IT小僧の時事放談

最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか?

ソニーモバイルがXperiaシリーズのSIMフリー販売を発表

そして Xperia 5II が公式チャンネルに登場しました。

詳しくは、最新ニュースを見てください。

今回のIT小僧の時事放談は、
最新のXperiaは、時代遅れのスマートフォンなのか?
と題して、国内ブランドで頑張っているソニーモバイルについて情報を掲載します。

Xperiaの逆襲が始まる

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

目次

最新ニュース

Xperia Announcement September 2020

そしてXperiaの発表が、9月17日に開催されました。

Xperia Announcement September 2020

Xperia 5II 登場

Xperia 1IIに続いて コンパクトな Xperia 5II の発表間近です。
公式チャンネルなので間違いなし。

Xperia 5 II -Compact design | 21:9 CinemaWide™ display | Real-time Eye AF

この動画みたら 欲しくなるわ

Xperia 5 II 

主な特徴としてこんな感じ

  • ディスプレーが6.1型有機EL(1080×2520ドット)
  • アスペクト比は21:9
  • SoCにSnapdragon 865を搭載
  • 5G通信(sub6)にも対応
  • メモリー8GB・内蔵ストレージ128GB
  • バッテリー容量は4000mAh
  • リフレッシュレートが120Hz(最大240Hz)に対応
  • カメラは3眼、1200万画素(超広角、16mm)、1200万画素(標準、24mm)、1200万画素(望遠、70mm)
  • Photography Proto、Cinematography Pro 搭載
  • 3.5mmイヤホンジャック
  • ハイレゾ音源をそのままの音質で楽しめる(ハイレゾ対応のイヤホン、ヘッドフォンが必要)
  • 圧縮音源やストリーミング音源をハイレゾ相当にアップスケーリングしてくれる機能DSEEが「DSEE Ultimate」になり、音源をAIがリアルタイムに分析
  • 価格は950ドル(約10万円)、もしくは899ユーロ(約11万円)

リフレッシュレートとゲーム

21:9のディスプレイによりゲームコンテンツの表示領域が大きく広がるほか※20、リフレッシュレート120Hz駆動ディスプレイ※1とゲームプレイのためにチューニングされた240Hzの残像低減技術※10の新搭載により、動きの速いゲームコンテンツもくっきりなめらかに映し出し、没入感あるゲーム体験を実現します。

ハイエンドのリフレッシュレートを体験してしまうと 特にゲームでは、「もうもとには戻れない」状態になると思います。

最近のandroid端末は、リフレッシュレートを上げるのがトレンドになっていて、未だに60HzのiPhoneと差別化をしている。

カメラ

カメラは、3D ToFセンサーが非搭載というのが、Xperia 1 IIとの違い

 

音も完璧

3.5mmイヤホンジャック
ハイレゾ音源をそのままの音質で楽しめる(ハイレゾ対応のイヤホン、ヘッドフォンが必要)
圧縮音源やストリーミング音源をハイレゾ相当にアップスケーリングしてくれる機能DSEEが「DSEE Ultimate」になり、音源をAIがリアルタイムに分析

 

SIMフリーで販売されるのか?

国内でSIMフリーで販売されるのか? を注目しよう

SONY公式ページ
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202009/20-081/

SIMフリー版 Xperia 8 Lite 9月1日以降に発売

ソニーは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Xperia 8 Lite(エクスペリア エイト ライト)」を9月1日に発売
一部のMVNOを中心に取り扱われ、価格は3万円前後

仕様は、約1年前の2019年10月に登場した「Xperia 8」と同等で値段が下がっている。

Xperiaのブログですが、勇気を持って宣言します。

Xperiaらしさは、あまりない

正直言って、スピードも遅くもっさりなので買ってはいけない

SIMフリー版を出してくれたのは応援したいが、Xperiaとして購入すると微妙です。
お手頃価格で純国産メーカーの端末をとお考えの方はにオススメです。

SIMフリ版 Xperia 1/Xperia 1 II/Xperia 5 発売 予約受付中

Xperiaファンにとって大きなニュースが飛び込んできました。

これをみんな待っていた。
ワンセグなどいらないし、余計なアプリもいらない。

3キャリアでしっかり使えるよう、対応バンドも幅広い。
「Xperia 1 II」の5Gに関しては、ドコモ版がn78、n79と同社の持つ周波数にしか対応していないのに対し、SIMフリー版はn77、n78、n79の3バンドに対応。

Xperia 1 II(XQ-AT42)

  • RAM 8GB⇒12GB
  • ROM 64GB⇒256GB
  • COLOR フロストブラック(新色)、ホワイト、パープル
  • FeliCaを搭載
  • 一括価格:13万6400円
    月々の支払い:5600円(初回のみ7600円)

 

Xperia 1(J9110)

  • ROM 64GB⇒256GB
  • COLOR ブラック、パープル
  • 一括価格:8万6900円
    月々の支払い:3600円(初回のみ4100円)

 

Xperia 5(J9260)

  • ROM 64GB⇒256GB
  • FeliCaを搭載
  • COLOR ブラック、グレー、ブルー、レッド
  • 一括価格:7万5900円
    月々の支払い:3100円(1回目のみ4600円)

3機種共通

  • ワンセグ/フルセグ なし
  • Xperia ケアプラン

なんと言っても キャリアのいらないアプリが搭載されておりません。
これぞ 待っていた人多いと思います。

これは、結構イケるんじゃないかな

Xperia 1 II(XQ-AT42)は、高価ですが、本格的なコンパクトカメラを購入すると考えれば、購入に値すると思われます。
しかも nuroモバイルならばキャッシュバック・キャンペーン中

Xperia
▲Xperia 1 II、Xperia 5、Xperia 1 をソニーストアで購入し、nuroモバイル(音声通話付きSIMのS・M・Lプラン)に申し込みをした人を対象に、翌月すぐに1万円キャッシュバックするキャンペーンも実施。期間は2021年1月14日午前10時まで

Xperia買うならソニーストア

次のページへ >

-IT小僧の時事放談
-, , , , , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.