IT小僧の時事放談

2020年度の概算要求 IT関連で約5000億円 マイナンバーカードの普及・利用促進だけで約1800億円要求しているらしい。

投稿日:

AdSence 自動サイズ

国家のシロアリ: 復興予算流用の真相

2020年度の国家予算に関する概算要求が、まとまった。
総額 104兆9998億円 過去最大の要求金額です。

そのうちIT関連は、約5000億円 その中で
マイナンバーに関わるもので約2100億円となっている。

は! マイナンバー? なんでそんなに予算を使うの?

今回のIT小僧の時事放談は、
2020年度の概算要求 IT関連で約5000億円 マイナンバーカードの普及・利用促進だけで約1800億円要求しているらしい。
と題して、日本の「IT・デジタル産業について考えてみよう。

小難しい話をわかりやすく解説しながらブログにまとめました。
最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

2010年度予算

中央省庁の2020年度予算に対する概算要求をみてみよう

総額は過去最高の104兆9998億円
IT関連の主だったものを集計すると5344億3800万円になっている。

ITを制するものが世界を制するというように中国などは、5Gを切り札に世界戦力を置い勧めています。
米中貿易戦争のひとつは、5Gで圧倒的な技術力を持っている中国への牽制の意味もあるのです。

そんな中、ITの研究やインフラに係る予算は以下の通りである。

5G基地局、光ファイバー網などの全国展開支援
132.9億円 5%増

地域課題を解決するローカル5Gの開発実証
70.1億円 新規

人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティー統合プロジェクト
96億円 4%増

医療介護分野でのAI(人工知能)やロボットの実用化推進
32億円 新規

スーパーコンピュータ「富岳」の開発
200億円 98%増

予算の多くをお役所自身のデジタル化に向けています。

内閣官房
政府システムの調達一元化に伴う一括要求
734.1億円 新規

デジタル化は、企業も取り組んでいる最優先事項なので必要なのですが、734.1億円って、他の案件に比べて大きすぎない?

しかし、驚くのはここからです。

マイナンバー予算

マイナンバー、イマイチ、ぼんやりしているシステムです。
マイナンバーカードなどなくても免許証があれば事足りる身分証明でなぜ、もうひとつ必要なのか?

マイナンバーカードの取得率は、約12% という数字をみれば
「いらないシステム」
であることが、はっきりしている。

このマイナンバーカードの取得率を上げるために税金を大量につぎ込もうとしている。

総務省
マイナンバーカードの普及・利用促進
1801.5億円 591%増

マイナンバーカードを使ったキャッシュレス決済基盤の構築
金額未定 新規

厚生労働省 医療保険分野でのマイナンバーの利活用
145億円 54%減

法務省 戸籍事務とマイナンバー制度の連携など
99.1億円 160%増

内閣官房 マイナポータルの整備など
56.2億円 36%増

マイナンバー関連で 1801億5000万円の予算を請求しているのもやりすぎと思うけれど

その8割に当たる1493億円をマイナンバーカードの無料交付にかかる経費

としている。

持っていなくても生活に困らないカードの発行に1493億円の予算

なんという無駄遣いとIT小僧は思う。
そんなところに予算を使うならば、科学、医療、ITの研究、教育に予算を使うべきである。

マイナンバーの失敗

マイナンバーを最初から義務化していれば、こんな馬鹿なカネを使う必要がなかったわけです。

反対があるだろうけど

「身分証明書は、マイナンバーカード」
「常時携帯を義務付け」

するぐらいの覚悟でやらないと絶対に普及しない。

そして平日交付中心で夜間も交付しない(土日は、ごく一部で限られている)という
「お役所体質」では、普及しないのが当たり前

もっとも、土日休日早朝残業手当が、民間より高額な公務員の給与体系そのものが、そうさせていると思いますが・・・

話をもどして

マイナンバーの普及をぜひともやりたい 政府としては、なりふり構わず 普及させようとしている。

その最大の方法が、消費税増税のポイント還元に使われている。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

消費税増税のポイント還元

消費増税後の消費落ち込みを和らげるために導入する新たなポイント制度「マイナポイント」を導入しようとしている。

内容は、マイナンバーカードを本人認証やポイント管理に使って、店舗などでの購入額の一部をポイントとして還元する

おいおい あと数週間で増税なのに これから導入ですか・・・

これが、政府が考える「マイナンバーカードの普及の切り札」です。
そしてその予算に1493億円使うという。

マイナンバーを使うことにより、手続きの簡略化、役所のコスト削減などを目指したはずなのに
マイナンバーは、住民票をコンビニで なんて使い方ぐらいしか提案できていない。

今後、保険証変わりにということになりそうですが、

それなら、最初から やればよかったはず

結局、予算の大半は、天下り先や関連団体に吸い取られて消えてゆくだけになるだろう。

まとめ

今回は、IT関連の予算について「あれこれ」と書いてきましたが、これからのことを考えるならば

「教育」
「先端技術の研究」

この2つに力を入れるべきと考える。

小学生にプログラムの科目を入れるだけではなく、優秀な子供に専門の教育を受けさせるなどをはじめないと世界から取り残されてしまします。

まだ、概算要求なので決定ではありません。

消費税増税対策のためにマイナンバーを使うのは、よいと思うけど、その金額が、他の予算に比べて突出している。

消費税まで後2週間

令和2年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針について
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2020/sy010731.pdf

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.