IT小僧の時事放談

Pixel 3と廉価版のPixel 3aの写真クオリティがほぼ同じな理由 スマートフォン下剋上

投稿日:

AdSence 自動サイズ

国内版SIMフリー Google Pixel3 64GB Just Black

Google(グーグル)社のPixel 3シリーズは、成功と言っていいだろう。
特に廉価版のPixel 3aシリーズは、カメラ機能がほぼ同じなのに値段が半額というこれまでにないスマートフォン階級制度を打ち破りました。

今回のIT小僧の時事放談は、
Pixel 3と廉価版のPixel 3aの写真クオリティがほぼ同じな理由 スマートフォン下剋上
と題して、なぜ半額のモデルでもトップモデルと同じような写真が撮れるのか?
について考えてみよう。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

Pixel 3の凄さ

「Pixel 3が売れていない」
多くのIT関連マスコミやブロガーがこぞって記事を書いていた。

その記事のいくつかは、

「カメラが1つなのに10万円もする。」

などというような稚拙な表現もあった。
彼らは、わかっていない。

なぜ、1つのレンズしかないPixel 3が、並み居るハイエンドカメラと同じぐらい、もしくは上回る写真を撮影することができるのか?

確かに9万円以上と値段は高い。

しかし、3年間のOSアップデート保証、毎月のセキュリティパッチなどアンドロイド(Android)、Google Photoへの制限なしなどを考えて3年使うならば、いいだろう。

なにより、写真が、ずばぬけて綺麗に撮れる。

綺麗に取れるというのは、一眼レフのように撮れるというわけではなく、インスタグラムなどスマートフォンで鑑賞するには、最適である。

我が家では「インチキカメラ」と呼んでいるぐらい、出来上がりの写真は美しい。
特に「夜間モード」で撮影した写真は、眼で見えないところまで描写しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今週のお仕事終了 #Pixel3 #teampixel

tatsuya sakakibaraさん(@habozou)がシェアした投稿 -

インチキ?失礼 マジックの仕組みは、AIです。

Pixel 3の中にフォトショップのプロが、瞬時に編集してくれるとでも例えたらよいでしょうか?

スマートフォンのカメラを多用するならば、Pixel 3には、勝てないと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

北海道リコッタチーズ、アイコトマト、バジルのカプレーゼ #キリンシティ #キリンシティ浦和 #Pixel3

tatsuya sakakibaraさん(@habozou)がシェアした投稿 -

スマートフォン下剋上

Pixel 3に関してよく言われることは

「できが良いんだけど値段がね!」

ブログやITマスコミが、「売れない」という根拠は、ここです。
そう高い。

ところが、衝撃的なPixel 3が登場してきました。

Pixel 3a/3a XL

値段は、約半額、アンドロイド(アンドロイド)

そしてもっとも驚くべきことは、

「約半額」

「お財布ケータイ」も搭載されているし、2倍の値段のPixel 3より「やや おちるチップセット」です。
Pixel 3と3aの違いはインカメラで3aの場合は、広角レンズがないことが一番の違いです。
しかし、メインカメラ性能は、ほぼ同じレベルとなっています。

スマートフォン下剋上

スマートフォンのラインナップでは、だいたい3つのクラス分けがあります。

8万円以上のハイエンド
4万円程度のミドルエンド
2万円程度のローエンド

クラス分けの大きな違いは、チップセットとカメラ機能
下のクラスになれば、スピードは遅くなり、カメラの性能が落ちます。

しかし

Pixel 3aシリーズは、カメラ機能は、上位機種とほぼ同じです。

4万円台のスマートフォンとして、カメラ機能では、圧倒的なクオリティを持っています。
カメラを重要視する人ならば、これだけでも「買い」でしょう。

まさに「スマートフォン下剋上」とも言える階級を無視した画期的スマートフォンだと思います。

Pixel 3/3aシリーズのカメラの秘密

Pixel 3/3aシリーズのカメラは、レンズが1枚なのに、ボケの表現が自由自在にコントロールできます。
夜間モードで撮影すれば、眼で見るより10倍近く美しい写真が撮れます。

手ブレ、連射撮影、望遠、接写、夜間モードもほぼ同じ性能で湯いつ違うところが、写真を撮影してから写真ができるまで少し時間がかかります。
少しといっても一呼吸ほどの差もありません。

どうして、半額程度のスマートフォンで上位機種と同じように写真が撮影できるかというと

「写真の補正をソフトウェアで実現」

しているからです。
ソフトウェアならば、処理スピードの違いこそあれ、できあがりはほぼ一緒になります。

一方、他社のスマートフォンは、、カメラユニットやAI機能で差別化しています。
ですから、出来上がりの写真が、上位クラスと違ってしまうのです。

ここが、他のメーカーのラインナップとPixel 3/3aシリーズの違いです。
同じソフトウェアなので差がないのは、当たり前、見え方が違うのは、液晶の差による見え方と思います。

まとめ

Pixel 3とPixel 3aの差は、チップセット、インカメラの数と解像度、完全な防水・防塵ではない、背面の材質、液晶の大きさと解像度の差ぐらいです。

軽くて、カメラが、10万円クラスのスマートフォンに並ぶかそれ以上でお財布ケータイ付き、バージョンアップは、Googleが約3年保証

これだけ搭載していて、5万円以下だとすると、2019年前半で登場したスマートフォンでベストコストパフォーマンス端末と行っていいと思います。

上記2社から発売されています。
またGoogle PlayからもSIMフリー版とし発売されています。

ぜひ今のスマートフォンの乗り換えの候補として考えてみてください。

Google Play
https://store.google.com/jp/product/pixel_3a

おまけ Pixel 3/3xl値下げ中

現在、docomo,SoftBankでPixel 3(ハイエンドモデル)が、大幅値下げ中です。
もし、この2社でスマートフォンの乗り換えをお考えでしたら、予算に応じて検討してみてください。
廉価版と値段の差があまりなければ、こちらを検討する価値があります。

ただしキャンペーンは、いつ終わるかわかりません。

Pixel 3/3xl関しては、次のPixel 4が登場する前の最後のチャンスかも知れません。

検討される方は、以下のリンク先のチェックを急ぎましょう

docomo

SoftBank

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-, , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.