IT小僧の時事放談

全部で9回の移行が待っている。 みずほ銀行システム移行大作戦

更新日:

10年以上の年月と4000億円の費用をかけた
「みずほ銀行システム移行」

第1回目の移行は、無事に終わりました。
無事に移行できることを同じエンジニアの端くれとして祈っていますが、これで終わりというわけではありません。

今回の「IT小僧の時事放談」は、
「全部で9回の移行が待っている。 みずほ銀行システム移行大作戦」
と題して
「システム移行の難しさ」
について考えてみました。

今回も小難しい話をできるだけ簡単に解説しながらブログにしました。
最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

みずほ銀行システム移行とは

おさらいです。
2002年4月1日
第一勧業銀行+富士銀行+日本興業銀行
⇒みずほフィナンシャル・グループ
として合併しました。

銀行のシステムは、合併が発生した場合、
「どれかのシステムに他のシステムのデータを移行して一本化する。」
という方法がとられますが、この時は
「3つのシステムを活かしたまま、リレーコンピュータで接続する」
という方法が行われました。

そのため、システムで大規模な障害が発生しました。

みずほ銀行システム統合 16年目の春を迎えられるか?

みずほ銀行が誕生したのは、2002年 みずほホールディングス傘下であった 第一勧業銀行 富士銀行 日本興業銀行の分割・合併 みずほ銀行とみずほコーポレート銀行が誕生しました。 2013年 みずほコーポ ...

続きを見る

以前書いたブログに詳しく書きましたが、それは、大規模な事故で数カ月に渡って復旧ができませんでした。

また、震災の義援金などの集中で2011年03月15日にもトラブルが発生しています。

今回のシステム移行は、失敗が許されない状況です。
現場のプレッシャーは、かなり厳しいものでしょう。

移行作業は、必ず何かが発生します。

これまで自分も非銀行系で金融のシステム移行を手がけたことが、ありますが、
100% 何かが発生します。
順調に移行できたほうが、あとが怖いぐらい、
システムの移行は、難しく、イレギュラーが発生します。

これは、何百回、事前に試験をしても
必ずトラブルが発生します。

問題は、イレギュラーが発生したときにどうやってリカバリーをするか!
そして、移行のタイムリミットまでに間に合うか?
ここが最重要なことになります。

今回の場合、6/9 22:00 ~6/11 08:00 までに作業が終わるのか?
そして作業が終わって、移行したデータがきちんとできているか?
さらに
移行したシステムが正常に動作するか?

と時間と手間がかかります。

問題が発生したとき

移行時に問題は、発生しますが、それをリカバリーできれば 問題ありません。
しかし、移行処理中に問題が発生したときに
致命的な欠陥が発生
したときに、重大な判断が必要になります。

つまり
このまま、リカバリーを続けて間に合わせる

それとも、あきらめて
元のシステムで稼働させてもう一度、移行を行う。

この判断を誰が下すのか?

しかし、移行を中止して順延したとしたら、費用がさらにかかるのでそれをどうするのか?
などなど 事前に考えて置かなければなりません。

スケジュールありきは失敗する。

システムの移行は、「必ず何かが発生」すると書きましたが。
これが、新装オープンや、広告が絡んでくると問題は、複雑化します。

つまり、「システムの仕組み」などわからない連中がスケジュールを決めてしまう場合です。
何月何日に広告を開始するので、強行してシステムを稼働させてしまう。

世の中のシステムトラブルの大半は、このスケジュールありきで失敗します。

2002年4月1日の障害は、まさにこれです。
システムが十分に試験をしていないのを知っていながら トップが開始を決めてしまいました。
こういう組織は、組織の全員を排除するまで同じことを繰り返します。

今回のスケジュール

みずほ銀行のシステム移行は、全部で9回予定されています。
今回は、最初の移行なので「マスコミなどが騒いでいます」が、実は、最初の一回目は、さほどでかい移行ではないと思われます。

みずほ銀行移行スケジュールより
https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20180215release_jp.pdf

第1回目の移行は、みずほ銀行・みずほ信託銀行の業務共通基盤の移行であって みずほ銀行本体の移行ではないのです。

みずほ銀行の口座を新しいシステムに移行する。
第3回~第8回が
勝負だと思います。

特に、第3回の9/8~9/10の移行が、次のの正念場と推測します。
ここが、本当の移行になると推測されます。

まとめ

20万人月とか4000億円とかかけた世界的にも大規模なシステム移行は、まだ始まったばかりです。
ですから、月曜日 無事に動いた 良かったではなく
毎回の移行日は、注意をして下さい。

問題ないと思いますが、念の為です。

無事に進むことを祈っています。

関連ブログ

世界最大規模のシステム移行がはじまる みずほ銀行

1979年大林組が「クフ王のピラミッド」を構築する工数を算出しました。 建築機械を使って工期5年とした場合、最大 約3500人の人間が必要と計算が出ました。 3500人 × 5年(60ヶ月)と計算する ...

続きを見る

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.