小僧のオススメ

次もiPhoneにするかどうか悩んでいるみなさん コスパのよいAndroid端末を検討してみて下さい。

投稿日:

AdSence 自動サイズ

総務省が2018年の夏からはじめた「携帯電話料金を4割安くしろ」という指導

もともと、消費者のためにはじまった携帯電話料金の法改正のはずですが、はたして消費者のためになっているのでしょうか?

内容をよくみるとスマートフォンの値段が定価になるなど決して良いことばかりでもなさそうです。
特にiPhoneを使っている人は、「iPhoneの買換が厳しい」状況になろうとしているのです。

今回は、
次もiPhoneにするかどうか悩んでいるみなさん コスパのよいAndroid端末を検討してみて下さい。
と題して、

「そろそろ次のiPhoneに変えたいけど iPhoneが高価なので悩んでいるみなさま」

に向けて、iPhoneからAndroid端末を検討している人向けの話をブログにまとめました。

次のスマートフォン選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

スマートフォン実質値上げ

総務省が、携帯電話会社に以下の項目を法律で決めようとしています。

「携帯電話と通信料金の分離」
「契約の2年縛りを禁止」
「解約違約金を最高1000円」
「通信契約と端末代金のセット値引きを禁止」
「携帯電話の値引き額は、最大2万円」

電気通信事業法改正案というもので主にdocomo,au,SoftBank(大手3キャリア)に対して強く指示を出しています。

対してdocomoは、2019年6月から新しい料金体制を実施、携帯電話と通信料金を分離したプランを出した。

auとSoftbankは、すでに分離プランを実施していたので大きな変更はありませんでした。

そのため、これまで携帯電話会社が新しくスマートフォンを購入する場合に半額程度の補助をしていたということが消滅

スマートフォンの値段は、ほぼ定価近い値段になると考えられています。

日本で一番売れている iPhone 8

2017年にiPhone Xが発売されました。
値段は、10万円を超えるという電話としては異常な値段です。

2018年にiPhone XS/XS MAX/XRと3機種発売
iPhone XRを覗いて10万円以上、iPhone XS MAXなどは、最高で消費税込みで20万円近い販売価格となりましyた。

iPhoneを販売しているアップル社、さすがに高いと思ったのか、旧機種のiPhone 8に販売を継続しています。

実は、2018年、一番売れたのがこの旧機種のiPhone 8です。
旧機種といえど 値段は、7万円以上 高価なことには変わりありませんが、

「顔認証などの機能は必要ない」

という人が選択していたと推測されます。
これは、2019年になっても同じ状況でiPhone 8が日本で一番売れているスマートフォンになっています。

新しいiPhoneに切り替えたいと思っている人は、このiPhone 8を狙うのも良いかも知れません。

スマートフォンは、鮮度が命

iPhoneもAndroidも新品の購入をオススメします。

なぜなら
スマートフォンは、バッテリーが劣化します。
別に充電をしなくても劣化します。

スマートフォンで一番消耗するところは、バッテリーなのです。
古いスマートフォンの場合、一日もバッテリーが持たないことの原因の多くは、バッテリーなのです。

最初は、一回の充電で1日軽く使えたものが、数年後には夕方にピンチになる場合があります。

これは、「バッテリーが劣化した」ことが原因です。

つまりiPhoneもAndroidも鮮度が命

ですから、中古のスマートフォンに関しては、積極的にオススメできません。
バッテリーの交換をしているならばともかく、劣化したバッテリーのものが多い可能性が高いのです。

できる限り、新品のスマートフォンを購入しましょう。

iPhoneの次もiPhoneにしたほうが良い人

Android端末と違って

「iPhoneは、アップル社でしか製造されていません。」

つまり、アップル社が、現在、低価格で販売がされている旧機種のiPhone 8を販売停止したら
否応にも10万円以上のiPhoneを使い続けることになります。

iPhoneは、ブランド化しているので低価格の新製品の可能性は低いと思います。
低価格のiPhoneを販売したら、高額なiPhoneが売れないため、企業としては、収益を落とすことはやらないと思います。

iPhoneを使い続ける限り、数年に一度、10万円以上の出費を覚悟しなければならないのです。

iPhone大好き

iPhone大好き
アップル大好き

という人は、iPhoneを選択するでしょう。

この先を読む必要は、ありません。

かつて、アップル信者と呼ばれた自分もそうでしたから・・・

アップル社の製品をたくさん買った人

Apple Watch(時計)
AirPods(イヤフォン)

これらを購入した人は、iPhone以外では使えないのでiPhoneを使い続けたほうがよいと思います。
どちらも高価なものなので捨ててしまうわけにもいかないと思います。

iPhoneのアプリをたくさん購入した人

AppStoreから有料のアプリをたくさん購入した人は、iPhone以外では使えないのでiPhoneを使い続けたほうがよいと思います。

Android端末(Google Play)で再度買い直しをするというならば問題ありませんが、金額が大きい場合は、よく考えましょう。

重いゲームをする人

Pokemon GO程度ならば、2万円代のAndroid端末で問題なく動作します。
フォートナイト、PUBG、荒野行動などのゲームを重視する人は、iPhoneから変える必要はないと思います。
Android端末の高性能端末やゲーム専用のAndroid端末も販売されていますが、かなり高価です。

iPhoneとAndroidでできることは、ほぼ 同じ

iPhoneでできることのほとんどが、Android端末(アンドロイド)でできます。
スケジュール管理、メール、メッセージ、SNS、音楽、動画、書籍、ブラウザーもほぼ同じように操作できます。

