IT小僧の時事放談

iPhoneの可能性を広げたもう一人のスティーブのはなし

更新日:

468 x 60 バナー広告A

最近、堅いニュースや暗い話ばかりしてきたので、そろそろ前向きなニュースはないかと探していたら
出てきましたよ!

18歳の米国のミュージシャン、スティーヴ・レイシ
まだ18歳というのに人気プロデューサー
『Ego Death』(2015年)でグラミー賞にノミネート
されるほど有名です。
彼の機材は、MacintoshでもなくWindowsでもLinuxでもない。
ソフトウェアも
cubaseでもなくLogicでもない。
彼の基本的な機材は、iPhone 6+GarageBand

詳しい内容は、リンク先で読んでいただければと思いますが、彼は、
「ほんとうに大事なのは、ツールじゃない」
ああ!これを言われてしまったら何も言えない。
自分は、スマートフォンをここまで使えているだろうか?

何かをつくりたい
と思ったら、
持っているものを
何でもいいから
手に取って、
つくってみればいい。
いいものだったら、
人は気づいて
くれるから。

もうね、「PCが遅くてプログラム作れない」なんて言ったら怒られそうな感じになってきたな。

私たちは、iPhone8やXのような高スペックなガジェットが出てきてもそれを使いこなせる?
そんなに凄いもの今の自分に必要?
いろいろと考えさせられる記事であった。

iPhoneを生み出したスティーブが生きていたら、もうひとりのスティーブを見て何を言ったのだろうか?
「ほら!自分の可能性を広げてくれるだろう iPhoneってやつは!」

しかし、彼は困っている
iPhone 6で「iRig」(アイリグ)のインターフェイス機器でギターに接続しているのですが、iPhone 7、8も接続するイヤフォンジャックがないことである。

https://wired.jp/special/2017/steve-lacy/

WIREDより

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧の時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.