リンク先

My docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/

My au
https://www.au.com/

SoftBank
https://www.softbank.jp/mysoftbank/

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.