IT小僧の時事放談

Xperia(エクスペリア)は、復活できるのか? Xperia 1 発売直前特別企画  第1弾 Xperia 1を買うか買わないか?

更新日:

AdSence 自動サイズ

Sony XPERIA XZ Premium - G8142 - smartphone - dual-SIM - 4G LTE - 64 GB - microSDXC slot - GSM - 5.5" - 3840 x 2160 pixels - TRILUMINOS - RAM 4 GB - 19 MP (13 MP front camera) - Android - rosso

おっさん世代!
平成生まれの若者には、わからないと思いますが、
昭和生まれのおじさんにとってSONYとHONDAという2つのブランドは、特別なものだ。

ソニー スカイセンサー 5900
ダブルスーパーヘテロダイン(ソニーは、デュアル・コンバージョンと言っていた)搭載、画期的なチューニングダイヤル
ラジオ小僧達の憧れのラジオで
「これさえあれば、受信最難関の”アンデスの声”も簡単に聞ける」
と思ったものである。
SONY ソニー ICF-5900 スカイセンサー 5バンドマルチバンドレシーバー FM/MW/SW1/SW2/SW3 (FM/中波/短波/BCLラジオ) 前期型

一方、HONDA インテグラは、究極のデートカー、プレリュードは、超スタイリッシュな大人の車
クルマ大好き少年は、BALLAD CR-Xの未来的デザインに痺れ、軽自動車2シーターという革命を起こしたBeatに憧れた。
ニューモデル速報 第24弾 バラードスポーツCR-Xのすべて

今回のIT小僧の時事放談は、
Xperia(エクスペリア)は、復活できるのか? Xperia 1 発売直前特別企画 
第1弾 Xperia 1を買うか買わないか?
と題して

Xperia XZ1を所有しているIT小僧は、Xperia 1を購入すべきかどうか?
について
SEOとか商売っ気抜きでIT小僧の考えたことを述べます。
最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

Xperia XZ2

最初にもうすぐ発売になるXperia 1について考えてみよう。

Xperia 1 は、昨年のXperia XZ2の大失敗により 大きく失墜したXperiaを復活させようとしているスマートフォンです。

Sony Xperia XZ2 Compact Dual H8324 64GB (Black/ブラック) SIMフリー 並行輸入品

ブサイクなスマートフォン

異論は、認めよう
でもXperia XZ2は、ブサイクで重く、平凡なスマートフォンだった。
なのに10万円のハイスペック価格帯

まぁ 重さで言ったらiPhoneも似たようなものだけど、分厚いのは、かっこ悪い
この重さと分厚さとデザインでゴーサインを出した責任者は、

「これが売れると思ったのでしょうか?」

Xperiaを持ち上げるマスコミやブロガーも
「もちやすい」
ぐらいしか褒めるところのなかったスマートフォンでした。

Xperia XZ3

あまりにも不評なXZ2を若干薄くして、少しだけ軽量化したXperia XZ3を秋冬モデルで投入
こちらは、無難なモデルでそこそこ売れてます。

docomo Xperia XZ3 SO-01L ボルドー レッド 白ロム

自分も最初に手にとった時は、少しホッとしました。
「少しは、ましになった。」
しかし、背面の指紋認証の位置が下すぎた。

技術者は、指紋認証の位置について

「カメラユニットの厚みでそこにしなければならなかった」

と言い訳していたが、それは、大きな間違い

「使う人には、カメラユニットの厚みなどとは、関係ない
使いやすい位置にあればいいだけ」

歪んだ写真

また、XZ1のころから言われてきた、写真の歪み減少
広角カメラだと左右が歪みが生じて湾曲するようになりますが、Xperiaは、それを補正していなかった。

「カメラは歪むもの」

のような技術者のコメントが一部ネットで騒がれた。

「スマートフォンのハイエンド端末で写真が歪むことはない」

iPhoneもHuaweiのスマートフォンも歪みをソフトウェアで修正しています。
Pixel 3などは、AIを使って広角レンズの写真は、歪みどころか、被写体自体も修正して、中央の人も端に写っている人も同じ顔の大きさになっている。
特に、自撮りの場合、全員が同じ顔の大きさで映るのは、大事なポイントです。

結局、後から、「歪み補正」のオプションが設定されて一件落着

いつも思うけど、
「Xperiaは、エンジニアが前に出すぎて 技術論を展開しすぎ」
「BBIONZ for mobile とか Exmor RS for mobile と説明されても 技術者以外 何の意味もない」
そんなのは、カタログで載せるだけでいいのです。

