小僧のオススメ

2018年 夏 小僧がオススメするスマートフォン 6+1機種

更新日:


iPhone 3GSから始まった、スマートフォン生活も来年で10年となります。
数々のスマートフォンを使ってきて、今、自分が購入するとしたら何にするのだろうと考えているスマートフォンについて語ってみました。
まだ、未発売のものもありますが、コストパフォーマンスと性能のバランスの良い機種を3つ+おまけセレクトしました。

今回の「小僧のオススメ」では、
「2018年 夏 小僧がオススメするスマートフォン」
と題して
「Huaweiが売れている。でも他にも注目してほしい機種があるよ」
について考えてみました。

今回も小難しい話をできるだけわかりやすくブログにしました。
後半のオススメ機種は、旬なオススメです。
検討していただけると嬉しいな

スマートフォンのカメラについて考えた

Huawei
日本には、モバイル・ルーターで早くから上陸していました。
国産ルーターの意味不明なメニューと違い
オペレーションも含めてわかりやすい。
そして故障が少ない。
7年以上、モバイル・ルーターを使っていましたが、すべてHuawei製でした。

Huaweiは、この夏、P20 Proという超ハイスペックスマートフォンをdocomoから出すことになりました。
このP20 Pro カメラ性能は、これまでのスマートフォンすべてを凌駕してしまう強烈なものです。
「トリプルレンズなんて 増やせばいいってもんじゃない」
ということもあったらしいですが、スマートフォンのカメラとして最高峰でしょう。
レンズがLEICAと共同開発とかではなく AIの使い方です。

スマートフォンのカメラは、ただ性能がよいだけではなく
「いつでも」
「どこでも」
「誰でも」
「簡単に」
そして
「きれいに」
撮影できるのが一番大事です。
描写力だとか、なんとかエンジンが搭載されてなんて 薀蓄は、必要ありません。
一眼レフのような見たままの写真に拘る必要はないのです。

カメラユニットは、共通化されているところが多いので基本、それほど差がありません。
問題は、そのカメラユニットをどのようにコントロールできるかにかかっています。

カメラユニットは、ソニー製が多いのですが、なんで同じユニットを使っているXperiaよりGalaxyの方が、評価が高いのは、なぜでしょうか?
カメラコントロールのソフトウェアがGalaxyの方が優れているからです。

ファーウェイ(HUAWEI

Huawei 5.8インチ P20 SIMフリースマートフォン ミッドナイトブルー【日本正規代理店品】
2017年 一番売れた SIM フリー機種は、HUAWEI P10 Lightでした。
そして、今年、3キャリアからHUAWEIが、発売されます。

いつもなら、キャリアから発売された場合、SIMフリー機は、発売されないのがこれまでの通例ですが、きちんとSIMフリーにも販売あsれるあたり
「SIMフリー端末ファンの気持ち」
わかってらっしゃる!

スマートフォン週間売れ筋ランキング集計期間
https://www.bcnretail.com/research/ranking/list/contents_type=36
2018年06月04日~06月10日

iPhone8に続いて第4位です。
上位の3機種は、iPhone8で(docomo,au.SoftBank)ですから SIMフリー機種で一年以上前(P10 Lightは、2017年6月)に発売された機種が今でも3位というのは、驚異的な売れ行きだと思います。

SIMフリーの販売メーカーもHuaweiがトップに立っています。
1位 Huaweiで35.6%
2位 ASUSで24.4%
3位 シャープで10.6%

Huaweiが、世界で一番、品質に厳しい日本と言われるで受け入れられている機種ということがわかります。

キャリアとSIMフリー機種の両面作戦 ファーウェイ(HUAWEI)

この夏、Huaweiは、キャリアの取扱が始まりました。

docomo HUAWEI P20 Pro
au HUAWEI P20 light
HUAWEI nova 2
SoftBank HUAWEI Mate 10 Pro
HUAWEI nova light 2

docomoのHUAWEI P20 Proは、トリプルカメラ搭載のフラッグシップです。
キャリアは、GalaxyからHuaweiに販売の主力を切り替えたようにみえます。

これまで、キャリアから販売される機種は、なぜか? SIMフリーから発売されないという 日本の不思議な状況が続いています。
ですから 日本では、SIMフリー端末のGalaxyもXperiaは、販売されておりません。

ですが、Huaweiは、違いました。
HUAWEI P20 Proは、発表されませんでしたが、P20P20 lightは、販売が決定しました。

これは、凄い!
HUAWEI P20 ProとHUAWEI P20の差は、それほどありません。

カメラ
HUAWEI P20 Pro:3眼
HUAWEI P20:2眼

ディスプレイ
HUAWEI P20 Pro:6.1インチ
HUAWEI P20:5.8インチ

メモリ
HUAWEI P20 Pro:6GB
HUAWEI P20:4GM

後は、重量が、P20の方が軽く、バッテリーもやや小さいです。
ディスプレイサイズが違うのでここは、かわりますが、その他は、インカメラもCPUも同じです。

値段は、海外サイトだと以下のようになっています。
HUAWEI P20 Pro:101,850円
HUAWEI P20:77,050円

そして 昨年のベストセラー P10 lightの後継機 P20 light、nova 2も販売されます。

自分だったら、余計なアプリがプリインストールされて、本来の快適さを損なっているキャリア版よりSIMフリー版を購入して快適に使いたいと思うのでSIMフリー機の販売を続けるのは素晴らしいと思います。

docomo以外のキャリア 特にauは、SIMフリー機種と被るので厳しいかも知れません。

モトローラ(Motorola)

