小僧のオススメ

FeliCa対応 SIMフリーのスマートフォンに注目 おサイフケータイ 4機種のご紹介

更新日:

468 x 60 バナー広告A

Sony Xperia XZ Premium G8142 (Dual 64GB) - Deepsea Black (並行輸入品)

SIMフリーのAndroid端末が増えてきました。
余計なアプリケーションがインストールされていないAndroidは、あなたが使いやすいようにカスタマイズできます。

お仕着せのルールで縛られたくない人には、これ以上のスマートフォンはありません。

そう!Androidは、自由なのです。

その自由なSIMフリーのAndroid端末にFeliCaチップが搭載されはじめました。
つまり、Suicaなどが使えるようになったのです。

これまで、キャリアでしか買えなかったおサイフケータイは、SIMフリーの空に羽ばたくことができるようになりました。

今回のIT小僧のオススメは、
FeliCa対応 SIMフリーのスマートフォンに注目 おサイフケータイ 4機種のご紹介
と題してFeliCaの話SIMフリー端末についてご紹介いたします。

小難しい話をわかりやすく解説しながらブログにまとめたましたので
最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

交通系ICカード使っていますか?

通勤、通学で使ってい交通系ICカードお持ちですか?
全国の公共交通機関で使える便利なものです。

発行企業によって名前の呼び方が違っていますが、基本同じです。
主な国内のカードは、以下のようになっています。
「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社
「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社
「PASMO」は株式会社パスモ
「manaca(マナカ)」は株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー
「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社
「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAI
「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社
「はやかけん」は福岡市交通局
「nimoca」は西日本鉄道株式会社
「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。

最近は、海外でも使われているところが出てきました。
・オクトパスカード&モバイル(香港)
・ICカード乗車券兼用の銀行カード(スリランカ)
・SPASSカード(バングラディシュ)
香港のオクトパスカードってタコ?
オクトパスカードは、よくわかりませんが、切符を買わない生活が当たり前になりつつあります。

さらに電子マネーと呼ばれるものも増えてきました。
楽天Edy
nanaco
WAON
QUICKPay

キャッシュレスで生活できそうな状況となりました。

これらは、すべて FeliCa という規格で作られています。
FeliCa(フェリカ)は、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式、および同社の登録商標でFeliCaの意味は、
「至福」を意味する「Felicity」と「Card」を組み合わせ
で命名されています。

FeliCaについて

FeliCaは、ICチップとしてカードやスマートフォンに組み込まれていて複数のサービスを搭載可能です。
プログラムで書き換え可能なのでスマートフォンの機種変更にも対応できています。

近距離無線通信技術Near Field Communication (NFC)と呼ばれる規格み準拠しています。

特徴は、なんと言っても

激速(げきはや)

その認証スピードは、
暗号処理を含めても
約0.1秒以内

鉄道系の場合だと
0.1秒前後で定期、運賃計算、乗越計算、そして精算処理まで完了

都会のラッシュアワーでも人が途切れることがないくらい認証スピードが速い。
これが、他のNFCという技術だと数秒以上かかってしまいます。

都会で通勤している人は、わかると思いますが、認証スピードが、数秒になってしまったら
改札の前で人が溢れます。
いや、階段、ホームまで人があふれることでしょう。

これは、凄い技術ですよ SONYさん

でも、このFeliCa使用されているのは、ほぼ日本だけなんです。

FeliCaの説明(SONY)
https://www.sony.co.jp/Products/felica/about/scheme.html

NFCについて

スマートフォンにこんなマークが印字さえていたり、メニューにNFCとかありませんか?

