IT小僧の時事放談

IT深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい 2019/8/10~2020/8/15

いきなり、真夏 猛暑 過激なまでに暑い日々が続いている。

インフルエンザや風邪だと言って、マスクを外す運動をしている連中がいますが、ただの金儲けの道具になっているとも知らずに応援してsいる人達もいるらしい。

今週も寝る前の5分間ほどお付き合い いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

8/10(月)

接触確認アプリ、入れてるのに「陽性登録」できない... COCOA「処理番号」届かぬ事例複数、いったいなぜ?

 国が配信を始めた新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」はダウンロード数が1200万件を超えたが、肝心の陽性者の登録は165件にとどまっている(2020年8月7日午後5時現在)。COCOAで陽性者から通知を受けられる機能が始まった7月3日から8月7日までの全国の陽性者数(約2万6千人)の0.6%だ。

詳しくは、リンク先の記事をみていただければわかるのだが、アプリが悪いわけではなく

この国の仕組みが、腐っているわけです。
このあたりは、記事にしましたが、特のお役所の時代遅れは、想像を超えています。

このままだと、あと5年もたたないうちに情報技術後進国となってしまいます。
これは、大げさなことでもなく まじな話 です。

8/11(火)

楽天、純損失274億円 携帯参入が利益圧迫 6月中間決算

楽天が11日発表した2020年6月中間連結決算は、純損益が274億円の赤字に転落した。前年同期は1002億円の黒字だった。中間決算の赤字は2011年以来9年ぶり。携帯電話事業への参入やインターネット通販事業の自社配送網の整備など先行投資が利益を圧迫した。

新型コロナウィルスの影響でAmazonを筆頭に通販業界は伸びている。
しかし、楽天は、携帯電話事業にカネをつっこんでいるためその利益を吹っ飛ばし、さらに赤字を生み出した。

この先行投資は、回収できるのでしょうか?
今は、無料なので契約している人が、継続して有料でも使ってくれるのか?

だれもわからない。

8/12(水)

ツイッター「クソリプ防止」機能に賛否 引用RTで対抗、「フィルターバブル」加速の懸念も

 ツイッタージャパンは2020年8月11日、ツイートのリプライ(返信)を制限できる機能を導入した。

誹謗中傷の書き込みや、相手を不快にさせるようなリプライ、いわゆる「クソリプ」を未然に防げると歓迎する声がある一方、懸念も上がっている。

LINEを若い人が使わなくなったのは、お役所や政府機関が利用、年寄が、使い始めたためと言われている。
規制が増えれば、危うい世界がなくなり、つまらなくなります。
つまらなくなれば、やがて縮小となるでしょう。

誹謗中傷は問題だけれど やりすぎるとつまらない

バランスを取るのは難しい。

8/13(木)

アップルが定額パッケージ「アップルワン」、10月にも開始-関係者

(ブルームバーグ): 米アップルは、複数の定額デジタルサービスを顧客がまとめて利用できるパッケージの提供を準備している。サービスごとの契約より安い月額料金で利用できるようになるという。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

プランの非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、アップル社内で「アップルワン」と呼ばれるパッケージは、「iPhone(アイフォーン)」の新機種投入に合わせ、10月にも開始する予定。経常的収入を増やすため、アップルのより多くのサービスに加入を促す狙いがある。

アップル社は、すでに最先端の技術を提供はしません。
iPhoneをみてみればわかるように、完全にAndroidの後追いをはじめています。
要は、すでに獲得したiPhoneを軸にしたAppleブランドないで商売をはじめています。

なぜなら、中身やデザインをあまりかえなくても一定数売れるわけですから、次は、Appleでしか使えないサービスを使ってカネを落とさせる方針となっています。

この「アップルワン」という施策は、それを顕著に表しています。

今年の秋に発売されるiPhoneもデザインは、さほど変わらず、あの切り欠きはそのまま
5Gの搭載程度になるでしょう。

あ! 廉価版と称して古い筐体の再販売を行うかもしれません。

8/14(金)

『フォートナイト』がガイドライン違反を理由にApp StoreとGoogle Playから削除。開発元Epic Gamesは即座に訴状とともにAppleのCM“1984”のパロディCMまで公開

 2020年8月14日、Epic Gamesの人気バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』が、AppleのiPhoneやiPadなどのiOSデバイス向けストア“App Store”からガイドライン違反を理由に削除された。(2020年8月14日午前8時追記:Android向けのGoogle Playからも削除されたのを確認した)

この措置は具体的に、同ゲームがApp Storeを介さない独自の課金システム“EPIC ディレクトペイメント”を実装・App Storeより安い割引価格で運用開始したことを対象にしたもので、Epic Gamesは削除を受けて即座にAppleを相手取った訴状を公表。さらにAppleの有名なCM“1984”をパロディにした映像をYouTubeやゲーム内で公開した。


米中の争いに巻き込まれた中国の反攻作戦か?
しかし、やるなぁ このCM

このぐらいのことを日本企業もやってほしいな・・・

できないだろうけど

8/15(土)

米大統領、TikTok売却命令 安保上の懸念、中国の反発必至

【ワシントン共同】トランプ米大統領は14日、中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)に対し、同社が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を90日以内に売却するよう命じた。安全保障上の懸念が背景にある。中国の反発は必至で、新型コロナウイルスの情報開示問題や香港問題などに続く対立激化の新たな火種になっている。

トランプ氏は米国事業を売却しなければ利用を禁止すると既に圧力をかけている。今月6日にはバイトダンスとの取引を45日後から禁止する大統領令を発出。売却命令で、中国のアプリ排除を進める強硬姿勢を改めて明確にした形だ。

禁止にするだけではなく、米企業に売れと!

やるなぁ 中国に集めさせた世界中の情報を自分のところにもってこようとしている。

スマートフォンを手にした瞬間から個人情報を手渡しています。
どんなに防御しようが、無駄なこと
いやだったら、スマートフォンも携帯電話も手にしなければよい

と思っている。
問題は、中国に情報を渡すか、米国に情報を渡すかという選択

IT小僧は、中国のあの政治体制には、賛成できないので米国のほうが、まだましか・・・
と思う。

日本では、未だにTikTokのCM(ネット)を流しているけど

今週のまとめ

経済をまわさなければならない

最新よく言われていますが、経済はなにも観光だけではない。
正直、あと数年は、インバウンドなど当てにならないわけですから、多くの観光事業は、消えるでしょう。

それは、新型コロナウィルスというものが、ばらまかれた(実&虚)ことで変えていかなければならないことだと思っている。
経済を回すとは、観光を税金で助けることではなく 新しい産業を起こすべきと思っています。

もっとも 多くの産業が、中国をはじめ諸外国に持っていかれてしまい。
日本は、産業の多くが、部品メーカーとして下請けで生き残りをしている。

日本に残ったのは、観光(インバウンド)しかなかったとおえらいさんは、とっくに気がついているのかもしれない。
だから、オリンピックとか万博とか、いあmさら誘致をしたと思われます。

観光を国の主産業にしているのは、自国で何も生み出すことができなくなった証拠

いまさら「ものづくりニッポン」ではないだろう。
そんなことは、町工場のボブスレーで懲りたと思う。

ITとか、とっくに周回遅れになっているので 別のテクノロジーを国が支援して、日本でなければできない産業で世界に売れるものを作り上げるべき。
Go To トラベルに使うカネがあるのならば、医療や研究所を支援すべき

深夜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、おやすみなさい

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

スポンサーリンク

 

-IT小僧の時事放談
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.