モトローラは、SIMフリー端末を積極的に日本で展開しています。
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 Plus 4GB/64GB ディープインティゴ 国内正規代理店品 PAAT0026JP/A
iPhone、Huawei、Galaxyの影に隠れてがちですが、全体のスバランスが良く素直な機種なので長く使うことができます。
ラインナップも低価格帯から中価格帯の何れもコストパフォーマンスがよく好感が持てます。
3年使う端末としてオススメします。

SHARP

SHARPは、鴻海精密工業の傘下に入ってから、シンプルな機種構成となりました。
シャープ AQUOS R compact SH-M06 (シルバーブラック)4.9インチ SIMフリースマートフォン SH-M06-S
スマートフォンもAQUOSシリーズが売れていて、キャリア、SIMフリーとも好調です。
SIMフリーでもお財布携帯に対応していて お財布携帯が必須でしたら これ一択です。
外資の傘下になりましたが、基本、日本企業ですのでサポートは安心です。

Xperia

正直言います。
今の機種は、オススメできません。

もっとも、技適を通過したSIMフリー端末を単体で入手できません。

重くて、厚くて、それほどベゼルも細くない、今どきインカメラが500万画素という低レベル
それでいて値段が7万円以上

同じような機能の機種ならば、5万円台のSIMフリー機種で十分です。
正直、おすすめする理由はどこにもありません。

「日本の端末がいい」ということでしたらSHARPをオススメします。

もし購入しても数カ月後に次の端末が発表される可能性があります。

Xperiaを復活させるならとブログを書いたのですが、この路線では、ジリ貧確実です。

Xperia救済大作戦

ソニーの2017年度決算が発表されました。 売上高  前年比 12.4%増 約8兆5440億円 営業利益 前年比 154.5%増 約7349億円 大幅な増収増益となっています。 復活、ソニーを象徴する ...

続きを見る

スマートフォンを選ぶポイント

比較サイトでベンチマークとかスペックなどが掲載されていますが、はっきり言って 無意味です。
ゲームでもしない限り3万円以上のSIMフリー機種だったら日常で不便を感じることはないでしょう。

チェックするポイントは、2つです。
1.メモリ 
最低限4GBあれば十分です。メモリは、大きいほどバッテリーを消費しますのでバランスを考えると4GBがベストかと思います。
2.ストレージ
最低限32GBは必要です。
低価格版では、16GBがありますが、これは、選ばないようにしてください。
アプリどころか、更新も厳しくなります。

カメラに関しては、使用頻度と用途だと考えています。
SNSなどにきれいな写真をアップしたいとなれば、それなりのカメラ性能が必要です。
3万円以上の中価格帯のカメラならそこそこ撮影できますが、芸術的な写真を撮ろうとするならば、5万円以上の価格帯になります。

ゲーム中心でしたら、これは、ゲーム専用スマートフォンが、高価格帯しか選択肢がありません。

SIMフリーのオススメ

これからスマートフォンを購入されるのでしたら、SIMフリーのスマートフォンをオススメします。

なにより、余計なアプリケーションや改造がされていないため、トラブルも少なく、快適に動作します。
そして、OSのセキュリティもきちんとされます。

日本で正規販売されているものでしたら、技適という「日本で使ってもよし」という認定がされているので問題ありません。
並行輸入品の場合は、技適が認定されていないものがあるので注意してください。
技適が認定されていないと携帯の電波だけではなく、Wi-FiもBluetoothも違法となります。

日本に正規代理店がある場合は、保証もできますのでなるべく 正規代理店があるスマートフォンにしましょう。

mineo Dプラン シングルタイプ 5GB

2018年夏モデル オススメ機種

今購入するならばという限定で3メーカーをオススメします。
すべて、SIMフリー機種です。
単体購入か、MVNOと契約のセットで購入できます。
すでにMVNOを契約しているのでしたら 単体
MVNO未加入でSIMフリーに興味がありましたら MVNOとセットも検討してみてください。

SIMフリーのスマートフォンは、キャリアのSIMも使えますが、auとSoftbankは、注意が必要です。
特にauは対応していない場合が多く、データ通信しかできないとか変則的な場合があります。

カメラ機能も大事!

Huawei(カメラ機能は、これが一番!)

Motorola

SHARP

カメラを重要視していないよ!
という場合は、こちらでコストパフォーマンス重視

Huawei

Motorola

SHARP

上位モデルが最近登場してきました。(これは参考として掲載します)

おまけ
Essential Phone これは、スッピンのAndroidです。
しかもかなり高性能、問題は、国内サービスを受けられない可能性があるので、それを覚悟できる方専用です。
値段も手頃で高性能です。そして技適に対応しています。

まとめ

SIMフリーをオススメするかについては、いろいろな理由がありますが、
なによりも、キャリア版より確実に軽快に動作します。
そして
セキュリティのアップデートが行われやすい。
そして、Android自体の改造が少ないため、問題が発生する可能性が少ないというわけです。

個人的にオススメしたいのが、SHARPです。
液晶が綺麗、お財布携帯、カメラも優秀
特別目立ったものがないかわり、総合的に使いやすい。
スマートフォンは、究極のプライベートなものでしかも汎用的に使われます。
実は、いちばん大事なのは、バランスだと思っています。

もし格安携帯(MVNO)と契約するのが、初めてでしたら、IIJmioをオススメします。

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.