アプリを立ち上げてしまえば、iPhoneもAndroid端末(アンドロイド)もできることは同じです。
音楽で言えば、Apple MusicもAndroid端末にも用意されています。

また、アップル社の制約がないため、Androidでは、アマゾンのKindle(キンドル)もアプリから本が自由に購入できるので使い勝手はこちらのほうが便利です。

Netflix(ネットフリックス)もApple Storeで契約するより、Androidで契約するほうがお得です。

デジタル決済もほぼ変わりません。

音声アシスタントは、Siriよりも賢い Google Assistant(アシスタント)を使いましょう。

写真は、Google Photoの方が、写真をアップするだけでiCloudの写真より、賢く分類してくれます。
しかも、無制限で使えるのです。

Android端末(アンドロイド)のオススメ端末

スマートフォンを道具として使っている人

iPhoneほどのカメラ機能を重視しなければ

SHARP(シャープ)のAQUOS sense2

をオススメします。

防水防塵、おサイフケータイ、液晶が半端なくきれいで濡れていても操作可能
しかもお値段が、実質2万円代

昨年発売のAQUOS sense2は、大ヒット端末です。
スマートフォンを実用品として使っている人にオススメです。

なにしろコストパフォーマンスでは、これ以上の機種はないでしょう。

カメラを重要視している人

Pixel 3aならば、4万円代でiPhoneとと同じくらい、場面によってはそれ以上の写真が簡単に撮影できます。

サンプルとして、国立博物館で撮影許可がされていた展示物を撮影したものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

東寺 空海と仏像曼荼羅 #Pixel3 #teampixel #東京国立博物館

tatsuya sakakibaraさん(@habozou)がシェアした投稿 -

どうですか?
スマートフォンで撮影したとは思えないほどのクオリティです。
もちろん、タッチするだけで面倒な設定は一切ありません。

夜景もこのぐらいきれいに撮影できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今年も桜の花びらが流れ行く #Pixel3 #teampixel

tatsuya sakakibaraさん(@habozou)がシェアした投稿 -

上位機種のPixel 3は、防水防塵、おサイフケータイ付きで最高性能のスマートフォンですが、これは10万円近い値段です。そのかわり、重いゲームも苦もなく動作します。

最近、ソフトバンクで値引きをしているので数万円を上乗せしてPixel 3を狙うのもありでしょう。

使う人に寄り添ってくれるAndroid端末

iPhoneだけしか使ってこなかった場合、Android端末に手を出しにくいのはわかります。

「安定していない」

とか

「セキュリティがぁ」

とか 言われていますが、今のAndroid端末は、iPhone並の安定を持ち、セキュリティに関して言えば、変なアプリを使わなければ問題はないでしょう。

そしてAndroid端末のよいところは、自分の使い方に合った端末を選ぶことができるのです。
今回は、SHARP(シャープ)とGoogle社のPixel 3aをご紹介しましたが、用途とお値段に応じた端末が、たくさん販売されています。

モトローラ、HTC、サムスン、ファーウェイ、ASUSなど個性があって魅力のあるものが多いです。
国内で販売されているものでしたら、保証もありますので安心です。

そのどれもが、iPhoneのようなお仕着せではなく自分好みに設定して使うことができるのです。

自分もかつで「アップル信者」と呼ばれるぐらい、アップル製品を使い続けてきましたが、スマートフォンに限って言えば、

「Android端末のほうがおもしろい」

と思っています。

一度、Android端末を使うようになると「窮屈なiPhone」に戻りたいとは思わないのです。

「使う人に寄り添ってくれるAndroid端末」
というべきでしょうか?

Motorola g7が、今年のベストスマホとも言えるほどよくできている。

ASUS(Androidのゲーム専用スマートフォンです)

このようにAndroid(アンドロイド)端末は、いろいろな個性があり、値段もいろいろです。
自分に合った端末を探すのも楽しい。

まとめ

iPhoneが高価なので次はどうするか?

考えてみてください。

iPhoneを使い続ける限り、アップル社の意向に合わせた使い方しかできません。
iPhoneを使い続ける限り、アップル社が付けた値段で購入するしかありません。

それが良いかどうかは、個人の判断におまかせしますが、Android端末という世界も体験すると見方が変わります。

そしてなにより、コストパフォーマンスがよくお財布に優しい。

今回は、AQUOS sense2、Pixel 3aの2機種の簡単な紹介をしましたが、どちらもdocomoSoftBank格安SIMや、アマゾンでも購入することができます。

通販でも購入できるので以下のリンクから購入することもできます。

docomo

SoftBank

格安SIM(IIJmio)

もし興味がありましたら、専門店か、量販店で実際に触ってみるのもよいでしょう。

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-, , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.