IT小僧の時事放談

新型コロナウィルス(COVID-19)の予防に手洗いだけではなく、スマートフォンも清潔にしよう

TORAY クリーニングクロス タブレットトレシー グレー TBTI2520-G101

緊急事態宣言が、発令されました。

と言っても海外のように「都市封鎖」でもなく
満員電車で通勤しているIT小僧の生活は、あまり変わらないかも知れません。

休日は、引きこもりなので そもそも 不要不急の外出はしていないから、あまり関係ないのです。

今回のIT小僧の時事放談は、
新型コロナウィルス(COVID-19)の予防に手洗いだけではなく、スマートフォンも清潔にしよう
という話です。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

感染予防

マスク姿が、日常になっていますが、マスクは、自分の飛沫を周りに飛ばさないためにあるもので、感染予防ではあまり役に立たないとも言われています。

感染予防には、手洗い、顔に触れないということが重要なので出社後にすぐに手を洗う毎日です。

ところが、意外なところにウィルスが住み続けているということがわかってきた。

最長96時間

新型コロナウィルスは、ガラスの上で96時間生き続けるということが科学者によって発表されています。

つまり手に触れる、スマートフォンもウィルスの住処になっている可能性もあるということです。

せっかく手を洗っても、汚れたスマートフォンを触ることで感染するリスクもあるわけなのです。

定期的にお掃除しよう

スマートフォン(キーボードもですが)は、一日、何度手でコスコスするでしょうか?
トイレ、昼食 もうどこにでも持ってゆくスマートフォンですから、その表面は、予想より汚れています。

「スマホのディスプレイに便器の18倍の雑菌が付いている」

雑菌=悪者 とは、限りませんが、ノロウィルスやインフルエンザの感染源となる可能性は否定できないようです。

クリーニング時の注意

薬品注意

スマートフォンをクリーニングするときは、優しく拭き取りましょう。

研磨剤、漂白剤などの除菌シートは使わないほうがよい。
強いアルコールは、ガラス表面のコーティングまで落としてしまう可能性が高い。

優しく拭きましょう

ゴシゴシしてはいけません。
ガラスの表面に傷が付きます。

優しく、マイクロファイバークロスかカメラレンズ用のクロスを利用をオススメします。

IT小僧は、東レインターナショナル スマートフォントレシーを使っています。

少し、高いけど、効果は抜群です。

カメラ用のクロスもいい感じですが、個人的には、トレシーが好み

エアダスターは使うな

ホコリ取りのエアダスターは、キーボードなどでは有効ですが、スマートフォンは、オススメしない。

なぜなら、スマートフォンには、小さな穴が開いている。
エアダスターだとこの穴(マイク他)にホコリを押し込める可能性がある。

小さな穴の掃除は、綿棒(百均だと繊維がバラける)やようじで気をつけて取り去ろう。

水洗い

IP68等級のフル防水ならば、水につけて洗うのもありですが、万が一ガラスにヒビが入っていたらアウト!

基本的にスマートフォンは、電子部品ですから、水には注意!

Pixel

グーグルのサイトでは、スマートフォン「Pixel」の掃除方法が掲載されている。

スマートフォンを拭いてきれいにする

  1. スマートフォンをオフにして電源を抜きます。
  2. 糸くずの出ない柔らかい布で、スマートフォンの汚れを軽く拭き取ります。一般的な汚れには、以下をご使用ください。
  • 筋、汚れ、ほこりには、乾いた布をご使用ください。
  • メイクや新しいジーンズなどの色移りには、湿った布をご使用ください。
  • その他の汚れには、以下をご使用ください。
  • 画面: 画面用拭き取りシートや眼鏡用クリーナーをご使用ください。
  • 背面、側面: 一般的な家庭用石鹸や漂白剤無配合の掃除用シートをご使用くださ

スマートフォンを除菌する

画面などのスマートフォンの除菌には、一般的な家庭用除菌シートまたは濃度 70% のイソピルアルコールベースのシートをご使用いただけます。漂白剤配合タイプのシートは使用しないでください。

iPhone

iPhone のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?
70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、iPhone の外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に iPhone を浸さないでください。

まとめ

手洗いをしてもスマートフォンにウィルスが付着していたらなんの意味もありません。

神経質になることは、ないけれど、一日一回は、軽くクリーニングをオススメします。

あとは、トイレに持ち込まない(使わない)、食事をしているときに使わない

ということが大事だと思っています。

スポンサーリンク

-IT小僧の時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.