IT小僧の時事放談

売れないiPhoneに想うこと 元Apple信者からの手紙

投稿日:

468 x 60 バナー広告A

国内版SIMフリー iPhone 6s 32GB シルバー MN0X2J/A

自分は、Apple信者だった。
そう「だった」ということで「今は、違う」

元Apple信者は、心配している
「昔の輝きを取り戻してくれ」

今回のIT小僧の時事放談
売れないiPhoneに想うこと 元Apple信者からの手紙
と題して
元Apple信者であるIT小僧からひとこと言いたい
株価ばかり気にしていないで

テクノロジーに原点回帰せよ

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

Apple信者

自分のAppleとの出会いは、1984年 そうMacintoshが誕生したときであった。
たまたま見かけたニューズウィーク?にMacintoshと若きジョブズの写真

当時の日本のパソコンは、
NEC 9801の 真っ暗な画面に白く輝く

A:\>

一方、写真のMacintoshは、TrashFolderMenuBarそしてCursor
モノクロで小さな箱に入ったディスプレイ

かっこいい!

欲しい!

それから数年後、購入したのは、

Macintosh IIsi

Macintosh Classic

一度に2台購入 そして値段は、約100万円
6年払のローンでした。

でも楽しかった。
一気にMacintoshにどっぷり

PowerMac 数台
iMac 2台
Mac mini

ノートパソコンでは
MacBook Duo
MacBook Pro 数台

それ以外では、
初代 Quicktake
Newton Message Pad 2台
専用Modemも購入

Macworld Japanには、でかけてグッズを集めたり

もちろん
iPhone 3GからiPhone 7 Plusまで使っていました。

とある日、プッツリと熱が冷め

以降は、Windows PCAndroidで暮らしています。

今でも歴代のApple製品は、部屋の片隅にあります。
Macintosh Classicは、箱ごとしまってあります。
もう20年以上開封していないので中がどうなっているやら・・・

ここまでくると筋金入りの信者かも知れない
もっとすごい人いると思いますが、どんだけおカネ使ったんだろうと思っています。

次の章からある元Apple信者からの手紙です。

アップル信者からの手紙

親愛なるApple CEO 様

はじめまして
自分は、極東の小さな島国 日本のアップル製品が大好きなオジサンです。
こうしてお手紙を書いたのは、最近のアップルがとてもつまらない会社になってしまったような気がして、思わず、キーボードを叩いている所存です。

アップルは、昔々、とてもエキサイティングな会社でした。
海の向こうから流れてくる貴社の情報に一喜一憂
「MS-DOSなんてゴミだね!」
なんて、MAC野郎気取りでした。

少々高くても気にしない、特別なものを手に入れているんだ。
このMacintoshという箱には、未来が詰まっているのだ。

と若きプログラマーは、感じていました。
歴代のMacintoshや周辺機器を購入し、少しぐらい食費を削ってもこよなくMacを愛する青年でした。

Apple Computerが、Windowsに敗北し、会社が傾いたときも奇跡の復活を信じていました。
やがて、Steve Jobsが戻ってきて、本当に奇跡の復活が始まったときは、涙を流しました。

iPodのCMでJeff Goldblum氏のダンスは、大変楽しく拝見させていただきました。

ラーメンズのCM(貴殿は、ご存じないかと思いますが、日本でのCMは、ラーメンズでした)で
WORKとMACの掛け合いに笑わせていただいたものです。

iPhoneの登場には、興奮しました。
徹夜でライブを見たのを覚えています。
あれは、すごかったなぁ

日本のフィーチャーフォンなど「恐竜の化石」と思えたほどでした。

日本で販売されたと同時にソフトバンク社から購入しました。
帰り道に引ったくりに合わないかとドキドキしたものです。

MacBook Airも衝撃的でした
茶封筒から取り出されたMacBookは、奇跡の薄さです。

あれから
約10年「世界を変えるもの」を待っているのですが、何も登場してきません。
Apple Watchもありましたが、
デザインが「ダサい」

AirPodsという「うどんのようなイヤフォン」も満員電車で踏まれた残骸を時々見かけます。

スマートスピーカーを出されたようですが、日本には来ていないようです。
日本では販売しないのでしょうか?
今では、Amazon Echoが、我が家で愛想を振りまいています。

MacintoshもしばらくほったらかしでiPhoneを改造することに熱心だったようですね。
でも、顔認証以外、何か進歩したのでしょうか?
パチンコガンダム駅には、笑わせていただきましたが、あのような衝撃は、その後何も伝わってきません。

Siriも最初からあまり進歩していないようですね。
怪しい芸人がテレビで「ゾルタクスゼイアン」という
というキーワードをSiri発したため、
「ゾルタクスゼイアン」
と言っているYouTuberが増えていたようです。

「ゾルタクスゼイアン」というと「やばい」という都市伝説があったようですが
2018年も終わろうとしているのになにも起こりません。

そうそう、Siriは、まだ美容院に予約を取ることができないようですね。
おとなりのGさんは、美容院どころかレストランの予約までAIがやってしまうというらしいです。


