日本のIT屋に一言

45歳以上の就職活動のヒントになるかも知れない。 49歳で転職に成功した男の話

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

景気が悪化している。
インチキな日経225の株式市場は、景気の状況を表していない。

今回の日本のIT屋に一言は、
45歳以上の就職活動のヒントになるかも知れない。 49歳で転職に成功した男の話
と題して、景気悪化、業績不振、リストラ、45歳以上で職を失うと再就職が厳しくなります。

そこで「49歳で転職に成功した男」ことIT小僧の転職活動を話します。

なにかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

できれば、若い人を

35年もコンピュータ業界で働いています。
これまで5回の転職をしてきました。

コンピュータエンジニアなのでm一般職の人より転職口はあったと思いますが、エンジニアの場合、40歳をすぎると一気に正社員の道が閉ざされます。

「できれば、若い人を」

どこに行っても同じような理由で断られます。

この国のIT業界をはじめエンジニア関連の転職は、40歳を境に急激に厳しくなります。

日本の企業のダメなところは、熟練者よりもコスト優先というところから抜けられない現状です。

だから、リストラした有能なエンジニアが、海外に引き抜かれるのです。

48歳で退職

自分は、48歳で金融系IT企業を辞めました。

リーマンショックで経営が厳しくなり、早期退職社制度で120名近い社員の半数が辞めていきました。

創業当時から仕事をしてきたのですが、その先が見えなかったので仕事の整理をしてから退職
仕事先が決まらないままの退職で、厳しいことはわかっていましたが、約10年の激務で心と身体が悲鳴をあげていたこともあります。

そこから、約半年にわたる、収束活動の苦闘が始まります。

100社以上申し込み

自分は、転職先で人材サービスのシステムサポートを5年ほど経験してきたので求人側の見るポイントを見てきました。

自分の転職の経験と人材サービスで見てきた求人側の要望や状況を考えて転職のポイントを考えてみました。



履歴書

まず、職安に届け出を出して「晴れて無職」へ

その日から、ネットの就職サイトに片っ端から登録しました。
次に履歴書の作成、「うそを書かない」ことぐらいでそれほど重要ではありません。

御社への希望理由

唯一注意をするのは、

「御社への希望理由」ここは、コピペではいけません

必ず、応募先に合わせて書いて下さい。

経歴書

重要なのは、経歴書です。
特にこれまで何をやってきたかについて、簡素に記入する。
その時に重要なのが、以下の2点を書いておくこと

「なにをしてきた」
「どんな成果があったか」

これは、他の職種でも同じだと思います。

アピールポイントを書くべし

自分のアピールポイントをさり気なく記載しておくことが重要

「金融業務に詳しい」
「ネット広告のプロモーションの経験」

などの「なになにの業務に詳しい」とか「なになにのスペシャリストがある」など
書類を見ている人に「スペシャルな人」を印象づけるアピールが必要

ただし、経理などの業務は、今後、RPAなどになるので需要が減ってゆくのでアピール度が低くなるので注意が必要です。

面接は、場数

年齢が45際以上の場合、面接のチャンスは少ない。
いくら応募しても、「面接まで進めない」ことが多いと思います。

「正直メンタルヤラれます。」
「自分は、社会で必要とされていない。」

と思うこともあると思います。
自分も最初のうちは、そう感じました。

でも、先に進まないと心をヤラれてしまいます。

応募する時の内容を変えながら次々と応募を繰り返します。
応募先から反応があったら、その内容をメモして、次の応募に応用しましょう。

面接の通知がくるまで、自分は、毎日、応募の文章を考えながら 応募を続けました。

100社送って 数社くればOKと思うようになりました。

昔と違って、ネット応募なので何百でも送ることができます。

また、エージェントにも必ず応募しておきましょう。
エージェントに登録している企業は、積極的に人材を探しているので、もし、合致したら採用の可能性が高いと思って下さい。



最初は、派遣は、要注意

自分は、100通以上の応募で9社の面接まで行くことができました。
10社のうち、行ってみたら派遣だったのが、5社、社員採用は、4社だった。

社員募集で、
「最初は、派遣で」

という会社は、

「社員採用をするかどうか疑問」
を持ったほうがよいです。

派遣採用ということは、近々で案件があるので人を集めたということで

「案件が終わったらサヨウナラ」

と言われても文句は言えません。

全部が全部とは言えませんが、そういう会社があることは事実です。

面接は、目立つことからはじまる

面接まで言ったら、自分をアピールしましょう。
おそらく、自己紹介、経歴を行って下さいと言われますが、

「淡々と経歴書を読んでいたのでは意味がない」

許可が得られれば、自分のプレゼンをやってみよう

自分をプレゼンしよう

PowerPointなどで
「これまでやってきたことを短く プレゼンしてみよう」

やってきたこと。成果、ここを考えて仕事をした

などを大きな文字で簡素に資料をつくろう。

直接面接の時は、ノートパソコンやタブレットを持ち込み、許可を得てプレゼンしてみよう。

持ち込みNGのところも増えているので その場合は、カラーで印刷したものでプレゼンしよう。

もちろん、事前準備の練習が必要です。

自分は、経歴書を読むまえにプレゼンを行いました。

「経歴書が長くなるのでプレゼン資料をつくってきました」
と切り出して、面接者の注目を得ることに成功したのです。

でも最初からうまくゆくことはありません。
失敗もしました。

その時は、プレゼン資料を見直し、何が問題だったかをメモをして、シナリオを書き直します。

Web面接

新型コロナウィルスのためにWeb面接が増えてきました。

Web面接の場合、回線の影響で遅くなることもあるので、言葉の説明も重要ですが、もっと目立つために プレゼン資料を印刷したものや、Web会議で資料を見せながらプレゼンをやってみよう。

感覚としては、大きな紙に印刷して画面に見せながらというのも

アナログで面白い

もちろん先方に断ってからにしましょう。

まとめ

案件には、年齢制限はありません。
年齢制限は、規制されているからです。

転職サービスサポートをしていたときに多くの企業が

「中身を見ないで年齢だけで一次カットしています」

百通出せば、何社かは、面接に答えてくれるところがあると思います。
返事がなければ、内容を変えながら再アタック

必ずあなたの経験を必要としている企業があるはずです。

ですから、諦めずに続けることが重要です。




スポンサーリンク

-日本のIT屋に一言
-, , ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.