このNFCというのは、
Near Field Communication (NFC)
で日本語に訳すと
近距離無線通信技術
と言われています。

簡単に説明すると
二つの機器間で無線通信をおこなうための技術
のことで10cmぐらいに近づけて無線通信を行うものです。

規格というものは、主導権争いが多く、規格を勝ち取れば、大きなカネを生み出します。
ということでNFCにも「Type-A」、「Type-B」という規格があります。

タスポ、パスポートなどでは、このNFCの規格になっているので使ったことのある人も多いかと思います。
Suicaより遅いと感じませんか?
そう、認証するまでのスピードが遅いのです。

前の章で
近距離無線通信技術Near Field Communication (NFC)に準拠
と書いたのですが、FeliCaは、もともと「Type-A」、「Type-B」と並んで3番目の規格として存在していたのですが、FeliCaが使われている地域が、日本に限定されているため、現在では、準拠という形になっています。
政治的な力関係があるかどうか、憶測に過ぎませんが

優れたものが、認められないこともある

というのが、規格の世界です。

というわけで、FeliCaが使われているのは、ほぼ日本ということになってしまいました。

もっとも日本のような通勤・通学の混雑は、欧米ではあまりないでしょうから
なんで 0.1秒で認証できなければならないか を理解できないことでしょう。

詳しくは、以下のリンク先に書かれているので興味のある方は読んでみてください。
NFC Forum Technical Specifications
https://nfc-forum.org/what-is-nfc/

おサイフケータイとFeliCaの関係

おサイフケータイは、携帯電話に埋め込まれたFeliCaチップ(ICチップ)を使った日本独特のサービスで
サービスに対応したモバイルFeliCaチップおよび対応SIMを内蔵した携帯電話機、携帯端末の総称にななります。

ですから
おサイフケータイは、FeliCa対応スマートフォン
でよいかと思います。

FeliCa対応したiPhone

ほぼ日本でしか利用されていないFeliCaです。
スマートフォンには、NFCは搭載されていますが、FeliCaは、都債されていないものが多いのです。
それは、スマートフォンの殆どが世界共通仕様で設計されているので

わざわざ、ほぼ日本しか使われていないFeliCaに対応するのは、コストがかかる。
コストをかけてまで日本仕様にするほど、端末が売れるのか?

と言う企業の思惑があります。

ところが、2017年大きな風が吹いて来ました。
Appleは、iPhone7からFeliCa対応にしてきたのです。

わざわざ日本のためにコストを重視するAppleがFeliCa対応するとは思いもしませんでした。

それだけ日本は、iPhoneが売れているというわけです。
2017年の調査では、圧倒的にiPhoneです。
iPhone    68.6%
Android端末 30.4%
このようなiPhoneのシェア率は、日本だけです。

世界的シェアだと大まかこんな感じです。
iPhone    19.6%
Android端末 71.9%

調査期間に差があると思いますが、日本だけ異常なiPhoneのシェアとなっています。

今まで、FeliCaがないから、Androidを使っていた人は、これでiPhoneに移って行きました。

iPhoneがなぜ日本だけ売れているかどうかは、別の機会にお話するとして
iPhoneの普及に拍車がかかったことは間違いないです。

FeliCa未対応が多いSIMフリー端末

3キャリアとよばれる、docomo,au,SoftBankから販売されている多くのスマートフォンは、iPhoneも含めFeliCaに対応しています。
一方、SIMフリー端末(キャリア以外から販売されている端末)の多くは、FeliCaに対応していません。

SIMフリー端末のほとんどは、Android端末で「基本世界中で売られているものと同じ」です。
Android OSは、Windowsと同じように最初から日本語モードが入っていて使えるようになっているのでほとんどの端末は日本語が使えます。
※1.日本で販売されていないもので中国製品は、漢字が中国語を使っているので少し変?
※2.日本で販売されているものは、きちんと日本の漢字が使われています。

MVNO(通称で格安携帯)と呼ばれる、低価格な通信量の接続業者では、スマートフォンも販売しています。
また、SIMフリーと呼ばれるAndroid端末は、Amazonでも購入することができます。

SIMフリー端末の多くは、Android端末なわけですが、FeliCaが搭載されていませんでした。
経営的に考えても日本以外で使われていないFeliCaをコストをかけて搭載しません。
ということでSIMフリー端末では、Suicaは、使えなかったのです。