Huawei P30 Proのように

「50倍の望遠」
「月の写真が撮れます」

と言ったほうが、わかりやすいしインパクトがある。
「もし技術用語ならば 潜望鏡のようなカメラにした」
というような程度でよいのです。

2018年のXperia(エクスペリア)の敗因は、Huawei P20 Proに比べて

インパクトなし
不格好なデザイン
カメラ機能で敗北

で決着です。

とここまでさんざん悪口を言っていましたが、XZ2,XZ3は、ここに来て売れはじめました。
新製品前の在庫処分ですが、もし購入するとしたらここが買い時です。

Xperia 1には、搭載されていない、ワイヤレス充電ができます。
ディスプレイが、一般的なサイズなので、動画で端が切れるとか、アプリで端が切れるとかは、まずないと思います。
カメラレンズが1枚ということで割高感がありますが、大幅値下げになった今、やっと適正価格になってきたと思います。

もし購入されるならば、今!です。

Xperia 1

2019年の夏スマホとして各キャリアから発売されるXperia 1
シネマワイドディスプレイ 超縦長のディスプレイは、他の誰にもにていない、SONYらしい試み
カメラも気合い入れてトリプルカメラ!
動画は、プロ仕様の技術を組み込み
YouTuberにとって、理想の動画ガジェットになりそうな気合の入り方です。

そうそう これがSONYだよね!

※Huawei P30 Proは、クアドラ(4眼)だけどね

Xperia 1 特徴と心配なところ

2018年に出ていたら、売れていたろうなぁ
しかし、これを購入しようとしている人、ひとつ深呼吸してください。

シネマワイドディスプレイ

このディスプレイを活かせるコンテンツが少ない。
頼りのNetflixも全部このサイズで映像を作っているわけではない。
ゲームも同じ

どのぐらい、このサイズに合わせてくれるかは、Xperia 1が、どれぐらい売れるかにかかっています。

バッテリー

ワイドシネマディスプレイ、4K、プロ仕様の動画撮影
どれだけバッテリーを使うのでしょうか?
さらにライバルたちは、4000m程度が主流なのに3000m程度

軽量化を測るためにバッテリー容量を減らしたと思いますが、それは、他社も同じなのですが、HuaweiもGalaxyも
Xperia 1より軽く、バッテリー容量が多い

ワイヤレス充電非搭載

これもライバルたちは、搭載していてHuawei P30 Proは、高速充電も可能
Galaxyは、端末から他のワイヤレス充電に対応しているデバイスに電力を供給できる機能まで搭載しています。

ROM

内部メモリー 国内版は、64Gという説が強い。
キャリアが、値段を下げるためにそうしているともっぱらな噂!

あのね! とんがったXperiaなんだから128Gくらいいるだろ!
64Gってミドルスペッククラスですよ。
しかも悪いことにその限られたサイズに「使わないキャリアアプリ」詰め込むんだろ!

もう、不評が多いんだから、「キャリアアプリ」止めてくれませんか?
せめて、全削除できるとかにしてほしい。

あんなアプリ喜ぶのは、キャリアロゴを喜ぶ層だけだろう。
SHARPのようにキャリアでもSIMフリーでも販売する方針に変えてほしい。

カメラ

カメラは、気合入っています。

広角レンズ: 12メガピクセル/26mm/f1.6
超広角レンズ: 12メガピクセル/16mm/f1.6
望遠レンズ: 12メガピクセル/52mm/f2.4
フロントカメラ: 8メガピクセルのフロントカメラ

広角カメラと望遠カメラは光学式手ブレ補正搭載

そして ここが、他のハイスペックスマートフォンと違う

それぞれの画素はすべて1,200万画素

凄い!
どんな絵作りになるんだろう
AIとかは、他社に立ち遅れているので写真の補正は、従来のプログラム方式だと思いますが、実際の写真が楽しみです。

RAWフォーマットのサポートも実装されています。

カメラをアピールするには、
「月や天の川が撮影できる」
とか
「50倍のズーム」
とか
「インカメラが広角で歪まない」
とか
「撮影の前後を撮影していてベストな1枚を選ぶとか」
とか
「人以外でもフォーカスを追う」
とか
「真っ暗でも撮影できる」

などのように 一般の人にわかりやすいインパクトある写真を出すことができれば、売れるはずです。

SONYのコンパクトカメラは、評判がいいので、カメラ部門の協力を得ていれば凄いものができるはず。

動画 Cinema Pro

21:9、4K HDR、24fpsで映画のような動画を撮影できる新機能「Cinema Pro」
プロ向けのような仕様だと思うのですが、一般人に使いこなせるかどうか?

動画撮影機能にかなり力を入れているけど、それは、YouTuberやゲーム実況の人には好まれますが、一般の人には、あまり説得力がない気もします。

映画のような撮影ができたとしてもそれを他のスマートフォンで再生するときには、同じにならないはずです。

心配なのは、撮影時間
昔あった機種のように5分程度で熱でシャットダウンとかは、大丈夫ですよね!

ユーザーの方を向いてくれ

SONYさん

「いい加減 キャリアの方を向いて商売すんじゃなくて ユーザーの方をむいて商売してほしい」

キャリア依存は、販売台数を稼ぐために仕方がない
けど、そんなことを続けてきたためにXperiaは、下降線をたどってきたのではないのですか?