※35分あたりから見てください

もうすぐターミネーターが、2018年のカリフォルニアにやってきそうな勢いです。
そうそう、iPadがありましたね。
あれは、すごい。

ペンがくっつくなんて、まるでMicrosoftのSurfaceのようです。
でも充電もできてしまうなんて ナイス!です。
でも、高くて買えません。

教育現場に送ろうとしているらしいですが、あんな高価なものをカバンを投げつけて遊ぶような子どもたちが、丁寧に扱うとは考えられないと思うのです。

ところで、iPhoneの新型 XS/XS Max/XRが、あまり売れていないということで株価が下がっているようですね。

株式投資をしているYouTuberさん達が泣いています。

日本では、iPhone 8が売れ行きトップ3を形成しています。

顔認証という高価なデバイスより、指紋認証のほうが使いやすかったのでしょうか?
それとも10万円を超えるスマートフォンは、貧しくなりつつある我々には買えないデバイスなんでしょうか?

自分は、iPhone 7 Plusまで購入しましたが、それ以降、顔認証以外で何か進歩したのでしょうか?
あれほど使い物にならなかったアンドロイドは、追いつき、追い越しつつあります。
iPhoneでしか出来ないことは、FaceTimeぐらいですが、一度に何十人とビデオメッセージができると言っても

自分は、「そんなにお友達がいません」


iPhoneが売れない件についてですが、日本は、奇跡的にiPhoneが一番安いスマートフォンだった時期があったのです。
iPhone買うと現金をもらえるという、破格の販売もあったと伝え聞いています。
そこでiPhoneを手に入れた人々は、iPhoneを買い替えてここまで来たのですが、その流れも厳しそうです。

来年から、ソウムショウというお役所が、スマートフォンの買い方にケチをつけるため、定価でしか購入できない状況になりそうです。

また、ご自慢の顔認証も「日本人はマスクが好き」というような特殊なお国なので
マスクを付けての顔認証はできなくて、毎回、パスコードを入れています。

というように、国民の半分が持っていたiPhoneも数を減らしつつあります。
近い内にファーなんとかのスマートフォンが溢れ出しそうな気がします。
お値段手頃でカメラ以外は、iPhoneとさほどかわらないとなれば、安いファーなんとかに移ることでしょう。

そうです。iPhone帝国ともよばれた日本がピンチです。
ここでもう一度、あのiPhoneの登場のような

「さすがApple」

すげーーーーーー

となるようなガジェットを期待しています。

もうAndroidの後追いで機能追加は、やめましょう

それと、マウスが使えないiPadでは、EXCELの使用が面倒です。
そんな面倒なものをビジネスでは使いません。
10万円以下のWindowsで十分なのです。

そこにきて、待ちに待ったMacintoshの発表

Mac mini値上がり
MacBook Air 10万円超えですか?

iPhoneの値上げに付き合わせることがないような気がします。

それとTouch Barは、そろそろお止めになっても誰も悲しまないと思いますよ。
あと、ペニャペニャのキーボードも不評と思っています。

長々と書いてしまいましたが、これも 元Apple信者の戯言とお許し願います。

あと、Facebookに対して文句ばかり言っていてもiPhoneが売れるわけではありません。
iPhoneもFacebookなどSNSで普及したのではないですか?

クリスマスシーズンでiPhoneの売れ行きが芳しくないとか
くれぐれもご自愛くださいませ。

最後に
お金儲けばかりではなく、テクノロジーに力を入れてほしいと願っています。

東の果ての元Apple信者より

追伸
「新規・MNPに限り、iPhone XR(64GB)が一括2万5920円で買えるようになりました。」
https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/xr/
数ヶ月前に定価で買われた人は、どんなに嘆き悲しんでいることでしょう!

クリスマスなのでなにか手を差し伸べてやってください。

まとめ

最後までよんでいただきありがとうございます。

最近のAppleの話題は、
「時価総額がいくらになった」とか
「株価の話でAppleショック」とか
カネに関わることばかり

iPhoneは、停滞したままでなにもかわっていないと思います。
変わったところは、Androidからインスパイアした機能追加

今のAppleは、iPhoneの次がありません。
CLOSEDな世界のAppleは、iPhoneをはじめとする自社製品以外からの流入が見込まないためにiPhoneが売れないとAppleのサービスが下げ傾向になります。
Appleのサービスは、Appleユーザーしか使わないためiPhoneの数が重要なのです。

CloudやAIで勝負しているAmazon、Microsoft、Googleと違い、囲い込みが過ぎた気がします。
しかし、そこがAppleの強みでもあり弱みでもあるのです。

2011年6月に開催されたWWDCでジョブズは、クラウドの重要性を熱く語っていたことを思い出してほしい。

Microsoftが技術志向で輝きを取り戻したようにAppleも新技術で輝きを取り戻してほしいと願っています。

元Apple信者より愛をこめて

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.