小僧のオススメ

JAPAN AVE.® FMトランスミッター FMトランスミッターの進化に驚き!

更新日:

JAPAN AVE.® FMトランスミッター Bluetooth 4.2 高音質 (ATSチップ搭載) 特許工場製造 JA996 [メーカー1年保証]

最近のクルマのオーディオは、AUX-INがあるのでスマートフォンやミュージックプレーヤーに接続するのにケーブルがあれば問題ありません。
自分のクルマもそうですが、ちょっと古いクルマに組み込まれているオーディオやレンタカーでは、AUX-INがないことが多いです。
今回の「小僧のオススメ」は、
「 JAPAN AVE.® FMトランスミッター FMトランスミッターの進化に驚き!」
と題して実際に使用したレポートをお届けします。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

製品情報

製品名
JAPAN AVE.® FMトランスミッター
Bluetooth 4.2 高音質 (ATSチップ搭載)
特許工場製造 JA996 [メーカー1年保証]

スペック
入力電源 DC12-24V
ファイル MP3、MP4、MVP、AAC
FM送信周波数 76.0~90.0MHz
USB QCグリーンUSB×3ポート
Bluetooth距離 最大10m
本体重量 本体重量
本体サイズ 8×3×12cm (L*W*H)
対応 12~24V車種に対応
機能 DSP,A2DP
4種類のËQ ノーマル
ポップ
ジャズ
ベース


付属品

JAPANAVE.製 FMトランスミッター本体×1
AUXケーブル×1
取扱説明書

AUXケーブルがあるのでライン経由で直接接続可能です。
iPhone、AndroidともBluetooth接続に問題ありませんでした。

外観

 

自分のクルマにセットしてみました。
下部に見えるスライダーはエコライザーで4段階変えられます。

横から見るとこんな感じ
USB×3ポート搭載(最大2.1A)が見えます。

このように折り畳めます。

使用方法

  1. エンジンをかけてシガーソケットに差し込む。
  2. トップのインジケータにFMの周波数表示
  3. 周波数は、右横のスイッチで変更可能
  4. スマートフォンでBluetooth ON
  5. Bluetooth の一覧にJA996が表示されるのでs接続
  6. FMで周波数セット
  7. スマートフォンで音源開始

一度設定してしまえば次回からは、シガーソケットに指してスマートフォンで音源開始のみ
非常に簡単です。

付属のオーディオケーブルで繋げばBluetooth接続は必要ありません。
スマートフォンの電源は、USB×3ポートあるので安心です。

音質にこだわる人には向きませんが、基本FMと同じぐらいです。
4種類の音響ËQを効かせればなかなかいい感じで、雑音等は、ほとんど感じられませんでした。
雑音対策は、放送局の周波数から離れた周波数をセットするとよいと思います。

自分は、radikoのタイムフリーをよく聴いています。

USB充電

昨今、煽り運転、交通違反が増えてきたので自衛のためにドライブレコーダーを購入しました。

このAnker Roav DashCam C2は、安価で動画も綺麗に撮影できています。
給電はUSBです。

JAPAN AVE.® FMトランスミッターが、USB×3ポートなので
スマートフォン(カーナビ&音楽)
   +
ドライブレコーダー
と2つ給電しています。

これは、ものすごくありがたい。
配線もスッキリしています。
USB×3ポートなのであと1つ充電口があります。
これ以上の充電は、あまり考えられないのですが、これでクルマの電脳化は、完了

一気に回転が上がるエンジンと独特の乗り心地から離れられず、修理しながら乗り続けています。
古いクルマには、カーナビやオーディオなど不便なことも多いのですが少しの出費で最新のデジタルデバイスを搭載することができます。

スマートフォンは、ベルキンで固定、一度も落下などのトラブルがありません。

まとめ

以前購入したFMトランスミッターは、雑音が多くてストレスが溜まりました。
あれから2年、これほど進化しているとは思いませんでした。

値段もそれほどしないのでUSBのチャージャー単体としても使えるし、折りたたみ式で小さくなります。
それとケーブルの煩わしさがないのがいいですね。

旧車を乗っている人には、このセットをオススメします。

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.