IT小僧の時事放談

IT深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい 2019/6/17~2019/6/22

投稿日:

AdSence 自動サイズ

拳銃強盗、凶悪犯が逃げたり、地震などの震災があったり、米国とイランがきな臭い状況になったり
不安ばかりの一週間でした。

今週も寝る前の5分間ほどお付き合い いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

6/17(月)

未来の家、配線不要に? =部屋中どこでも無線充電-東大

東京大は、部屋中どこでもワイヤレス充電できるシステムを開発し、17日に実証用の部屋を公開した。スマートフォンの充電や照明の点灯などが部屋のどこにいても可能で、将来的には「電池が切れないIoT(モノのインターネット)」システムの実現につながるという。

なんでもワイヤレスになる最近の流行り物のひとつ

ワイヤレスということは、空間に「いろいろな電磁波や電波などが闊歩」するわけですが、そんなにワイヤレスにして精密機器などに影響は出ないのだろうか?

携帯電話の普及でラジオの受信に影響が出てきたりしていますが、人体の影響は?
そういえば、一時期言われた携帯電話の人体への影響はどうなった?
誰も言わなくなったので問題なしということで決着したのでしょうか?

それよりもワイヤレスにしたことで電力を無駄に使うことになるのでは?

でも便利なものは便利
スマートフォンの無線充電は、一度使うとこんなに便利なものはないと思うんだよね

6/18(火)

携帯解約違約金1000円 今秋施行 価格競争促す 総務省有識者会議

ブログでも取り上げたのですが、これをバンザイと言っている人は、内容をよく読んだほうがいい

「スマートフォンなどの割引の上限2万円まで」
「将来的には、割引なしに」
「長期間契約している利用者の上限に制限」
「2年契約と契約していない人の料金差額は、最大170円」

高価なiPhoneやXperiaなどのスマートフォンの「実質半額」は消滅
高価なスマートフォンは、買えなくなります。

携帯電話の解約料は、移動しやすいけど、そのキャリアで満足している人にとっては、2年縛りの割引が、170円程度になることで大きく損をするということになります。

「携帯解約違約金1000円」にする代償が大きいよ。

楽天電話へのお役所の支援であることは、ミエミエだと思います。

6/19(水)

20日明け方には公式サイトで 五輪チケット当選発表 申込者にメールも

2020年東京五輪チケットの抽選結果が20日に発表される。大会組織委員会によると、同日明け方ごろから公式サイト(https://ticket.tokyo2020.org/)で結果が確認できる。また同日正午前から夕方にかけて、申込者全員に登録したメールへ結果が届く。購入手続きは7月2日締め切り。当選したチケットの一部だけ買うことはできず、一括で購入する必要がある。

申込みも何万人待ち、結果を見るのも何万人待ち らしい
自分は、オリンピック期間は、できるだけ東京には近づきたくない(仕事はるけど)と思っているので申込みなどしなかったけど
「チケット代金 高いなぁ」

テレビで見ようっと
マイナーな競技でもネットでも観ることができるしね。

6/20(木)

メルカリ、相次ぐ新事業撤退は「新陳代謝」か「衰退の始まり」か

リマアプリサービスのメルカリが、ライブ動画配信サービスの「メルカリチャンネル」を2019年7月8日15時で終了すると発表した。

ネットサービスが成功するとそれに乗じて次々とサービス拡大をする傾向が続いていますが、そんなに次々と当たるわけがない。
でも出してみないとわからないのです。

おカネをガッツリかけて戦略的に行わないと難しい、事業拡大で成功しているのは、LINEとDMMぐらいかな?

6/21(金)

Google、オリジナルタブレットから撤退し、Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に専念

米Googleは、「Pixel Slate」を最後にオリジナルタブレットから撤退する。米Computerworldが6月20日(現地時間)、Googleの広報担当者に確認したとしてそう報じた。Chrome OS搭載のオリジナルハードウェアは、ノートPC型のChromebook、「Pixelbook」にフォーカスするという。

タブレットは、iPadの一人勝ち状態ですから、あえて勝負しない。
ということでしょうか?

Appleは、iPadをビジネスの中心にしたいと考えていて、あえて専用のOSまで導入しようとしています。

ライトビジネスならば、iPadで事足りますが、何かを作ろうとしたら、WindowsとOfficeには勝てない。

6/22(土)

FB仮想通貨創設 金融秩序に動揺、各国が警戒感

【ワシントン=塩原永久】米交流サイト大手フェイスブック(FB)が独自の暗号資産(仮想通貨)構想を発表し、波紋が広がっている。世界27億人の利用者を抱える同社だけに、独自通貨のサービスが浸透すれば既存の金融秩序を揺るがす可能性がある。米議会では、プラバイシー保護をめぐる批判を浴びた同社に構想中止を求める声が浮上。仮想通貨のルール整備が追いつかない中、各国当局も慎重姿勢をとり、実現のハードルは低くない。

仮想通貨は、暗号資産と名前が変わり、すでに終わった世界と思っています。
ここのきてFacebookが、暗号通貨に手を出すということは予想もできなかったのですが、既存の金融秩序を守りたい人たちは、どんな手を使ってでもつぶしにかかるだろう。

勝手におカネのやり取りをされてしまったら、銀行は壊滅します。

今週のまとめ

今週もヤフーニュースからの話題でまとめてみました。

今週で6月終了、2019年も後半へと突入します。
2019年の後半は、参議委員選挙、消費税増税、携帯電話料金問題
国際的には、米国 vs 中国、米国 vs イラン
米国大統領選挙が、本格化してきます。

今週は、どんなニュースが出てくるか楽しみです。
深夜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、おやすみなさい

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.