小僧のオススメ

Essential Phoneの魅力 Androidは裸族が一番

更新日:

Essential Phone 128 GB Unlocked with Full Display, Dual Camera – Black Moon [並行輸入品]
iPhone  3,5,6,7
Android SHARP,HTC,Motorola,Xperia

とスマートフォン遍歴を重ねてきた私ですが
すべて裸で持ち歩いてきました。
フィルムも貼ったことがありません。

まさにスッピン
落下は、一度だけありましたが、運良く液晶は割れませんでした。

そうです。昔から裸でスッピンが好きなんです?

ちょっと話題が怪しくなってきたので軌道修正します。

今回の「小僧のオススメ」は、
「Essential Phone PH-1 の魅力 Androidは裸族が一番」
と題して
「Essential Phone PH-1がやってきて3週間のレポート」
をお送りいたします。

スッピンのAndroidの良さをわかっていただけたら幸いです。

Essential Phone PH-1

Androidの父とも言われる人が、創り上げた理想のアンドロイド端末です。
昨年の秋に販売を開始
iPhoneのノッチと呼ばれるものが出てくる前にフロントカメラの部分だけノッチがある端末として注目されました。

スペックは、こんな感じ
https://www.essential.com/jp/#specifications

注目は、接続ネットワーク 世界中のほとんどのキャリアに接続できます。

ネットワーク / 周波数帯

UMTS/HSPA+: 1, 2, 4, 5 6, 8
GSM: 850, 900, 1800, 1900 MHz
CDMA EV-DO Rev. A: 0, 1, 10
FDD-LTE: 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 17, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 66
TDD-LTE: 38, 39, 40, 41, 42, 43
TD-SCDMA: 34, 39

なんでも来い状態
docomo/au/SoftBankも大丈夫のはず
スッピンの端末ですからSIM FREEをオススメします。

素材

チタンボディ
セラミックの後部
Corning Gorilla Glassの、5つのカバーガラス

なんと言っても「チタン」&セラミック

背面は、セラミックです。
そして、何のロゴもありません。

There's no branding or logos anywhere on it. Your phone is more of an expression of who you are—because it’s yours.

エッセンシャルフォンにはブランド名やロゴがどこにもありません。それはあなたのスマートフォンはあなたらしさを表現するのものであってほしいという私たちの思いからです。

なんという清々しさ!
docomoとか、auとか、はともかく、企業名、ロゴなど一切ありません。

ここが、Essential Phonenoの主張です。
「あなたのスマートフォン」
スマートフォンは、究極のパーソナルマシンなのです。

ホワイトのモデルを購入したので背面は、艶有りの真っ白です。
ホワイトは、ペタペタ触っても汚れが目立ちません。

裸族で使うには、最高です。

システム構成/OS

Android
Qualcomm® Snapdragon™ 835
CPU: Kryo 280 Octa-core (2.45GHz Quad + 1.9GHz Quad), 64 bit, 10nmプロセッサ
GPU: Adreno 540, 710MHz, 64bit

一世代まえのCPUですが、OSがスッピンなので
激速です。

現在発表されている最新のOS Android Pの試験版も導入することができます。
つまり、Googleの端末(Pixel)と同じレベルで最新のOSを使うことができます。
しかも
「技適」が適用されているほぼ唯一のAndroid端末です。
アプリの開発をする人は、絶対に手に入れておくべき端末です。

購入してセットアップしていたら、最新のパッチがやって来ました。
現在の端末状況は以下のとおりです。

Android 8.1
セキュリティパッチは、2018/05/05

まさに最新です。

スペックなんて所詮数字だけ

カメラは、ごく普通、見たままを撮影できる感じ
モノクロ専用のレンズがあるので、モノクロは、美しい。

128Gの内部メモリーでmicro SDスロットはありません。

その他の詳しいスペックは、以下のリンク先を見て下さい。
https://www.essential.com/jp/#specifications

でもねスペックなんて所詮数字だけです。
参考になるけど実際に使ってみないとわからないのです。

それじゃ レビューにならないって・・・
実際にEssential Phoneを手にしてレビューしている人って案外少ないのです。
ついこの前まで技適が通過していませんでしたから
日本で電波出せなかったのです。

外見をちょっと見てみよう

背面は、指紋センサーと2眼カメラ
表は、インカメラのみ
イヤフォンの穴は、ありません。

そして、カメラが、出目金ではないのです。
美しかった頃のXperiaと同じです。

SIMは、シングルでSDカードはなし、内部メモリーが128Gだけです。

すべてを削ぎ落としたようなデザインです。

プリインストールアプリ

中身は、Androidそのもの自社製のカメラアプリのみであとは、Googleのアプリのみ

Googleのアプリのみ、唯一カメラアプリが専用のものになっています。
「画面を行き来する羊とか、dXXXXのアプリとか、auXXXXとか、3Dクリエーターとかまったく入っていません。」