昨年のXZ2も夏スマホを回避してXZ3を世に出せれば少しは違っていただろう。

店頭に

50倍ズームができる超カメラのスマートフォン

細長いだけのディスプレイを持つスマートフォン

この2つが並んだときに説得力が違うような気がしませんか?

今回のXperiaは、尖った製品なので数多くは、売れないだろうけど ならば、キャリアの言うがままではなく
尖ったまま販売してほしい。

Xperia XZ1

IT小僧は、au契約でXperia XZ1を使っています。

スピードもカメラ性能も申し分なく、おサイフケータイで防塵防水、しかもコンパクトサイズ、ディスプレイもとても綺麗で
普段使いには、申し分ありません。

昨年、XZ1は、XZ2が発表されたとき在庫セールで機種変したものです。
auの契約は、ピタットプラン 1Gで、スマートパスなどのオプションは全部はずしています。
カメラは、自然な色と 加工されていないできあがりで好感が持てます。

通常は、WiMAX2で運営しているのでデータ量が1Gを越えたことがありません。
さて、このXZ1 今回の Xperia 1に機種変するでしょうか?

ハイスペックが売れない時代

スマートフォン全体の話ですが、端末分離プランでスマートフォンの値段が高価になってしまうため、あまり売れないだろうという予測が立てられています。

iPhoneも高価なモデルが、売れていない以上、Androidのハイスペックモデルは、それより厳しい状況だと思います。

これまで、10万円を越えていたスマートフォンが売れていたのは、キャリアの「実質半額」のような割引プランがあったからです。
分離プランになり、スマートフォンを定価で購入するとしたら、多くの購買層は、ミドルレンジの価格帯、つまり、高くて5万円程度となることでしょう。

結論:Xperia 1を買うか買わないか?

ここまでみてきて Xperia 1を買うか買わないか結論を出そう。

実際にキャリアから販売される Xperia 1 は、正式発表されていないので最終スペック等は、不明です。

販売価格

現在のところ9万円代に設定されそうです。
キャリアの端末代金の補填がなくなるため、販売台数は、期待できないでしょう。

動画撮影

動画撮影がすごそうだけど、自分は、動画撮影には、興味がない。

カメラ

Xperia XZ1とPixel 3を持ち歩いていて、Pixel 3での撮影が多くなっています。
Pixel 3を越えるカメラ性能があるかどうか?
ここが注目点です。

Netflix

Netflix大好きなので綺麗な画面で見ることができればと思います。
Netflix側でこのディスプレイに合わせた動画がどれぐらい配信されるかが興味あります。
もっとも動画が綺麗だからと言って面白いかどうかは別の話です。

ゲーム

ゲームがまったくやらないのでパス

ワイドシネマディスプレイ

ブラウザの表示は、便利かもしれない。
またWordPressなどでブログを書くときも便利

2画面分割は、別にXperia独自のものではなくAndroid 9の標準機能なので使っていますが、このぐらい大画面でないと正直厳しい。
2画面分割機能は、使えそう。

キャリアアプリ

全部いらない、できれば SIMフリーで購入したい。

バッテリー

正直 不安!
バッテリー節電機能は、Xperia独自のものではなく、Android 9のAI機能にしてほしい。
今のXperia XZ1は、Android 9の標準節電機能ではない。

ライバルたちは、ワイヤレス充電が搭載されている。

判定

現在使用しているXZ1に不満がないのでこのまま継続使用決定
またPixel 3の値段と同じぐらいだったら
AIカメラなどAI機能満載でワイヤレス充電ありのPixel 3を越えるとは思えないためこちらも買い替えはない。

ただし、値段が下がってきたらXperia XZ1 → Xperia 1は値段次第であると思う。
半年、経過後のシネマワイドディスプレイ対応状況をみてから考える。

半年か、一年後の値段次第
SIMフリー版

まとめ

Xperia 1が魅力的端末かどうかという答えは、
動画編集などを主にしているYouTuberさんなら需要あるかも知れません。

ただXperiaだからという理由だけでは厳しいし、ハイエンドスペック端末ならば、負けている機能が多い
指紋認証も画面内認証などにチャレンジできなかったのでしょうか?

シネマワイドディスプレイ以外、ウリがなかったら、高価なだけのXperiaとなってしまいます。

同価格帯のライバルは、かなり進化していることを忘れずに!

Xperia(エクスペリア)は、復活できるのか? Xperia 1 発売直前特別企画  第2弾 Xperia 10のSIMフリー発売が、ソニーモバイルを救う

iPhoneの売れ行きが落ちてきました。 中国のiPhone製造企業は、数万人のリストラを実施したそうです。 スマートフォンの歴史をつくり、トップを走ってきたiPhoneは、ファーウェイ(Huawei ...

続きを見る



AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.