ところが、最近 SIMフリー端末なのに、FeliCaを搭載する端末が増えてきたのです。

これは、日本市場でSIMフリー端末が売れ始めたということを意味します。

集計期間:2018年08月13日~08月19日(BNCランキング)
https://www.bcnretail.com/research/ranking/list/contents_type=36

1位~3位は、3キャリアのiPhoneですが、4位のHuawei P20 lite8位のHuawei nova light 2とSIMフリー端末が売上上位に入ってきています。
MVNO(通称で格安携帯)の普及が進んできたことも要因ですが、日本でも何がなんでもiPhoneというわけではなく
スマートフォンを安く使おう
3キャリアで高い通信量を払っていた人が、低料金でスマートフォンを使いたいという流れになってきました。

あまりにも高額な通信量と10万円を超えるスマートフォンを持ち歩くことが、異常であるということに気が付き始めたかも知れません。
賢い消費者が増えてきたと考えられます。

SIMフリーのスマートフォンとMVNO(格安SIM)で運用というスタイルが、定着してきました。

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

FeliCaに対応したAndroid端末

SIMフリーのAndroid端末が増えてきたことで、製造、販売しているベンダー各社は、日本市場に積極的になってきました。
Huawei、Oppo、ASUS、HTC、Motorola、そしてSHARPは、SIMフリーのAndroidで急激に伸びてきています。

そのなかでHuaweiは、3キャリアで販売することに成功しました。
今までの例ならば、3キャリアで取り扱った端末は、SIMフリーで販売していないわけでしたが
Huaweiは、高級機以外は、SIMフリーとして販売しています。
SHARPも同様にSIMフリーでも販売しています。

なぜ3キャリアで販売している機種が、SIMフリーで販売できないかは、いろいろな叙情があるわけですが、消費者としては選択肢が増えることで大歓迎です。

そのSIMフリーのAndroid端末でFeliCaを搭載してきた機種が出てきました。

この後、ご紹介する4機種は、完成度が高くクセのないAndroid端末なので自身をもってオススメできます。

AQUOS R Compact

auとSoftBankから発売されている中間クラスの機種です。
なんと言っても液晶が綺麗
サイズがコンパクトで普段使いには、ちょうどいいサイズ

主要スペック
画面サイズ(解像度):約4.9インチ(1080×2032)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約66×132×9.6mm
重量:約140g
SoC:Snapdragon 660 SDM660(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
メインカメラ:約1,640万画素
サブカメラ:約800万画素

ゲーム主体でなければ十分すぎるほどの性能を持っています。
SHARPは、外国企業傘下になってからスマートフォンが売れ始めました。
ごちゃごちゃしたものを整理して、シンプルでSHARPの得意分野を全面に押しだすことで成功しつつあります。
国内では、ソニーモバイルのXperiaを追い抜く勢いを持っています。

小さめな画面サイズのスマートフォンの購入を考えるならば、一番目に検討する端末と思っています。

AQUOS sense plus

キャリアでは販売されていないSIMフリーモデルでSHARPから
AQUOS sense plusが販売されています。

主要スペック
画面サイズ(解像度):約5.5インチ(1080×2160)
サイズ(幅×高さ×厚さ):71×151×8.9mm
重量:約157g
SoC:Snapdragon 630 SDM630(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
メインカメラ:約1,640万画素
サブカメラ:約800万画素

こちらは、大きな画面を使いたい人向けで、発売後2年間に最低2回のバージョンアップが保証されている。
という端末です。

大きめな画面サイズのスマートフォンの購入を考えるならば、AQUOS R Compactではなく、AQUOS sense plusを検討してください。

HTC U12+

SIMフリー端末でハイスペックなスマートフォンが売れるかどうかは、正直未知数です。
HTCの端末は、素直な機種でOSのバージョンアップも行われるし、このHTC U12+は、メインカメラとフロントカメラの両方がデュアルカメラという特徴のあるスマートフォンです。

