IT小僧のブラック時事放談

5G基地局を設置したのに、対応するスマートフォンが高くて普及しない可能性 「通信料金分離」の影響はでかい!

更新日:

AdSence 自動サイズ

「5G革命」の真実 --5G通信と米中デジタル冷戦のすべて (WAC BUNKO 301)

「東京オリンピック 2012」、おっと忘れてはいけない「ラグビーワールドカップ」があるんだった。

連日、東京オリンピック1年前で特にテレビが、連日、「煽る毎日」ですが、はたして

「こんなに暑いオリンピック」

大丈夫なんでしょうか?

選手はともかく

「ボランティアの人やばくない!」

今回のIT小僧のブラック時事放談は、
5G基地局を設置したのに、対応するスマートフォンが高くて普及しない可能性 「通信料金分離」の影響はでかい!
と題して、5Gの設置が着々と進んでいますが、それを使えるスマートフォンが売れるかどうか?
というIT小僧の推測ブログです。

推測なので「当たるも八卦当たらぬも八卦」なので気楽に読んでください。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

5G狂想曲

世界中で5Gを巡って 勢力争いを繰り広げています。
先行する「ファーウェイ(Huawei)」を米国が脚を引っ張って引きずり降ろそうとしていますが、仲間と思っていた欧州は、積極的に「ファーウェイ(Huawei)」を取り入れようとしています。

IT先進国と思われていた米国は、「なんとか 世界初の5G商用開始」にこぎつけたのですが、内容は、固定回線に使用するという「多少 インチキなもの」だった。

そんなことをしているうちに、欧州、中東、アフリカ、南米に着々と5Gを広めつつあるファーウェイ

秋のスマートフォンは、5G発表ラッシュ

通信モデムチップで5Gを発売しているのは、事実上「クアルコム社(Qualcomm)」のみ
ファーウェイ(Huawei)は、1チップ組み込みなので中国以外のメーカーは使わないと思います。

インテル社(Intel)も5Gを開発していたのですが、断念
そして、モデムチップ開発部門廃止、それをアップル社(Apple)が買収するというプロレスのような出来事がありました。

iPhoneは、見送り

アップル社(Apple)は、毎年恒例の新作iPhone発表会が秋に開催予定
買収したインテル社(Intel)のチップは、まだ使えないためクアルコム社(Qualcomm)に多額なお金を支払い電撃的に和解、これで5G搭載のiPhoneが、販売されそうだ!

といっても、それは、来年の話

2019年のiPhoneに5Gは、搭載されないらしい!
(予想を裏切って出たら凄いけど・・・)

Androidは、勝負かけます

一方、アンドロイド(Android)勢は、5Gのスマートフォンの発表ラッシュとなりそうです。
インフラがまだですが、先に出したもの勝ちではないですが、出るでしょう。

特にファーウェイ(Huawei)、サムスン電子(Samsung)は、最先端アピールで出してくるはず。

話題の折りたたみスマートフォンは、どこへやら・・・
話題の中心は、5Gとなるでしょう。
※中国は、国際都市 香港で5Gのスタートアップをしたかったはずですが、連日のデモでご破算になりそう。

特に、IT先進国と自慢したい韓国は、サムスン電子(Samsung)のギャラクシー(Galaxy)シリーズでアピール
折りたたみスマートフォンで大恥をかいた汚名挽回をはかりたいはずです。

日本はどうなの?

先日、Softbankが、フジロック・フェスティバルで5Gのデモを実施
肝心のスマートフォンは、まだですが、何もスマートフォンだけじゃないところを見せつける。

「どや! ドコモさんより さきにやったぞ」

という声お聞こえてきそうです。

日本の5Gは、オリンピックに向けてかなり進んでいると言われています。
5Gは、そもそもスマートフォンが中心ではなく、リアルタイム、大容量の伝送システムなのでこれまでの有線に変わるものと思っています。

光回線に変わって、電柱に5Gの基地局を設置、室内にルーターを置いて、家の中にネット回線を引くなんてありそうです。

今のように回線工事も必要ないので一気に普及するかも知れません。

もっとも、一般家庭でそんなに早いネット回線が必要かどうかは、わかりません。

スマートフォンも今のスピードで十分だと思うんですよね。
そんなに早くても(今の仕様だと)移動に弱いと思われる5Gが、はたして普及するかどうか?

(今の状況のままとして)
あの小さなディスプレイで5Gのスピードと大容量が必要かどうか微妙

もっとも国内のスマートフォンは、ほぼ、壊滅状態なので5Gに対応してくるのは、SONYだけでしょう。

普及しない 5Gスマートフォン

スマートフォンで5Gを快適に使いたい
といっても 5Gが使えるスマートフォンは、ハイエンドモデルだけでしょう。

10万円を越えるスマートフォンなど、購入できる人は限られます。
YouTuberか、スマートフォンオタク(俺か???)ぐらいでしょう。

iPhoneも来年モデルで5Gを搭載すると思いますが、間違いなく10万円越え

以前は、携帯電話会社が、半分ほど持ってくれたり、通信料金と2年縛りで
「ゴニョゴニョ」と混ぜ混ぜして 「実質半額」にしてくれたけど

総務省が

「料金と端末代金 混ぜたら いかんよ」
「値下げは、2万円までやで」

と余計なことをしてくれたので、高価なスマートフォンを買えなくなる恐れがあります。
しかも消費税アップ!

10万円のスマートフォンを購入すると11万円払う時代がやってきます。
たった2%だけど、インパクトありますよ。

というわけでスマートフォンは、コスパの良い数万円のアンドロイド端末(Android)が売れると予想しています。

もちろん、そのクラスで5Gなど、とうぶん搭載することはないでしょう。

つまり

「5Gは、普及しない」

という結論になります。

まとめ

5Gが、普及しないのは、デジタル推進をしているお役所のメンツがあるので
「なんらかの施策をするはず」
※注意:使う人のことは後回しかも知れません

「5Gのスマートフォンは、大幅値下げしていいよ」
「なんだったら 税金投入?(ないか)」

なんてことをやるかも知れません。

なにせ オリンピックがありますから
IT先進国をアピールしたい「ひとたち」がおおいはず!

そこに期待しましょう!

自分は、当分 いらないけど・・・

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧のブラック時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.