後は、
「自分の好きなようアプリを入れて、あなたのスマートフォンを構築してください」

今までHTCとかMotorolaとか比較的、スッピンのAndroidに近い端末を選んできましたが、ここまでスッピンのAndroidにはお目にかかったことはありません。

キャリア版の重い、バグが多く、バッテリーを消費する、アプリが、入っているのが当たりまえでした。
使わないのに消せない。

スマートフォンは、究極のパーソナル端末である。

iPhoneとAndroidの最大の魅力は、
自由です。
左上からアイコンが並ぶのを共用されるのではなく、好きなところにアイコンを置くことができる。
アプリを立ち上げなくても見たい情報を見ることができる(ウィジェット)
これだけでもかなり使い勝手が変わります。
自分に合わせてスマートフォンを設定するというのが、Androidを使う最大の利点になります。

しかし、自由というのは、自己責任が必要ということを忘れずに

自分に合わせて設定したAndroid端末ほどストレスフリーはありません。
そのかわり、他人のAndroidほど使いづらいものはありません。

スッピンのAndroid端末

Essential Phoneは、スッピンのAndroid端末です。
自分が使うアプリケーションを選び、インストール
画面の配置、Widgetの設定、なんだったらランチャーという画面の設定まで変えることができます。

今回、Googleから次のOS Android Pが発表さえました。
プロトタイプと言って正式発表前のOSですが、Essential Phoneは、プロトタイプを導入できる端末に選ばれています。
そう、スッピンだからできることです。
Android Pも正式版が出たらかなり早い時期にバージョンアップできることでしょう。

実際に使ってみて

3週間使ってきて自分の使いやすい環境ができつつあります。
余計な羊?いやアプリが入っていないのでなにをしても快適です。

バッテリーも十分だし、カメラ機能もカラー+モノクロの2眼は、面白い
インスタ映えする、見栄えのよい写真ではなく、ありのままを移すようなカメラです。
当初、カメラの性能が悪いと言われましたが、今では、そんなこともなく、ポートレートモードやモノクロモードもあります。
特殊なことはできませんが、素直なカメラと言っていいでしょう。

全体的に快適な操作感で引っかかりもなく、素直な動きをしています。
特出したこともなく、ある意味「イロのない端末」と言えるでしょう。
それは、素性の良いハードウェアとスッピンのAndroidがもたらす、ご褒美かも知れません。

そう、究極のパーソナルな相棒に育てることができるスマートフォンと言っていいでしょう。

6月の更新 MQA(Master Quality Authenticated)追加

5月に続いて6月のセキュリティアップデートも来ました。

更新項目を見ていたらMQAという項目がありました。
MQA(Master Quality Authenticated)調べてみたらオーディオの用語らしい。

「MQA」は、英・MERIDIAN AUDIO社によって開発された高音質技術です。
スタジオマスターと同じ高音質を再現しながら、ストリーミングやダウンロードが容易に行えるほど小容量のファイルにできるのが特徴。高音質と利便性を両立した革新的な高音質技術として期待されています。

e-onkyo musicにてMQA音源続々配信中!!

日本では、ONKYOで入手できるらしいので、登録して試してみようか・・・

やはり、スッピンのAndroidは、すごい
毎月、セキュリティアップデートがやってくるので「常に最新のAndroid」を体験できます。

Xperiaも更新が早いのですが、残念ながらキャリア版は、キャリアのアプリの動作確認などで更新されない可能性もあります。
キャリアのアプリは、アンインストールの自由を与えてほしい。
使わないものを入れておくのは、メモリーとバッテリーの無駄使いでしかありません。
キャリアのアプリは、インストールしてくれたらキャッシュバックするとかでもしてくれればいいのに。

値下げ

値段が下りました。
購入方法は、Amazonか、Essentialのサイトで直接購入することができます。
Essentialのサイトだとドル建てになります。
税金や輸送料を考えると Essentialのサイトで購入するものとあまり変わらないかも知れません。

お急ぎでしたら、Amazonで購入できます。

まとめ

Essential Phone PH-1のことを書いていたら、衝撃的なニュースが流れてきました。

Andy Rubin’s Essential is reportedly up for sale and has cancelled work on its next smartphone
https://techcrunch.com/2018/05/24/andy-rubins-essential-is-reportedly-up-for-sale-and-has-cancelled-work-on-its-next-smartphone/

Essential Phone 継続が危うくなってきました。
売却もありそうです。

日本で法律的にOKなスッピンのAndroidが、消えるかどうかの瀬戸際です。

Android開発の試験機として、合法的な機種は、事実上、これしかないので

なくなる前に急いだほうがよいです。

サイトから購入できるようになりました。
https://shop.essential.com/products/phone

Essential Phone PH-1 幸運にも我が手にやってきました。

自分だけのスマートフォンに育てるのが楽しみです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.