主要スペック
画面サイズ(解像度):約6.0インチ(1440×2880)
サイズ(幅×高さ×厚さ):73.9×156.6×8.7mm
重量:約188g
SoC:Snapdragon 845 SDM845(2.8GHz×4+1.7GHz×4)
RAM容量:6GB
ストレージ容量:128GB
メインカメラ:約1,200万画素(広角)、約1,600万画素(望遠)
サブカメラ:約800万画素×2

このスペックは、現在、世界中で販売されているAndroid端末でトップクラスなのでリアルタイムゲームもストレスありません。
カメラ性能もトップクラスです。
また、「エッジセンス」という端末を握ることでいろいろな操作ができるという特色もあります。
思ったより重量も軽く、Xperia XZ2 Premiumと同等のスペックなのにこちらは、48g近く軽く、ハイスペックのSIMフリー端末として高い次元でバランスが取れています。

高スペックなSIMフリー端末が欲しい人にぴったりなスマートフォンです。
そして最大のオススメポイントは、キャリアのアプリがインストールされていないので仕様どおりのパフォーマンスが発揮できます。
つまり、足を引っ張るアプリや改造がされていない。
これは、HTCの大きなアドバンテージになります。

Xperia XZ Premium

XZ2は、デザインが嫌われたのか? 重さが問題なのか? 売れていません。
一方 XZ1という前モデルが売れています。

ソニーモバイルは、3キャリアにスマートフォンを提供しているので基本SIMフリー端末は、販売されていませんが、ソニーグループのnuroモバイルから入手することができます。
2017年モデルの最高スペック機種でAndroid 9のアップデートも発表されているので長く使える端末になります。

主要スペック
画面サイズ(解像度):約5.5インチ(2160×3840)
サイズ(幅×高さ×厚さ):77×156×7.9mm
重量:約191g
SoC:Snapdragon 835 MSM8998(2.45GHz×4+1.9GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
ワンセグ/フルセグ:搭載/搭載
メインカメラ:約1,920万画素
サブカメラ:約1,320万画素

この機種の最大の利点は、性能をスポイルするキャリアのアプリが入っていないことです。
本来持っている性能を発揮できます。
そして最新機種で廃止されてしまった、ヘッドホン端子付きです。

しかも大幅なプライスダウン
もしかしたら、一番、お買い得なのは、Xperia XZ Premiumをnuroモバイルで購入するのが一番賢い方法かもしれません。

これは、技適がないので日本では使えません。

nuroモバイルで購入したほうがお得です。
在庫がいつまであるかわからないので欲しい人は急ぎましょう。

旧機種なので「いつ販売終了になるかも知れません」ので検討されている方は、急いでください。
同じ旧機種の XZ1もキャリアから販売されているものが売れていて、色によっては売り切れがでているところがあります。

個人的には、格安SIMを契約していなかったら、これを一番にオススメします。

まとめ

FeliCa対応 SIMフリーのスマートフォンに注目 おサイフケータイ 4機種のご紹介
と題して FeliCaの話を中心にまとめました。

SIMフリー端末は、余計なアプリやOSの改造がされていないため、もともと持っている性能を十分に発揮できるAndroid端末です。

キャリアから販売されている同機種を触ってみると一目瞭然
この機種って こんなにキビキビ動作するんだ
と感動することもあります。
全部が全部ではありませんが、 SIMフリーのAndroidの素性の良さをみていただきたいと思っています。

本当のAndroidって こんなに素晴らしいものだと感じていただきたく願っています。

本日ご紹介した4機種です。

これは、FeliCa対応でないことと技適がないので日本では使えません。

 Xperia XZ Premiumならばnuroモバイルで購入したほうがお得です。
在庫がいつまであるかわからないので欲しい人は急ぎましょう。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

 

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-小僧のオススメ
-, , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.