小僧のオススメ

【スマートフォン購入アドバイス】夏スマホ発表間近 発売から3ヶ月、6ヶ月そして3月~5月にチャンスがやってくる!

更新日:

468 x 60 バナー広告

OPPO Find X 【国内正規品】6.4インチ/SIMフリースマートフォン/ワインレッド(8GB/256GB/2x1700mAh) 871330

毎年、5月は、国内携帯電話会社にとって重要な発表会が行われます。
いわゆる「夏スマホ」の発表です。
この「夏スマホ」で取り上げられるかどうかは、非常に大きな意味をもちます。

今回のIT小僧のオススメは、
【スマートフォン購入アドバイス】夏スマホ発表間近 発売から3ヶ月、6ヶ月そして3月~5月にチャンスがやってくる!
と題して スマートフォンの購入タイミングを考えてみよう

スポンサーリンク

AdSence 336x280

MWC in Barcelonaの新製品

毎年、2月 スペイン バルセロナで行われる、MWC in Barcelona
Appleを除く、スマートフォンメーカーの新製品が、発表となります。
Samsung、Huaweiの2強は、独自に発表会を開きますが、その他のメーカーにとってMWC in Barcelonaは、アピールの場となっています。
また、Samsung、Huaweiにとっても世界的に注目度の大きいこのイベントは、重要

今年は、5G と 折りたたみスマホが話題の中心となりました。

そして、そのMWC in Barcelonaで発表された新型スマートフォンが、国内の3キャリアから発売されるのかどうか?
注目です。

夏スマホ

国内で正規販売となるのが、「夏スマホ」こと5月に行われる、docomo,au,Softbankの新製品発表会
発表されたスマートフォンは、ある程度の販売数が約束されているため、ここで取り扱ってもらう意義は、かなり大きい。

2018年は、Huawei P20 Proが、キャリア販売端末となりました。
Huaweiの名前は、これにより日本国内で認知されたと言っていいだろう。

SIMフリーのHuawei P20 liteがいくら売れても、スマートフォン事情に詳しい人だけの認知度です。
特にdocomoで発売されることの意義が大きいのです。

「docomoのマークが入っていないと買わない」

という人がいるかどうか知りませんが、docomoがどの機種を販売するかは、重要

Huawei P30 Pro
Galaxy S10
Xperia 1

今年のハイスペック御三家は、おそらく登場することでしょう。

ミドルレンジのSHARP AQUOSは、当確として、OPPOが選ばれるかどうかが注目です。
※たぶんないらしい でもOPPOのスマートフォンは、かなり挑戦していて面白い。

auもSoftBankも似たようなラインアップとなると思われます。

さて、この「夏スマホ」に登場してきたスマートフォン
即発売されるものや、数カ月先に発売されるものもあります。

でもIT小僧は、ここで一言!

「夏スマホ」発売と同時に購入する人、ちょっとまって!

新製品は、未完成品

新製品は、確かに魅力的
多くのYouTuberが、こぞって レビューを行うでしょう。
でも、待ってくださいね!

YouTuberの人は、おカネをもらってレビューをしている人が多い。
例え、新製品が、めちゃくちゃバッテリーが持たなくても、そこは、強調しません。
途中で強制再起動となっても、そこは、動画には出てこないでしょう。

スポンサー様は、神様です。

今は、かなり突っ込んで話を書いていますが

IT小僧も同じもおフォアーが来たら同じかも知れません。

世の常は、おカネで動く、これ真実なのです。
それを責めてはいけません。

さて、はなしをもどして、「夏スマホ」は、Android端末です。

事前にワールドワイドで販売されているものは、一定の評価と問題点をある程度得ているので国内販売時には、修正がされていることでしょう。
Huawei P30 ProGalaxy S10シリーズは、これにあたります。

一方、「夏スマホ」で完全デビューを果たす端末は、要注意です。
例えば、昨年の Xperia XZ2 Premium発表から数ヶ月遅れて出てきて、一分機能は後からアップデート予定となっていました。
今年のXperia 1 発売前から、カメラのシステムが、未完成だとか、噂が飛び交っています。

評価が決まってから購入のオススメ

スマートフォンは、ソフトウェアが重要なので、発売時にトラブルを抱えているのは、ごく普通です。
アップデートを重ねて完成形になると思ってください。

となると発売から数ヶ月たってから購入検討したほうが、より完成形で安定した端末を手にすることができます。

昨年発売された、Google社のPixel 3も発売当初には、「ウリの夜間モード」が入っていませんでした。
「動画の音声もイマイチ」という評価でしたが、アップデートが進み、半年経過後の今安定したスマートフォンになりつつあります。

というように販売直後のスマートフォンに手を出すのは、リスクを伴います。

ここは、誰かに人柱になってもらって、最低3ヶ月、長くて6ヶ月待って、評価が出てから購入することをオススメします。
そのころには、大幅値引きという可能性も十分あります。

特にバッテリーの持続時間などは、開封レビューなどではわかりません。

IT小僧もPixel 3を半年後に値段が下がったタイミングで購入しました。

新製品の前モデルを狙え

スマートフォンの新製品発表は、「MWC in Barcelona」というお話を冒頭でしました。

新製品が発表されるこの頃、前年に発表されたスマートフォンの在庫処分がはじまります。

そう! 狙い目は、ここ3月から4月、そして、各キャリアから新製品が出揃う、5月です。

キャリアも数万円レベルで値下げで在庫処分がはじまります。
SIMフリーのスマートフォンも、格安SIMの各社は、このタイミングで一斉値下げを行うはず

今年も予想通りに

¥100端末
半額値下げ
クーポン付き

などなど格安SIMの契約料ではなく、取扱スマートフォンの値下げで契約アップを狙っています。
格安SIMの場合、3キャリアのような「しばり」は、ありません。
契約者なら、スマートフォン単独でも購入できるところがあります。

比較的安価で普段使いに困らない2万円代のスマートフォンを狙うとよいでしょう。
例えば、IIJmioという格安SIM会社では、キャンペーンですが

Huawei P20 liteが、7000円程度で入手できるかも知れません。

「このスマートフォンじゃなければ」
新製品発表後の前モデルを狙うのも賢い方法です。
特にXperiaは、半年単位で新製品が出てくるので前モデルはかなり値下げの可能性があります。

まとめのオススメ

「このスマートフォンじゃなければ」という人、以外の話です。

  1. 新製品に飛びつくのは、やめよう
  2. 3ヶ月程度まって評価、不具合が解消された頃を狙う。
  3. 6ヶ月程度まって、値段が下がってから購入する。
  4. 3月あたりからの在庫処分を狙う。

Androidならば、SHARP AQUOS シリーズをオススメします。
なにより、おサイフケータイと防塵/防水は、魅力的 お値段も3万円程度
2019年のベストコストパフォーマンス スマートフォンでしょう。

iPhoneも同じようにすぐに飛びつくのではなく半年程度様子を見てから購入したほうがお安く入手できると思います。

新製品を買って レビューしなくては・・・
という人は別です。

以上 IT小僧のスマートフォン購入アドバイスでした。


AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.